アウディ要らずのゴルフ?7型マイチェンモデル ヴァリアントとかいいわね

2012年の登場から誉れ高いゴルフ7 4年目でマイチェンを迎え、バーチャルコックピットや半自動運転を可能に!2016年11月10日、VWは「ゴルフ」のマイチェンを発表し、ゴルフシリーズのトゥーラン以外はほぼ全部新しくなります。

2015年のディーゼル排ガス不正で苦境に立たされゴルフ8が早め登場かと思いきや、7型であと3年は稼ぐようです。



外観関係の装備でいくと、キセノン・ヘッドライトを廃止してアップグレードはすべてLEDヘッドライトに置き換えられ、リアにはLEDのコンビランプを採用。

これまで以上にシャープで先進的かつ、高級感を高める狙い。


インテリアではワーゲンパサートやアウディの新しいモデル群では先進性の売りとなっているオプションの12.3インチのバーチャル・ディスプレイを選択可能に。

センターコンソールには6.5~9.2のナビやインフォメ―ションモニタが配置され、液晶尽くしになり、コンパクト・クラスでは世界初採用となるジェスチャー・コントロールも選ぶことができ、もはや上位ブランドで兄弟車となるアウディを食っちゃう勢いです。

車両にwifiも備わる予定で、常時通信することにより上級ブランド、モデルのようなオンラインサービスを受けることも出来るそうです。

エンジンでは「1.5 TSI Evo」と呼ばれる1.5リッター直4ターボが追加、150psを発揮します。

燃費性能的にはリッター20キロ以上を走り、ターボとは言えリッター100馬力のエンジンとなる。

ブルーモーション・バージョンと呼ばれるディーゼルエンジンも欧州では販売され、日本導入は・・微妙。

スポーティなイメージリーダーであるGTIでは最大で245馬力までチューングされたエンジンも搭載されます。

GTI用のトランスミッションも、新開発の7速DSGにアップデートされ、従来型の6速より1段増え、見劣りしないスペックを身に着けることになります。

このDSGはハイパワー、高トルク対応のものとなり、耐久性と燃費性能を両立してくれるはずです。


先進安全装備としては歩行者検知機能を備えたシティ・エマージェンシー・ブレーキを標準で装備、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)にストップ&ゴー機能を付加して自動運転を可能にした渋滞アシストや、車線維持のレーンキープアシスト、標識認識機能などでの安全運転支援など、これまたアウディを超えるような装備を奢っておられます。

こういった先進装備、ニュース的には取り上げられますが、こういったハイテク装備をてんこ盛りにすると車体価格は300~350万円くらいでもオプションてんこ盛り乗り出し500万円近いというゴルフにしては売れ筋とは言い難いお値段になりそうです。

車好きな方がゴルフなのにメルセデスベンツSクラスのようなハイテクっぷりを備えたこだわりの一台を作れなくもないくらいに心に停めておきつつ、自分だったらこんな仕様を作りたいなぁと夢想をするのが良いでしょう。


個人的に注目したいのはワーゲンゴルフヴァリアント。

家族の減ったミニバンユーザーの3列目シート不要論を受け止め、ワゴンブームの再来につながるか?というようなデキの良いワゴンかと思います。

輸入ワゴンでは価格も手ごろで安いとも言える300万円~となっています。(売れ筋や乗り出しはもっとたかいだろうけど)

ハッチバックのゴルフよりも20~30万円高で広い荷室が手に入るのが魅力的。

売れ筋は350~400万円でレガシィアウトバックと同じような価格帯なんですね。

マイチェンしても大幅には値上がりはしないかと。サイズは全長4575×全幅1800×全高1485mmで輸入車としてはそこそこ大きく、そして、ギリギリ全幅サイズが大きすぎないという丁度いい感じがあります。

荷室は600リッターを超えてレガシィワゴンに近い数値で見た目的にも広い。

インテリアも全体がソフトパッド(ややソフトな質感の内装の表面素材)で覆われていて、プラステッィキーな感じはみじんもなく高級感と上質感がある。

それはマイチェンしても変わらないだろうし、むしろより質感は向上するでしょう。


パサート試乗記 1.4でアウディ要らず? なんて記事を書いたりしましたが、もしかしたらゴルフヴァリアントでパサートやアウディを凌駕する部分も出てきちゃうかも?


国産のハッチバックワゴンにはない数々のハイテク装備や質感のたかさ。高級ではないかもしれませんが、上質ではあると思います。


こだわり派の方にも、コスパの高い少し上質で少しのエクストラを払ってもいいって方向けに、ゴルフシリーズ、オススメかもしれません。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ