これでもソフトになったのか・・ヴェゼルハイブリッドRS試乗記短評

マイナーチェンジを繰り返し、かなりソフトに足回りをチューングしてきているらしいが・・


これでホントにソフトに変わったんだろうか?と思うホンダのヴェゼル。

2018年モデルヴェゼルに乗ってみて


2016年モデルのハイブリッド、2018年HYBRID RS Honda SENSINGモデルに乗る機会があったので、試乗インプレとしてまとめていきたいと思います。



まずこの車、スタイリングが良い。フィットのSUV版でありながら、ホンダっぽいフロントのデザインでありながら、なぜかコレだけはハズレにはならなかった希少なデザイン。根本的にはフィットっぽいけども、よくぞここまで売れようもんだと評価したいですね。

ベース車のフィットが度重なるリコールでブランドの価値を失墜させながらも、ヴェゼルだけはなぜか影響を受けず。

ホンダ顔にダウンサイジングターボにした5代目ステップワゴンは販売ズッコケマイチェンで事実上のスパーダ顔に、でもヴェゼルはキープコンセプトで3年連続SUV販売台数年間トップに・・よくぞここまでヴェゼルは売れたものだとちょっとしたデザインやネーミングの力、誉めてあげたいですね。

走りに関しては、1.5リッターに7速DCTにハイブリッドの組合せ・フィットでリコールの嵐のようなユニットですが、乗ってみて走らせても普通にパワフルで静かです。

ただ、ワーゲンのDSGと同様、低速時の変速やショック、微妙な振動などのマナーは完ぺきとはいいがたい。

ただそういう挙動の異常はたまにしか起きず、気にするほどでもないのかもしれない。

そんなクレームなど、どこ吹く風で売れるのだから、商売とは読めないものだ。

ミッション由来のギクシャク感は、ダイレクトなタイプの変速機ではよく起こると考えて、スポーティということでポジティブに捉えていいでしょう。

ちなにみホンダのバイクでは1.8リッターの水平対向6気筒に7速DCTを組み合わせたゴールドウイングというフラッグシップモデルがあったりするなど、次世代のギアシフトとしてDCT=デュアルクラッチトランスミッションを推しているのだなと思います。

ヴェゼルの弱点は乗り心地


ただね、問題は乗り心地ですよね。


2016年型のヴェゼルに乗った感想では、正直この車ヤバイな、と思いました。

カーブの途中のギャップとか、車が吹っ飛んでいくんじゃないかと思うほど跳ねます。

近年まれにみるスタビリティの悪さ。

良路ではピタッとラインをトレースできる設定なのでしょうが、こと公道でいろんな路面状態のあるものを到底想定したとは思えない謎のツッパリ感と硬さ。

リジットなんじゃないかと思うくらい、固いサスが仕事をしていないと驚愕の足回りです。

こりゃあマイナーチェンジで相当手直しされるだろうな・・と。

スポーティだとポジティブ変換も出来なくもないけど、けっこうやりすぎかな・・って。


2018年モデルでは当然そういった硬い足回りへの不満や苦情を直すようにフィードバックがあったりしますが、やはりそれでも硬め。

比べて乗ると明らかに2018年マイナーチェンジモデルが進化しているのはわかりますが、CH-RやCX-3とかと比べたりすると、明らかに劣る乗り心地。

あっ、ヴェゼルってやっぱ普通じゃないや、と悟るレベルだと思います。

でも、きっと、この室内の広さ感でCH-RやCX-3を軽く逆転しちゃうんだろうなってくらい、室内にゆとりがあります。

フィットのコンパクトカー離れした室内の広々感を、3ナンバーのボディによって少しスープアップし、正直なところ、CX-5よりも広い?と感じるくらいです。

それだけで人気を取れるわけではないでしょうが、でも人気の大きな要因であることも確か。


全長(㎜)/全幅(㎜)/全高(㎜)4.340 / 1.770 / 1.605 全高は機械式駐車場に収まらない高さがあり、全幅も1770㎜とそこそこワイド。

そのワイドさがフィットよりもちょっと広い感じに仕上がっている秘訣と言えるかも。


インテリアに関しては、オーソドックスな高級感というよりもセンスの良さを出したい感じでしょうか。

シンプルで悪くない印象だと思います。

バカデカい液晶のナビが収まるほどのスペースはありませんが、8インチのインターナビで20万円前後となっていて、法外に高い設定ではないかんじでしょうか。

室内での過ごし方的には広さや荷室の性能、操作系やナビなどの装備もなんだかいい感じと言ってもいいのかな。

それがベストセラーの理由でしょうか。

フィット譲りの室内空間が評価されている

クルマが動いて無い時の、静的な部分での評価が異常に高いのかな~と思います。


反面走りで言うならばハイブリッドとDCTとのコンビでスポーティながらもギクシャク感が残るのと考えると、CH-Rのハイブリッドにはスムーズさや燃費で劣り、CX-3のパワフルさで評判のディーゼルや排気量のちょっと大きなガソリン車に後塵を拝すことになりそうかな、とも思います。


兎にも角にもスペースで圧勝。

その結果を見ると、SUVのミニバン寄りの快適性の需要が生まれつつあるのかな、と思ったりします。


値段的にもガソリンモデルでは200万円ちょっとから設定があり、ハイブリッドの上位グレードにナビを着けての乗り出しで300万ちょっとと考えると、値段的にリーズナブルにスタイリッシュで広めのコンパクトSUVが手に入るのが一番の評価ポイントなのではないかとも思います。


ホンダセンシングの機能面では全車速追従タイプの最新世代にアップデートされて無いのが残念ですが、自動ブレーキや車線維持機能などの安全装備などはそぼ全グレードで標準で設定があり、まあまあのレベルです。

納期と値引き情報・試乗は必須


現状ではヴェゼルはさほどの納車待ちにはなっておらず、グレードごとの納期の差もあまりないようではあります。

おそらく次のモデルチェンジまでは安定的な供給と販売となるでしょう。

値引きに関しても人気車種で売れ筋で在庫との兼ね合い、グレードや時期やタイミングによりますが、15~20万近く安くはできるようではあります。


室内の広さや荷室の広さ、使い勝手の良さなど、積極的に選んでも良い車種だとは思います。ですが、変速ショックや乗り心地の面で許容できるかを、しっかりと感じ取って決断しましょう。

買ってから、乗るたび揺すられて辛い・・ってころのないように!!


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。






90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です