マツダND型ロードスター ソフトトップ・RF比較試乗インプレ

いろいろ選べる時代に

RFとソフトトップ、そしてアバルト124スパイダーを比較試乗したので記事にまとめたいと思います。

ちなみにNC型やNA型にも助手席メインではありますが、乗せてもらったこともあるのでその辺の記憶を手繰り寄せながら。

個人的には初期型に最初に乗せてもらった時はこれは変わり者が乗る変態車だ、と思いましたが、NCに乗ったら普通の狭い車、くらいに思ったのが第一印象。どちらのモデルでも、コーナリングの爽快感などは街乗りでも快感を覚える部分があったりしたのは鮮明に覚えています。

どちらかと言うとNAの乗り心地は荒かったかなぁって感じです。

ロードスターにもバリエーション

ND型のロードスターはアバルトも派生車種に含めると3パターンあることになり、全てFRでオートマとマニュアルの設定があり、ソフトトップのロードスターは1.5リッターNAで1トン切りのライトウェイトスポーツ、RFは2リッターNAに電動開閉式のハードトップを備えたちょいラグジュアリー、アバルト124スパイダーは1.4リッターターボにハードな足回りを備えて内装もそこそこゴージャスに仕立てたハイスピードクルーザー、みたいなイメージかと思います。

値段も相応に70~100万ずつくらい高くなるとイメージして頂ければと思います。

アバルト → RF → ロードスターの順に試乗したもので、どうにもこうにもどんどん質素になって非力になっていくのを身をもって知りました・・が、すべてのモデルにそれぞれの魅力があって甲乙つけ難いと言うのが正直な感想。

デザイン重視か、ハンドリングかパワーかそれとも値段や予算のバランスか・・どれも違う車のような、それぞれ違う付き合い方になることは必須なバリエーションに富んだロードスターの底力を感じました。


スッキリとしたロードスターのデザイン

リアタイヤのほぼ真上にドライバ―が収まり、50:50の重量配分のFRということでハンドリングの良さ、コーナリングの快感度など、スポーツカーとしての資質を備えています。



RFのサイドビュー
ドアハンドル(ドアの取っ手)の下を走るラインがドアハンドルの後ろでギュンっと跳ね上がりリアフェンダーの盛り上がりにつながる感じにスピード感と力強さを感じます。

アバルトも同様にデザインのアクセントがあり、似ています。



アバルト124スパイダーのサイドからリアセクションにかけて少し直線的な仕立てでパワーと安定感を出してワイド感もある感じ。


グレードや設定による足回りのパーツ構成などには各モデルで推している特色があったりしますが、互換性もあります。後からでも若干であればハンドリングや乗り心地の変更も流用チューニングで可能なようです。

非力で質素なロードスター


試乗したのはロードスター1.5S スペシャルパッケージ MT仕様。運転者と車両の一体感=人車一体感を大事にしている車だというのを乗り比べた中で一番感じました。

1.5リッターNAはパワー的には非力だとかよく言われていますが、十分すぎるほどのパワーはあります。

NC型の2リッターに比べれば非力、と言うことだと思うのと、高速道路を巡行するときにパワーに余裕がないというか、もう一回り伸びや力感が欲しいとかもあるのかもしれません。

わからなくはないですが、1.5リッターNAでバランスは良いと感じます。

コーナリングに関しても軽量で全高も低いモデルと言うことでかなり爽快なフィーリングを味わえます。

全長x全幅x全高 3915x1735x1235 (mm)で1トンちょい、131馬力はやはりバランスが良い。

軽量でパワーをそこそこなクルマだとターボ付きの軽各種や新型スイフトなども1トン弱の車ですが、コーナリングを楽しむための車としてはロードスターにかなうものはない、と言い切れると思います。


インテリアもグレードによって違いますが、質素なのもいいかなと。

男の仕事場、というか剥き出しで武骨な位の方がドライバーズカーとしては良い物かとも。

カラーリングはレッドが人気だそうです。RFはマシーングレーが人気だとか。

メーカーとしては狙い通り、有償色のイメージカラーのモデルが売れると単価や売り上げUPになるそうでめでたいようですが、人気が一つのカラーに集中しすぎると納期に偏りが出易いというデメリットもあるそうです。

受注生産に近く納期が長い

グレードや色によって納期にバラつきがあるようで、組み合わせによっては2~3か月かかることもあるようです。

趣味性の高いスポーティーカーということで受注生産のような形式を取ることも多いということを理由に値引きは渋い、とのこと。

これはライバルとなる競合車種がほぼいない状態ということでそういった対応が出来ているようです。

売れ筋のグレードはSスペシャルパッケージで、MTとATの比率が半々くらいとのことで、国産車の中ではMT比率が高め。

以前のモデルまでは7割位がマニュアルであったそうですが、6速ATの評判もそこそこでAT比率は上がってきているとのこと。

最近の2ペダルのフィールが向上し、MT神話や束縛、呪縛から解放されても良いのかもしれませんね。

でも、個人的にはソフトトップならMT、RFとアバルト124スパイダーならATかな、とも思っちゃいます。

問題のマツコネ

マツダのナビについて蛇足。

評判の余りよろしくないマツダコネクトと言われるナビ。地図表示や道案内に関してはまぁ、及第点ではありますが、せっかく車内エンターテイメントがあってもそれをうまく活用できる環境とは言えない、ガジェットとして未完成である、と言うのが私の結論です。

どうやらOEMでシステムを供給されるようになったのが2013年、数多のサービスキャンペーンに苦情の嵐、なぜ見直されないのか?と疑問に思っていましたが、社外のナビ(ディーラーオプションのナビとアフターメーカーのナビ)を排除することですごい利益の確保となるとかが大きな理由だそうです。

もちろんOEM供給元には多額のコストをかけていますが、ナビの交換を物理的・システム的に不可とすることで、パナソニックやカロッツェリアなどのナビの取引を一切受け付けないことで販売店ごとのバラつきや値引きの余地をなくし、高い収益性を維持するようにしているそうです。

まぁ、実際ディーラーオプションのナビはナビメーカーからの販売奨励金と称して値引きの足しになるような時期があったりもしますので、元値ってなんなの?と思わなくもないですが、純正と称し機能の劣るナビを売りつけられるのは余り良くない状況かもしれません。

2017年に新しくなった新型CX-5では車格の割に7インチのモニターしか選択肢にない、などバランスの悪さも感じます。

初のリアシート用モニター(アルパイン製?)が付いたのがトピックのようですが・・マツダコネクトのナビがダメで初回の車検で手放したアクセラやアテンザユーザーがレヴォーグやインプレッサに流れったてのは良くある話なようで・・今後の改善に薄っすら期待しましょう。

アンドロイドオートやアップルカープレイなどへの対応すればだいぶ操作性も変わってくるでしょう。

マツコネの評判の悪さを羅列しましたが、ドライビングを楽しむロードスターなどにおいてもナビのユーザーインターフェースの良さは大事なのではないか?と思ってのこと。

ロードスターは車内で長時間くつろいで動画を楽しむための車ではないのは間違いありませんが、Be a Driverを謳うのであれば、もっと機能をブラッシュアップしてほしいものです。

おそらく現状のシステムを採用したのもドイツ車勢のナビのインターフェースの新しさに追従しようとした焦りからの、変な物を掴まされた感もなくもないです。

ロードスターやアバルト124スパイダーなどのシリーズを選ぶときにはナビには注意しましょう(笑)
過去の試乗インプレッションも良ければご覧ください。

ロードスターRFを選ぶ理由とは?試乗インプレ①

アバルト124スパイダー試乗インプレ① ロードスターを超えるロードスター?


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です