ドイツ車的な乗り心地 新型スイフト試乗②

欧州仕様の足回り

試乗したのはHYBRID RS 16インチのブラックと切り削り出しのイカしたアルミを装着したモデル。

乗り心地硬めだなぁと思っていたら、なんとまぁ欧州仕様の足回りをそのまま使用しているんだとか。

日本仕様の方、RSとグレードにつかない標準モデルがややソフトで、ヨーロッパ仕様の方はアウトバーンなどの速度域の高いところに合わせてのセッティングになっているのだとか。

そんなこんなで2017年登場の新型スイフトの試乗インプレ① に引き続き、足回りや乗り心地などについて記事にしていきたいと思います。

ブレーキのタッチもドイツ車的

欧州仕様となっている部分は、減衰力を高めにして硬めのセッティングとしたダンパー、ケース剛性の高いタイヤを採用して旋回時の応答性を高め、国内仕様よりもステアリング操作を重めに設定したパワステの3点だそうです。

車高自体は変わらず、ショックアブソーバーを硬めにしているそうです。


乗り心地硬めでこれはBMWのミニに匹敵すると感じたのは剛性感あるタッチのブレーキ性能。

スイフトの最廉価グレードのXGのみリアがドラムですが、それ以外のモデルに関してはリアもディスク。

前後ディスクであればそこそこのレベルのコンパクトカーでも設定がありますが、基本性能としてはまず大事なポイントだと思います。

そして、硬めの足回りだけでなくボディが軽いわりに剛性感があって、ブレーキング時の姿勢変化が少なく前のめりになりにくい印象でした。

いわゆるノーズダイブが少ないBMW的なボディ全体が沈み込んでブレーキが効くような感じで、気持ちよく止まります。

カックンブレーキでもなく、同乗者にも優しい感じで、これは個人的には物凄く良いポイントかと思います。

RSの乗り心地は好みが分かれるかもしれない

やや硬めの足回りゆえにコーナリングでも車体の傾きなども抑えめで、ミニよりかはリア周りの剛性感が弱いという感触はありますが、ミニっぽい良く曲がるゴーカート感はあります。

超軽量なボディということもあり、運動性能的にプラスも多く、キレイな路面ではフラットな乗り心地が好印象な反面、不正路面では結構な揺すられ感もあり、道路のやや荒れた箇所やマンホールの出っ張りや轍などの舗装の悪いところではドンドンと下から突き上げられる感じが強く、音や振動も大きいと思います。

かなり乗り心地とハンドリングのトレードオフなこのバランス、万人受けとしては微妙です。

ディーラー営業マン曰く、このRSの乗り心地の硬さはスイフト史上最も硬いらしく、営業所内でも話題にはなっているそう。

ヨーロッパで鍛えた足回り、高速での安定性が高い、と言うのをウリにしていくとのことです。

サスのセッティングに関しては初期型は比較的硬めにされることがある、という業界アルアル的なものもありますが、年次改良などで順次セッティング変更なども入る可能性もあります。

185/55R16の足回り。RSだと切削加工&ブラック塗装にグリップ系のタイヤで、その他のグレードだと同じサイズのエコ系のタイヤ。

XGという廉価グレードのみ15インチに鉄のホイールとなるそうです。

スタッドレスとかでインチダウンするなら15インチでもイケるようです。

サイズアップするなら195/45R17とか、純正オプションではないけどデキるそうです。


静粛性に関しては50~60㎞/hまではエンジン音もかなり静かですが、その速度域を超えたあたりからロードノイズが煩わしくなると思います。

一般的なコンパクトカーとその辺は大差ない印象ですね。

遠出で高速をそこそこのペースで利用するという使い方であればRSグレードは良いかもしれません。

街乗り中心であれば個人的にはRSでないグレードの方が乗り心地の面では良いのではないか?と思います。

多分ワーゲンポロよりか足回りは硬く、BMWのMINIよりかはちょっと柔らかいイメージです。

総じてドイツ車っぽいんフラットライド感はあると思うので、ヨーロッパ車との比較検討もアリ、なクルマかと思います。

後はデザインの好みですね。


試乗インプレッション③ へと続きます。 

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ