史上最高の乗り心地を実現 インプレッサスポーツ試乗②

乗り心地の良さはスバル車で屈指のレベルと言える、新型インプレッサスポーツインプレッション第2弾。
インプレッサスポーツ試乗①・レガシィを超えるのか?の続きです。
20161113_123332.jpg
正直なところ、18インチのモデルでここまで乗り心地がよい車はそうそうないのではないかと思うレベルで、快適です。段差の突き上げの少なさ、ロードノイズの侵入の少なさ、速度を上げた時の安定感に、乗り心地のしっとり感。それでいてロールが少ないスポーティなコーナリングを楽しめます。ゴルフやアウディ的な乗り味と言えます。以前までのスパルタンなモデルやレガシーはどちらかというとBMW的な硬さを売りにしていたような気がしますが、不自然な足の突っ張りのないしなやかで上質な乗り味になったのではないかと思います。
乗り心地に関してはスバル内のヒエラルキーの矛盾を生じているレベルです。レガシィ―のシャーシの大きさに由来する乗り味のおおらかさは備えていませんが、レヴォーグよりか快適でスポーティなデキと言ってもいいでしょう。60㎞/h前後の車内の静けさであればレヴォーグよりも上、レガシーに並ぶ仕上がりと思います。高速域の快適性に関しては若干上位モデルに譲る部分もありますが、ターボ付きのレヴォーグや、排気量の大きいレガシーと並ぶ性能を達成しているのは驚愕です。
20161113_123448.jpg
惜しむらくはエンジンとCVTのマッチングでしょうか。タコメーターの回転が先行し、2,000回転前後をキープしたまま速度を上げていくCVT独特のフィーリングはイマイチなところ。多段オートマよりもワイドレシオと言えども、運転感覚になじまず、コーナーの途中でアクセルを踏み増した時のミスマッチ感はいただけない。エンジンの回転音などはマイルドで心地よいだけに本当に惜しいです。排気量に関しても、2リッターでなくて1.6リッターのターボをトップグレードに持ってきて、CVTでなくATやDCTなどのミッションを組み合わせることが出来れば最高でしょう。個人的にはMTも選べれば良いとは思いますが、電動式のパーキングブレーキの採用など、サイドターンやクラッチ蹴りなどでのアクティブなドライブを許容しないパッケージングになっていると思うので、ミッションはあきらめます。採算的に厳しいでしょうし。今後はSTiやWRX、スポーツハイブリッドなどのエヴォリューションモデルの登場も期待したいところです。
とは言う物の、エンジンも力感やフィーリングはGood、CVTの回転感覚と空走感が惜しいというだけで、燃費性能もそこそこで、カタログに近い数値で実質の燃費も12~13㎞/Lくらいは走るイメージです。以前のスバルのモデルのようにカタログ燃費との差が激しいということもないようです。
静けさや乗り心地の良さのイメージで言うと、100万円くらいはインプレッサより高額なプリウスのような感じです。ボディの上屋が安定感あり、静粛性が高く、意外に低重心でロールが少なく静かでスムーズに走るプリウス的なイメージとでもいうのでしょうか。

エンジンとCVTに関してはイマイチではありますが、乗り心地やハンドリングに関してはピカイチ。
欧州車に負けない上質感を持った走りを備えた車であると思います。
特に初期型はかなり硬めの足回りを奢られるケースが多いような気がしていましたが、例外ともいえるしなやかに動く素敵な車です。国産にはライバル不在、興味があればぜひ一度見に行ってみましょう。
まるで欧州車 新型インプレッサスポーツ試乗③ インテリア編 につづく。
2017年登場のスバルXVの試乗インプレもUPしました。
スバルXVは新たな地平を拓くのか?試乗インプレ①




展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。




90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です