簡易EV普及なるか!?ノート e-POWER 試乗インプレ④ まとめ編

もはや売れ筋、普及世代の簡易EVと呼べるかも?耐久性がどんなものなのか課題はありますが、3~5年で乗り換えるのであれば新しいうちに購入するのも悪くないかもしれません。

車業界では話題である新型ノートのe-POWER 試乗インプレ④まとめ編です。



ノート e-POWER 試乗インプレの過去記事

ノート e-POWER 試乗インプレ③ インテリア・乗り心地編


ノート e-POWERは現状の市販車の中でもかなり長い航続距離を誇るのもポイント。

ガソリンタンク41リッターでカタログ燃費34㎞/L(カタログ燃費最強グレードは37.2㎞/L)で実質の街乗りは25前後で、無給油で街乗り1000㎞近く走れちゃう素敵な車かもしれません。

アクアも街乗りの実質燃費は同じようなものですが、軽量化のためにガソリンタンクは36~37リッターだったりします。

逆に高速に乗るとアクアであろうがプリウスだろうがノートe-POWERだろうが思いのほか燃費が悪く、チョイノリ専用車かもしれませんが・・高速をひたすら走り燃費の良さを求めるのであればモーターの不得意な高速域に重量のかさむハイブリッドよりもディーゼルモデルの方が優位です。

まぁ、蛇足ですが、車格を考えなければディーゼルを搭載したアクセラやアテンザ、CクラスやEクラスやボルボのV40 などなどディーゼルの設定のあるモデルが高速道路をヒタ走るのであればほぼカタログ燃費通りに、そしてガソリンタンク容量も大きいので1000km以上無給油で走れるでしょう。

グランドツーリングに出かけるのであればコンパクトカーでない方が快適性などの面でもよいと思うので、そういった車種も選択肢に上げてもいいかもしれません。


アクアは専用のプラットフォームにプリウスとは別のハイブリッドシステムを搭載してハイブリッド専用車としての特別感があります。

しかしe-POWERと冠するものの、ベースはノートという車種ゆえに特別な高級感はありませんが、逆にその分価格は抑えられていると思います。

200万円の車ですが、容積対コスト、乗車定員、燃費などのコスパなどを考えれば街乗り最強の車と言ってもいいでしょう。

アクアは微妙にリアシートが狭かったり、フィットハイブリッドはミッションに信頼性が無かったりハイブリッドとの相性が悪かったりなんだり。


ノートイーパワーにはリーフと次世代のマーチのハイブリッドのような感じで、出来合いのパーツの組合せで作っていますが、そのおかげでのコストダウンと値段設定の安さをかなえています。もちろん初期型のリーフの弱点もしっかりとつぶしてきているようではあります。



リーフのデメリットとして、やはり充電の手間があります。

①充電に時間がかかる(急速と言っても15~30分で8割)

②航続距離が短い(初期型は実質100㎞持たない、後期型でも200㎞くらいでしょうか)そういった面を考えると自宅充電無しの使用はかなり不便であったりします。

ノートイーパワーはコンセントからの解放、ガソリンスタンドと言う既存のインフラで補給できます。

ちなみにリーフのメリットとしては、①日産のディーラーで無料で充電できる。②区役所などで無料で充電できる、などがあります。

自宅に充電設備を設置できない方でも、車を通勤に使いつつ、(ほぼ)無料、又は低額・定額の充電設備でちょこちょこ充電して走行にかかる費用をほとんどかけていない強者も居るようです。

(年額の契約料が必要であったり、自治体によっては無料でなかったり、充電の都度に課金であったり、年度や時期によって変わっていたりするのでお近くの充電設備整備状況&提供条件などはご自身でお調べくださいませ)



2016年以降、中古のリーフが大量に出回ると思います。

電気自動車に対する補助金の条件として、車両の保持期限と言うのがあり、それが世代により異なるようですが3~6年くらい。

期限が切れて手放しやすくなり、2017年のリーフのモデルチェンジのスケジュールなどを考えると流通量が増えるでしょう。

値段の下がったピュアEVも住環境や自宅、職場近隣の環境によっては選択肢となりえるかもしれません。

新車のリーフも値引きと長期低金利などで、実質の毎月の負担は頭金によってはあまり差がなくなるケースもあるようです。

こればかりは使用用途と環境によりますが、選択肢は多い方が車選びは面白いはず。


ノートe-POWERに関しては現在人気ではありますが納車待ちはほぼなし。

セレナの時もそうですが、生産スケジュールとバックオーダーのツボを押さえているのか、最速で3週間で納車、細かなオーダーで1か月半とのこと。

モードプレミアに関しては実は販売を日産の子会社のオーテックが行い、発売次期が年末とのことで次期が詠めず12月末か1月か~と言ったところのようです。

値引きに関しては5万円~10万円とのこと。新型車では渋いのは通例。

販売店によるかもしれませんが、セレナも登場してすぐは10万円がマックスだったということで、250~300万円の車でライバルも多いのにかなり値引きは渋かったようでした。

3か月ほど経ち、10%近くは値引きするようになったそうです。

ぶっちゃけて値引きを引き出せるのが12月納車か3月納車と言うことで、11月中に商談を進め、12月の納車であればノートでも値引き幅は多少は増やせそうなところです。

販売の勢いが下がり始めて在庫の調整に入る2~3月の商談、納車であればおそらく15~20万円前後は値引きが可能になるとのことで、急がない方は2月まで交渉をスタートを保留しても良いのかもしれません。

試乗するならその前に済ませておきましょう。

モードプレミアの展示車などを待ってみたり、メダリストグレードの静粛性がどんなものか確かめてみてからでも遅くはないかもしれません。


重ねて私がお伝えしたいのは、シンプルなEVテイストを現状もっともリーズナブルに味わえる良い車かと思いますが、高速を長距離ドライブするには向かない、ある意味街乗り専用車だということ。

そう考えると価格も割高かもしれず、セレナがそこそこの値引きで買えるならそちらの方が多人数乗車などのメリットや違うベクトルでのコスパの高さがあったりするので、慎重に検討しましょう。

コンパクトカーで長距離ツーリングに行くのなら、個人的には高速燃費が期待出来て軽油で行けるマツダデミオのディーゼルか、価格の割に高速安定性が高くてブレーキの効きもしっかりしていてコンパクトカーなのにアダプティブクルーズコントロールのOP設定のあるワーゲンのポロか、って思います。


さらに続きの試乗インプレッションもどうぞ~


その外試乗記事なども参照いただければと思います。



展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です