雨の日のバイク乗り ブーツカバーについて

バイクに乗っていて突然の雨の時に、カッパやレインウェアでカバーしていても、靴が濡れてしまうケースがあるんですよね・・・

スクーター系のバイクであればフードが雨除け風よけになり足元はあまり濡れないかもしれませんが、ギヤ付きのミッションバイクの場合にはシフトペダルから靴に雨水がしたたり落ちる場合もあるので濡れやすいです。

41thfMtFVgL.jpg

そんな時にはブーツカバーがオススメです。

バイク用品メーカーから各種ラインナップがあって、年々少しずつ良くなってきているように思います。

簡易的なカバーに見えるものが多いですが、靴の濡れ方はだいぶ緩和されます。

レインパンツの裾をブーツカバーの上からかぶせればほとんどの雨水の侵入を防げるはずです。

シフトペダル接触部分や、足の内側にパネルっぽい補強が入っているものが多く、耐久性もある程度はOK。

雨の時以外でも、極寒の状況下では防寒にも役に立つこともあります。

靴底に当たる部分は歩行に適していないので、あまり履いて歩かない方が良いです。

バイクから降りるときや、雨の当たらない場所まで退避したらすぐに外すことをお勧めします。

最悪コンビニ袋でも凌げなくはないです。少し大きめのビニール袋であれば靴の上からカバーできるはず。

シフトチェンジで一瞬で穴が開くので、やさしく押し上げてあまり擦らないようにスフとアップしましょう。

dscf8313.jpg

靴の中、靴下の上のビニール袋をかぶせるというワザもあります。クツはやられますが、足は濡れません。

どちらかというと緊急の防寒の時に使える技です。靴下が濡れて替えが無い、時などコンビニで雨水靴下を買ってそのコンビニ袋をかぶせる、など。

いろんなアイディアとアイテムで、雨にも負けず、安全で快適なモーターサイクルライフを!

雨の中の走行では速度は控えめにしましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です