レガシーを超えた?レヴォーグ 試乗インプレ①

レガシィの生まれ変わりのレヴォーグ

2014年の6月にレガシーツーリングワゴンと入れ替わるようにしてデビューしたスバル新型 LEVORG(レヴォーグ)。

デビュー当初はレヴォーグはワゴン専用車でしたが、派生車種として「S4」「WRX」が追加ラインナップされました。

本家のレガシーシリーズはSUVスタイルの「アウトバック」、セダンの「B4」はさらにサイズアップてして2014年10月にデビュー。

大きくサイズ的に成長して海外仕様になったレガシィワゴンの受け皿として日本向けにローカナイズしつつ、サイズの異なる別のラインとしてラインナップを整えていると言った感じですね。

レヴォーグについては2016年の6月にマイナーチェンジ予定、さらにはSTiモデルの追加を予定されているなど、ホットなモデルです。

レヴォーグは日本専用?

ちなみにレガシーは北米での販売に軸足を据えていて、レヴォーグは国内専用、と思いきや、日本でのヒットを受けてヨーロッパでも販売をするようになったとか。

レヴォーグに用意される排気量は、1.6リッターと2リッター、ともにターボで加給されたもの。

そんなレヴォーグの1.6リッター(1.6GT eyeSight)と2リッターモデル(GT-S アイサイト)に試乗したので記事にしたいと思います。

レヴォーグのサイズ感

画像はS4 フロントはレヴォーグと共通

ボディサイズは、全長x全幅x全高 4,690x1,780x1,490(mm)となっていて、大型化して不評だったBM/BR系レガシーと実は車幅は一緒です。

レガシーの大型化に対応すべくレヴォーグが追加されたのに結局大きいのでは?と思わなくもないですが、全長や全高などが一応許容範囲ということでしょう。特に全長は4700㎜を超えないと言うのが扱いやすさ(5ナンバー基準がそれ以下なこともある)の基準にあり、サイドのフェンダーの多少の盛り上がりで1780㎜と言うのはボテッと見えない感じで引き締まって見えたりします。

あとはレヴォーグはコンパクトだ、というイメージ戦略、デザインの妙で多くの人がそういう風に思ったということですね。

デザインとしても適度にアグレッシブでありながら、下品になっていないラインと言っても良いでしょう。

注目のダウンサイジングターボ

エンジンのラインナップは

1.6リッターターボは最高出力が170馬力、最大トルクは25.5kg-m・カタログ燃費 17.4km/L
2リッターのターボは最高出力が300馬力、最大トルクは40.8kg-m・カタログ燃費 13.2km/L

2リッターターボは伝統とも言える息の長いEJ型パワーユニットでポテンシャルは高く、トップグレードに据える。

そして、新世代のダウンサイジングターボで適度な馬力と燃費性能を1.6リッター水平対向4気筒で普及していく、という2段構えのような感じです。

GTとGT-Sというグレードが各エンジンに用意されていますが、主にアルミホイールの大きさやビルシュタインの足回り、ロアアームにピロボールを採用するなどのスポーティさのチューニングが違うというのがポイント。

他メーカーがエアロ的な外観や内装の差別化でグレード分けすることが多いですが、サスや見えないところのパーツで差別化するのがスバル流。

ワゴンなのにスポーツカーのように速い・走りが良いというのがウリでしょうか。

そこそこのサイズと選べる動力性能と足回り、ワゴンとしての使いが手の良さとスタビリティの高さと鬼のように曲がるAWD=4WDという、日本のスバルファン・スバリストのために開発されたと言っても過言ではないクルマかもしれません。

レヴォーグ試乗レポート② に続きます。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ