ノート e-POWER 試乗インプレ③ インテリア・乗り心地編

EV的なフィーリングで評判ですが、人気モデルになることが出来るのか?


ノート e-POWER 試乗インプレ第3弾 乗り心地や社内の居住性と質感などを記事にしていきたいと思います。

ノート e-POWER 試乗インプレ② 燃費と走り・リーフの現状編


前の記事からの連載です。


パワートレインに由来する乗り心地というものもある、と私は思います。


以前にプジョー2008の記事で書きましたが、オートマのミッションのデキでユーザーが離れた、増えたということがあるように、EVと言えどもその乗り味や加減速のマナーが同乗者や女性、高齢ドライバーに敬遠される可能性を内包しています。

試乗インプレ②で記したように、オートマのモードによってギクシャク感が出たりとかするので、家族で所有する場合にはみんなで試乗するのが良いでしょう。

ワンペダルドライブはメリットが多いですが、若干の慣れを必要とするのではないかと思います。

エコモードにするのが一番燃費によい反面、アクセル操作がラフな方と言うか、一定速度に達したらアクセルから足を離し気味な方はかなりつんのめった感じで減速するのでギクシャクする=あまり乗り心地が良くないと、感じるかもしれません。


肝心の乗り心地については、かなり良好。

ベースのノートに比べて重量増でも、上屋の落ち着きが増しているとかってのは営業マン談。

遮音対策に気を配ったということもあってかなり静かな室内空間を演出していると思います。

上級グレードのメダリストとなるとドアのインナーにも吸音、遮音材を配置しているとのことで、2ランク上の車、スカイラインやフーガ(言い過ぎ?)くらい、音的な部分のクオリティは車格を超えるとのこと。

個人的には高速乗らなければワーゲンゴルフくらいの感じか?と思いました。


写真はメダリストのプレミアムホワイトインテリアパッケージなるもの。

合皮でレザーの設定はなし。

シートの裏面にファスナー的な物があるのでフルカバータイプのシートカバーかも。


運転席、助手席のシートの大きさはそこそこ。センタートンネルのハイテクなトラックボール風のシフトセレクターはさほど邪魔ではないけども、普通のフロアATから特別省スペースになっているわけでもありません。

個人的には合皮レザーシートはけっこうソフトで沈み込むタイプかと思いました。通常のファブリックの方もソフトだけど合皮と比べればやや硬めかも。



ハンドルは高さ調整のみ可能。

シートも高さを結構な高さまで調整できるので、女性に運転しやすいと思う反面、男性が乗るにややハンドルが遠いような印象を受けました。

ハンドルの下はカットオフされたD型シェイプと言われるもので、スポーティに見せつつも、乗り降りのしやすさにも配慮しているとのこと。

パワステは軽いけども少し引っかかりがあるような感じで、かつ、速度を上げた時にも重さが変わらず違和感を覚えるかも。軽快に扱いやすいけど、スポーティなしっかり感はなく、高速走行時などにもイマイチな感じかと。

モードプレミアでは若干パワステのチューニングも違ってくるそうなので、上質なステアフィールを求めるならそちらの方が良いのかも?


ナビに関してはディーラーオプション15~25万円で、7~8インチの物が選べます。

液晶の大きさの違いで、中身の性能には大差ありません。

ナビ取り付け位置も可もなく不可もなく、現状では特別大きな液晶のナビは設定できませんが、アフターマーケットのパーツではいずれラインナップされそうだとのこと。

ナビレスで納車してリプレースするというのもいいかもしれません。あとはソコまで必要かどうかで考えることも大事です。


シート下にバッテリーがあり、隙間なく埋まっています。

つま先の足入れはし難いですが、元々がかなり広めのリアシートなのがノートの美点、狭いと感じることは無いでしょう。

リアシートのスライドとリクライニングはありません。最近の軽自動車ではよくある装備なので、次期モデルチェンジあたりで人気を維持できていれば装備されるかもとのこと。



リアシートも結構ソフト、これは布でも合皮でもかなり柔らか目な印象でした。


ラゲッジも十分に広いです。6:4の分割可倒式で、リアシートを倒せます。

倒した時の段差がかなり大き目で、リアシートのスライドなどもないので、使い勝手はよい方ではないですが、必要十分。

大概のベビーカーはすっぽり収まる位です。

ワーゲンで言えばポロより広く、ゴルフより若干狭い?って感じです。国産だとアクアやデミオより広く、フィットと同じくらい?って言ったところでしょうか。



オプションのフラットボード約3万円で、荷室をフラットにしたり、2段にしたりと言ったアレンジができます。片づけた時の見栄えの良さ重視する方と几帳面な方にはお勧めです。

やや広めのマーチ、みたいな感じではありますが、バッテリーやモーター化による室内上でのデメリットはホトンドなく、広さ的にはなかなか良いパッケージングだと思います。


e-POWERという目新しさで元が140万の車を200万円で売ろうということで、価格に見合った上質感を求める声、というか、見合った質感を用意せねばならないのがメーカーの常。

ベースのグレードでは特別な華やかさはありませんが、メダリストグレードや、モードプレミアという設定によってそういったニーズに応えるようです。


プリウスやアクア、フィットのハイブリッドに食って掛かる車としては中々のデキ、是非一度実車を見てみましょう!


簡易EV普及なるか!?ノート e-POWER 試乗インプレ④ まとめ編 に続きます。


Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ