頭一つ抜けた価格に見合うか?キックス試乗インプレ②

キックスのポテンシャルについて


試乗インプレ① 


からの続きです。


走りの性能についてはかなり爽快、129馬力でトルク25キロくらい、モーターのポテンシャルとしては0~100加速は8秒前後らしく、スポーツカー的な加速が出来る性能を秘めています。

最高速に関しては150~160㎞/hとのことで、モーターは加速が良いが100㎞/hを超えると加速の伸びが緩やかになるのかな~といったところ。

それでも高速道路120㎞/h時代にも対応は可能です。プロパイロットも135㎞/hまでは対応しているようでもあります。



燃費に関しては80㎞/h以下が良い感じ。

それ以上だとモーターの特性的に燃費が伸びない感じで、高速をガンガン飛ばすのは向いてない。

街乗りメインの遠出はゆっくり流す感じが良いでしょう。


街乗り燃費は13前後、やや郊外なら15前後、高速を飛ばすと10前後・・みたいなイメージでしょうか?ちょっと大げさかもしれないけど、そんなイメージです。

キックスのインテリア


さて、キックスのインテリアやユーティリティについてもまとめていきます。


インパネ周りは液晶とメーターとナビと、ここ最近の定番のレイアウトと言えるもの。


クセもなく扱いやすい操作系だと思います。



ナビは正直社外の方が良いとは思います。


小さき液晶の廉価モデルか、大きいのでもディーラーオプションよりかはだいぶ安く仕上がると思う。



インパネ周りのカラーリングは2トーンインテリアと言うグレードによるもの。

外装色にかかわらず、オレンジ系のポップな感じになります。

カラーリングにはインパクトはありますが、表面の仕上げなどは落ち着いており、悪目立ちするタイプではないかと思います。



明るい挿し色だけどセンスがいい感じとでも申し上げましょうか。


少し華やかな感じがして良いでしょう。このインテリアの差額は11万円ほどで、シートのカラーリングもかわるのでさほど割高ではないかな。



フロントのシートはサイズ的にはあまり大きくないけど、まあまあのフィット感。

ただ、欧州のコンパクトクラスと比べるとやや劣る着座感ではあります。

リアシートと荷室


リアシートはリクライニングはなし。


足元や横方向は広めです。大人でも結構快適に過ごせるとも思います。



分割可倒式で、荷室のとスルーが可能。ある程度の長尺物も積載は可能です。



ただ、スノーボードやスキーなどを積み込むのには不向きな感じがします。


荷室もさほど幅が無いし、運転席、助手席の後ろまでの距離もさほど取れているわけではないので、アウトドアなどで思いっきり使うには容量不足も感じるでしょう。



リアシートを倒した時に荷室との間に段差が出来ることもあり、車中泊は不可能かな。


そういう使い方ではなく、あくまでアーバンSUVですね。


インテリア全体のプラスチック部分の質感はあまり高くありません。


気になる人には気になる部分です。

内装の仕上がりはどうか?


276万円からのコンパクトSUVに期待するレベルとしては微妙なところ。

同程度のインテリアのクオリティではもっと安い価格帯からある。価格だけ頭一つ抜けている?ようにも見えます。


とは言ってもプロパイロットやイーパワーのシステム的なアドバンテージもあります。

ここは価格に乗っかっている感はある。


プロパイロットも制御がスムーズになり、自動運転までの繋ぎとしては十分以上の機能を有しています。


オプション付ければ乗り出しで400万円近くなってくると考えると、日産の中では上位車種であるエクストレイルや、トヨタで言えばハリアーやRAV-4も検討できるとなると、機能面の優位を踏まえても、使い勝手的にかなり微妙な価格設定とも言えます。


あくまで、SUVっぽい形でe-POWERというドライブトレインに魅力を感じる方が他と比べず買うクルマ、となりそうです。


FFのみの設定で、4WDは当面なし、アウトドアやキャンプ、車中泊などを楽しむ予定があるのなら、次期エクストレイルやセレナを待った方が良いかもしれません。


2021年初頭では2か月待ち前後の納車となっており、結構人気ではあります。


日産はわりとモデルごとに年次ごとで特別仕様車などをリリースする傾向にあるので、それを待つのもアリ。


値引きに関しては10万円前後と言ったところ。3月までの納車であれば、決算なども踏まえて1割引き程度まで値引きの拡大もあります。


タイミングとしては忙しないかもしれませんが、1月から動いて3月に・・というパターンも。


その間にいろんな車種の比較試乗をされることをお薦めします。


もし、e-POWERを体感したことが無ければ、ノートでもセレナでもなんでも、一度は体感されることをお薦めしたいですね。


特にキックスとモデルチェンジしたてのノートであれば、制御がよりナチュラルに緻密になっているので、多くの人に体感してほしい。


モーターとブレーキの設定が結構ふり幅多く切り替わるモード設定で、スマート、エコ、ノーマルと切り替えていろんなステージで走ってほしいです。納車待ちが長いうちに是非テストドライブを!



過去の他の車種の試乗インプレも参考になればと思います。

新型ハリアーは完成度高し しかし走りの進化はないかもしれない試乗インプレ①


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。







90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です