スイフト新型試乗インプレ③ インテリア見ても車種はなんだかはわからないタイプ

記事続編、ドイツ車的な乗り心地 新型スイフト試乗② からのスイフトの試乗インプレ続きです。

クセのないインテリアではあるが

ぱっと見て、このインテリアで車種がなんだか当ててみよう!といわれてもきっとわからない。

スイフトのインテリアの印象。クリーンでシンプル、スイッチ類が最小限で操作感も良く、使い勝手は良い。でも華はないでしょう。


でも決してディスっているわけではありません。

オートエアコンのスイッチ類の大きさ、操作感は絶妙に使い易かったり、変なスイッチが並んでいるわけでもなく誰にでも使い勝手が良いように狙って作っている印象です。

個人的にはセンターのエアコンの吹き出し口は丸じゃない方が良いなぁと思いますが、女性のユーザー的には視界に入る部分の角を落としたデザインの方がウケが良いとかなんとか。

女性は〇いのが良い、って偏見なような気もしなくもないですが、まぁ、許容できる部分です。

ナビはあまり大きいのは選べない

ナビは最大で8インチの物が収まるそうです。

8インチのものでバックカメラ込みで18万円~25万円くらい、

7インチ200㎜ワイドのものでバックカメラ込みで10万円~18万円くらいだそうです。

ディーラーによってお付き合いの深いメーカーのナビなら3~5万前後値引きが可能だとか。

メーカーオプション、生産の段階で装着するナビはおよそ15万円くらい。スズキにOEMで供給されるハーマン製のナビでバンディットやイグニスなどへの採用実績のあるもの、ですがナビの道案内の性能はイマイチだとか。バックモニターやサイドビューモニターに追加してアラウンドビューモニター的な360°見ることができる機能も備えて15万と比較的安いのだそうです。

地図見て車の周りが見れる、という感じで最低限の物だそうで、国産のディーラーオプションのナビの方が道案内の性能は高いそうです。


個人的に試乗に際して設定して見たりしましたが、使い勝手は悪くなく、7インチと8インチの間くらいのサイズでわりと見やすいです。

走行中に同乗者がテレビが見れるように加工などもディーラーによっては追加コスト2000~3000円で対応してくれたりするようですが、その辺はグレーゾーン。

アンドロイドオートやアップルカープレイでスマホとの親和性が高いタイプですので、使い方に合わせてナビを選ぶとよいと思います。

ポジションとシートは良い


ハンドルはチルト&テレスコピック調整可能なもので、前後と上下に約4㎝調整可能。

体格的に多くの人に合わせやすいようにセッティングできます。

グレードを問わずシートも前席はそこそこの大きさで、肩回りまでサポートの効いているタイプです。

個人的にはお尻と太腿の裏当たりの面積がやや小さく、当たる部分がある人もいそうだな、と思いました。

サポート性は悪くないですが、窮屈に感じる人もいるかもしれません。

コンパクトカーの宿命かもしれませんが、一度座ってみる、試乗してみることもススメます。

デミオの方がナチュラルなかけ心地、ノートの方が柔らかいクッション性だったと記憶しています。

リアシートに関しては狭め、デミオよりかちょっと広いか同じくらいのサイズ感。

フィットやノートには及ばない居住性といったところでしょう。

意外にも着座感は悪くないとは思いますが、リアシートでの長時間ドライブは遠慮したいところ。

装備の差はあまり大きくない?

インテリアの装備に関しては最廉価グレードのXGのみ省かれている物がありますが、それ以外のグレードはRSでもターボでもハイブリッドでもガソリンNAでも装備にほとんど差はないようです。

外観やLEDヘッドライトの有無が大きな違いとなりそうです。

約10万円のセーフティパッケージを選択するとハンドル右にもスイッチが付きます。

ACC=アダプティブクルーズコントロール的なものの操作ボタン。


高速走行での疲労軽減に役に立ちそうなアイテムです。

性能的にはそこそこですが、40㎞/h以上でした使えず、作動させてから30㎞/h以下に速度が落ちるとキャンセルされるので、停止制御までできるように今後の進化に期待したいアイテム。

セーフティパッケージを選択するとヘッドライトも先進の制御がなされ、自動でハイビームとロービームを切り替えたりするようになります。

LED(ハイブリッドやRS)でもハロゲン(XLグレード)でもセーフティパッケージを選択すると光の向きだけは先進的に制御するとのこと。


LEDでなくても照射制御できるのであれば、今後はこういったヘッドライト機能も採用車種を拡大してもらえると良いですね。


インテリアはクセが無くて使い易い。収納とかは多くはないタイプ。

シートやハンドルの調整に重きを置いている印象で、ドライバーのためのクルマ、という感じです。ユニセックスと言うよりかは無味無臭的な感じで、女子的な使い勝手と言うよりは男性的な使い方にマッチするような。

やはり個人的にはちょっとワーゲンっぽい車なのかな?と思います。


試乗記続きます。 ④では残価設定や値引きについて記事にまとめています。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ