まるで欧州車 新型インプレッサスポーツ試乗③ インテリア編

乗り味はヨーロピアン

スバルはもともとヨーロピアンな乗り味がウリでしたが、それは国産車においては比較的高剛性なボディを備えているのが大きなアドバンテージでありました。

柔な日本車とは一線を画す車作りが、今回のインプレッサの新しいプラットフォーム、SGP・スバルグローバルプラットフォームとして結実したと思います。



外観的にはレヴォーグのリアを詰めた感じです。

全長を20㎝詰めてターボを取っ払ったら70~90万円安くなった、みたいな感じかもしれません。

ターボの有る無しで絶対的なパワーは違います。

居住性や荷室もレヴォーグの方が広いかもしれませんが、スポーティな爽快感はインプレッサも負けておらず、むしろライバルは欧州のゴルフやアウディくらいになってくるのではないかと思います。

ダサイ?インテリア


しかし、スバル車で残念なのはインテリアだったりします。ダサイと定評があります…


やや無難にまとめていますが、液晶モニターがナビの上やメーターパネルの中に点在していたりでもう一つ洗練された感じではありません。


操作感は悪くありませんが、アウディのバーチャルコックピットや、BMWのidriveのような横長の液晶に各種情報を左右で分割するような表示にしたり、縦長のタブレット風の液晶としてつなげたりといった進化に期待したいところです。

残念ながらインテリアには欧州の風は吹いていない…

国産車で操作系で突き抜けている車両と言うのは少ないので、視認性の高いシステムを構築してほしいところ。

スイッチ類が少なめに整理されているのが良いポイントではあります。

ダッシュボードの質感やデザインも悪くはないけれども、際立って上質と言うわけでもないです。

インテリアで人に自慢できるポイントは特にないと思います。

ワーゲンであればポロやゴルフ、BMWであれば1シリーズや2シリーズの方が話のネタになるポイントや質感の高さを語れるポイントがあるように思います。

コスパを考えれば妥当、走りのテイストは値段の割に良い物感があるだけに惜しい。

シートの座り心地の良さ、フィット感の良さはスバル車の素晴らしい美点です。

そこは長時間ドライブや峠道のコーナリングでのサポートの良さなど光るものがあります。

ハンドリングも良いと感じるのはシートの良さもあってかもしれず、しかしインテリアの美点はドライバーしか知り得ない自己満のレベルかもしれません。

そこらへんのレベルはヨーロピアンかもしれません。

ブレーキはよく効くが…

前後ベンチレーテッドディスクを備えるブレーキの効きはかなり良い。

ですが、効きの立ち上がりが鋭く演出過剰気味なような気がします。

踏み始めの減速Gの立ち上がりが強めでカックンブレーキになりがちかも。

個人的にはBMW1シリーズやMINIシリーズの初期ロット位のカックンブレーキかと。

ペダルの位置がやや手前なような気がして違和感を覚える人もいるかもしれません。

グレードによるアルミ製のペダルカバーの有無とかで数ミリの位置の前後があることも考えられますが、やはりブレーキペダル位置がやや高めにあります。

すぐに慣れる部分ではありますが、試乗される方は注意した方が良いかもしれません。

私と同様に、ペダル感が合わないって方もいるのではないでしょうか?もしいらっしゃいましたらコメントくださいね。

納車整備で調整できたとか、情報あれば共有できればとも思います。


ディスク直径もそこそこ大きいようで、16インチ以上のホイールの装着が必須とのこと。

スタッドレス用に、と思っても15インチまではインチダウンは出来ないそうです。

むしろ今後はスポーツグレードなどには19インチが用意されるかも、とか。

PCD(ピッチ・サークル・ディスタンス)は100、スバルでも車種によって114.3だったりしますが、新型インプレッサのハブはピッチ100で、ハイパワーを受け止めるタイプの物ではないようです。

その昔のインプなどに使われていた300馬力程度にチューリングをするとすぐにガタが出るガラスのハブ、と言われるものをいまだに使っているのが残念ですが、そこまでのキャパは必要ないとの判断のようです。

スポーツハイブリッドやターボ付きのモデルなどでは仕様を変更することもあるかと思うので、そちらも情報あれば共有していきたいと思います。

質感の良い部分と悪い部分


インテリアの質感の部分で言うと頑張っているのがパワステスイッチ周りだと思います。メッキの加飾などを施し、少し上質に仕上げているかも。

しかし、リアのドアハンドル部分はフロントに使われるものと同じようデザインですが、地味に素材が違いツヤ無し仕上げ、あまり目につき難いところのあからさまなコストダウンがあったりします。

リアシートは使用頻度低いからコストカット、と言うのはセコイ感じがしていやだなぁと思います。

リアシートの居住性はワーゲンゴルフのような感じですが、センタートンネルの盛り上がりがそこそこありちょっと劣るといったところでしょうか。リアシートのデザインや着座感は上々なので、4人乗車であればすこぶる快適です。

スライドやリクライニングがありません。少しリクライニング出来たらいいなぁ、と思うような角度かも。

ぜひ、座って確かめてみましょう。リアガラスが小さめで閉塞感があるかと思いきや、意外とそうでもありません。

肘周りにゆとりがあるからか、意外や快適で、レヴォーグとあまり変わらないように感じるかも。


荷室はレヴォーグなどのワゴンには劣りますが、ハッチバックとして考えれば十分な広さ。ベビーカーなども難なく収められると思います。

しかし、リアシートを倒して使う時には段差が生じるので注意が必要です。

リアシートのセンターにも3点式シートベルトが付きます。その為のステーのような物がシートから生えています。安全面の配慮ですね。

正直リアシートの真ん中の3点式シートベルトの使い勝手は良くないような気がします。


スバル内で言えば上位車種にあたるレヴォーグに負けず劣らずシートのデキの良さなどの美点が光ります。

インテリアの質感も同じような感じです。絶対的な荷室の容量とターボパワーが必要でなければインプレッサを積極的に選ぶのはアリだな、と思えます。


輸入車との比較で選ぶのも・・まぁまぁアリ・・かと。


欧州車などであればインテリアの独特の世界観に酔える、という違った価値もありますが、その分価格が高め。

走りの性能であれば劣る部分はそんなにないかと。


インテリアとナビと安全装備についての試乗記④に続きます。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。

90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ