ヤマハに乗ってない人にも勧めたい ヤマハ製のバイク用レインスーツ!

梅雨の時期や秋雨、それに台風などの雨の多い時期に備えて、バイク用レインウェアを見直しましょう!

日本の気候的に、3日に1日は雨と言われているように、バイク乗りには厳しい気候だったりするのをご存知ですか?そんな中で、雨の日でも通勤などで絶対バイクを使わなくては行けない人も一定数居るということで、各メーカーからレインスーツが多数ラインナップされています。

そんな中でのオススめが
YAMAHA製のレインウェア

純正用品としてラインナップされているものですが、人気があるためバイク用品店などでも取り扱いをするところが増えてきているとか。

サイバーテックスシリーズがかっこよくて素敵

襟の形やお腹周り、背面の処理など、バイク乗りの姿勢などを考慮して雨水の侵入を防ぎつつも通気性を確保しています。

61Q3YcR-23L._SL1500_.jpg

長時間の着用でも蒸れにくく、腕回りに袖の内側がへばりつくような不快感が少なく快適なのが特徴です。

上下セットで20000円前後、お値段なりの性能、もしくはそれ以上のものを持っていると思います。

普段使いとしてはウインドブレーカー代わりにもなりますね。

雨の日の視認性のためにオレンジとか明るめの色が人気だとか。通勤時間が20分を超える方には特にオススメでしょうか。

71GPvJAYJ8L._SL1500_.jpg

普及モデルであるサイバーテックスⅡ

10000円前後で、性能はそこそこ。20分以内の通勤などにオススメでしょうか。

2万円のモデルと何が違うのか?簡単にまとめると

・着心地
・キワの処理
・防水性能(とその性能維持期間)

滲みにくく、カッパの中が快適というのが大きな違いでしょうか。

短時間であればその差異はさほど大きくはありませんが、ある程度の時間雨の中走ると、快適性が違い、疲労度が変わってきます。

ツーリングでヘビーユーズするなら多少値が張っても良いものを勧めたい。

今回はヤマハのレインウェアについてフィーチャーしました。

ヤマハのバイクアクセサリーはバイクカバーなんかもなにげに人気で、所有バイク問わず使っている人多いようですね。

レインウェアもヤマハのバイクにベストマッチではあると思いますが、その他のバイクメーカーの方でも流用するのはアリでしょう。

雨の多い時期も、快適に安全に、乗り切りましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です