2018新型X3のディーゼル 現行型を買う価値あるのかどうなのか?試乗インプレ①

新車価格とサイズは上昇傾向

正直、モデルチェンジのたびにサイズが少し大きくなり、値段が高くなっていくのが仕方がないですが、どこで安全性の強化と価格とのバリューをバランスするのか?難しいですね。

デザイン的な好みもあるし、タイミングもある。

もしかしたら今回のBMW新型X3のモデルチェンジ、装備やエンジンパワーなどのバランスで言うと、2018年型のX3、2014年以降のF25型の後期型よりもバリュー的に落ちるのではないか?と。

X3のエクステリアデザイン

最新型のX3 デザイン的にはX1寄りになり、ヘッドライトとグリルの間に隙間が空き、バンパー内のデザインが水平基調のラインでの構成になっています。


モデルチェンジ前の最終型の年次改良時。

ヘッドライトとキドニーグリルがくっつき、フォグランプ周りのバンパーの造形が盛り上がりがありボリューム感と斜めのラインでアグレッシブな印象に。

比較してどちらがカッコいいと思えるかは好みの問題。

しかし、ずっと見比べてみると新しいデザインのほうがスタイリッシュに見えてくる。

イマドキな感じを落とし込みつつ、シンプルでありクリーンであり、でも抑揚が効いている感じです。

ただ、中古で旧型でもMスポーツやX-lineなどのグレードのモデルであればよりアグレッシブな内外装となっていて古臭さは感じにくいかも。

X3 年次改良で装備充実、でももうちょっと古臭い!?

の過去記事参照。

装備充実最終型F25:X3との比較

マイナーチェンジや年次改良などで価格を抑えて商品力を上げていた最終型のX3・F25型。

レザー標準でアダプティブクルーズコントロール標準でその他装備充実で599万円でした。

半自動運転とまではいかないけども、車両の制御はそこそこハイテクで、当たり前ですが自動ブレーキ的なものもあります。

そして、決算時期や在庫処分で35~70万円引きほどで売られていたこともあります。

そういった販売価格を反映して。2018年時点で3年落ちくらいの中古市場でもちょっと割安なのではないかと思える車両があったりもします。

相場に新車時の価格や値引きが反映されている感じです。

そこに来て新型のX3のお値段がスタンダードで654万円~

売れ筋としてはXラインとMスポーツの二本立てとなるかんじでしょうか。

サイズ感としては旧型と比べて少し大きくなっていてるものの、

全長4720×全幅1890×全高1675mmとなっていて、旧型と幅は1㎝大きく、長さは5㎝ほど伸びるということで大きくなっていますが、比較すれば、ってレベルであまり差がないとも言えます。

売れ筋の2リッターターボディーゼルに関しては最高出力190PS、最大トルク400Nmとなっていて、それも比べてみれば6馬力の上昇とトルク1キロ強の強化であり、同一エンジンの熟成という感じで、新開発って感じでもない。

ちなみに今回のX3でもディーゼル押しであり、初期導入はディーゼルからと、かなり振り切った戦略です。


新型の価格上昇を、レザー装着などの装備差を考慮するとおよそ700万円くらいとなり、2017年待つに発表になった新型ゆえに値引きもまだまだ渋い。

装備の充実と価格アップ

極端ですが、最終型のお値打ちなお値段との差額は200万円近い、と言えます。

ハンドルの制御にも介入する半自動運転となる、とか、メーターのディスプレイが現代的な高級装備となる液晶表示とか、ナビをタッチパネルで動かせるようになって更にジェスチャーで画面の前にかざして操作できるとか、機能面の進化もかなりあります。


乗り心地に関してはモデルチェンジに伴い軽量化とホイールベースの延伸があり、進化しているとは思いますが・・

最終型の旧型もMスポーツ以外のグレードであればかなりカドも取れた乗り心地に熟成され、SUVらしからぬ軽快な走り、爽快なコーナリングは新型と比べてもそん色ないといえるレベルです。

っていうか、そもそものSUV(BMW的にはSAV)なのに、オニのように曲がるセッティングを優先して乗り心地がトレードオフ、というのは歴代のモデルの特徴でありました。

最新型のX3ではその中でも乗り心地を若干改善してきている、といったところ。ランフラットタイヤの進化などもあるだろうし、電子制御の進化もあるだろうし、軽量化もポジティブに作用するものです。

正直他メーカーSUVに比べれば十分以上に乗り心地は硬く、その代わりコーナリング性能が格段に上、というアドバンテージは不変です。

SAVというトレンドに乗った形ですが、走りが良く運転が楽しいというBMWの強みは新型X3でも継承され、そこに価値を見出せるのであれば最新は最良となるでしょう。

エンジン単体ではさほどの進化は感じず、8速ATも熟成が進んだレベル?といった感じ。

発進からマナーが良く唐突に力がみなぎることも回転が上昇することもなく、かつ車体が必要以上に沈み込まず姿勢変化が少なく、そして変速もスムーズすぎて前後に揺すられる瞬間が存在しないレベルでクオリティが上がっている感じです。

ただね、旧型も2リッターターボディーゼルで8速AT、新しい方が性能が高まっていると言っても、旧型も十分以上にパワフルでスムーズ、かつそこそこの低燃費なので、正直比較すると新型X3はちょっと割高だなーって思っちゃう。

買うなら最新か・最終型か・・2018 X3 20d 試乗インプレ② へと続きます。

新車の見積もり出して、もし、200~300万円以上安く高年式低走行距離の中古車があるとしたらどうする???と自問自答してみましょう。もしかしたら、中古を探し始めちゃうかも(笑)



まずは最新のモデルが出る度に試乗はしてみましょう。一度乗っておけば、マイナーチェンジやモデルチェンジの時にどんな風にどこが変改したのか、感じ取れるものもあるはず!!
展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ