ニッチでお得な名車?アウディオールロードクワトロが新型に!

2016年4月20日 新型アウディA4アバントの日本仕様が登場して、これから登場予定のA4 Allroad quattro(オールロードクアトロ)の新型。

オールロードクワトロのなりたち

一般的なワゴンの車高を上げて樹脂製(場合によってはカラードの)オーバーフェンダーを着けてSUVルックに仕立てたクロスオーバーモデルはスバル・レガシーのアウトバックとかによって確立されたような感じで、北米でヒットしたようです。

その後各自動車メーカーがこぞって真似していましたが、今も残っているモデルは多くはありません。

アウディA6オールロード、A4オールロード、ボルボXC70、V60クロスカントリー、V40クロスカントリーとかが今でもラインナップにはあるモデルでしょうか。

トヨタがアクアのクロスアーバンとかもありますが同じ手法を活用したなんちゃってクロスオーバーのモデルとも言えます。


定番人気というわけではないですが、2016年4月までのモデルの間にカタログに載るレギュラーモデルにランクアップした、密かな人気モデルと言えます。

オールロードを割安に感じる理由

アウディA4においては通常のアバントをクアトロに仕立てるよりも、オールロードクワトロの方が特別装備品が多い割に値段があまり高くない、ということもあって、生活的に4WDが必要な方に積極的に選ばれているようです。

あとはSUV的なコテコテの見た感じが好きじゃないとか、全長が長く伸びやかなデザインが好きとかの好みもあるでしょう。


新型はクアトロ・4WDのシステムが変更され、FRチックな走りを楽しめるモデルではなくなってしまうようですが、燃費性能やエンジン性能などは一回り上のレベルになっているようですね。


現行型は636万円~ オプションではレザーシート +33万円 という組み合わせが売れ筋だったそうです。




新型オールロードクワトロの日本導入時期は5月末~夏までの間を予定されています。

サイズと価格帯


全長×全幅×全高=4750×1842×1493mm(欧州モデル発表数値)現行モデルとサイズの差はホトンドなさそう。

日本仕様はおそらく足元は18インチが標準、ナビも標準になり、安全装備もアウディが拡充を進めるアウディプレセンスなども標準装備、その他A4に準ずるオプションの数々が用意されるはず。


新型のAudi A4 Avant 2.0 TFSI quattro が583万円~ となっているので、追加装備分がどのように半されるのか。

A4 オールロードクワトロはポテンシャルの高いモデル故に日本での価格や装備が気になるところです。

A4は全面液晶のメーターパネル、マトリクスヘッドライト、ハンドル操作に介入するレーンキープ機能を活用して半自動運転を体感できるとか、見どころの多いモデルです。


楽しみに待ちましょう!


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です