防風防寒をポケットに!時代はパッカブル!

そんなに目新しいものではありませんが、ポケッタブルに収納できるナイロン素材の羽織りもの。ここ最近では防風インナーなるものがバイク乗りやアウトドアピーポーの間で定番になってきています。
防風アイテムはアウターに、という考え方が定番ではありますが、あえてのインナー使いというのも意味がある。
体に近い部分を防風、密閉することで、比較的体温を逃がしにくいというのがあって、薄手での高い効果を期待できるという理屈。
しかし、長時間耐えるのにはキツく、そして温度変化のアップダウンには調節がしにくいというのが弱点でしょうか。
急場の冷え込みをしのぐ、とか日中の移動がメインだが夕暮れ時の気温低下に薄い羽織で対応する合理的な防寒とか、新しい考えかたで定番人気に定着してきています。
アウトドアで使う方でも、動く時に着るのでなく、標高上がった時の冷え込み対策とか、休憩時のかさばらない防寒として注目されています。軽さの手軽さ持ち運びやすさというのもポイントですね。
着た時の機能性の向上や、生地自体の耐久性の向上も目を見張るものがありますが、個人的には収納時のサイズの進化にもびっくりしています。
20180831_175030.jpg
どんどん小さくなっている・・
畳んだ時に分厚くならないような工夫とか、ナイロンの薄さの限界とか、進化を感じます。
デザイン的にはアウターとして着たときもカッコいいパーカータイプが今風のようです。

インナーに着るにはフードというか襟がかさばらないのか心配ですが、そんなことを感じないくらい薄い。
内側にフードを入れ込んでも、外にフードを垂らしたままでも上にジャケットを羽織るのはさほど違和感を感じないくらいペレッた薄い生地です。
フードもなくより防風性の原点に戻ったビニールっぽい素材のものもあります。
機能面では不足はないですが、アウターで羽織るのには向いてない。あくまで機能性を重視したファッション性のないアイテムと割り切りが必要なタイプですね。

機能としては十分で、値段も安いので、バイクにお金をかけてギアにお金をかけない、という方であればこちらをチョイスでしょう。
アウターとして着る物に防風性能を持たせた物も、パーカーで出ていたりします。
トレンドとしてはここ数年パーカーが流行っているようです。フードに風が吹き込み首を後ろに持っていかれる・・だからパーカーはパスって言いうのは古い考え方のようです。フードのボリューム感がオシャレで、そして首元が日焼けしにくいってのがポイントとか。フードや首周りはバイク乗り向けのジャケットとして少し補強や独特のカッティングを施してあることが多く、首を吊りにくくできているそうです。

進化した防風、防寒アイテム、季節の変わり目の昼と夜の気温差が激しい時の急場をしのぐのに、ポケッタブルでパッカブルなアイテムをぜひポケットに忍ばせたり、メットインやシート下、トップケースに忍ばせたりしときましょう!
寒暖の差が激しい季節もモーターサイクルでエンジョイしましょう!

Follow me!

その他バイク用品・カー用品の通販や音楽・動画配信サービスをオトクに!

特典満載のアマゾンプライム会員まとめページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。