世界で人気で今更日本凱旋キックスのポテンシャルやいかに?試乗インプレ①

日本凱旋の新型キックス

ちょっと古い廉価モデルのプラットフォームに最新世代のエンジンを乗せ、新しいクルマに仕立てて売る。


日産の得意手段です。実際のところ、ノートとセレナは返り咲き、基本設計が古かろうが売れるものは売れる、という見本のような車となっています。

正直エンジンを全く別物を乗せるというのが革命的な感じだったので、手法としてはある意味新しいのかも。

ただのハイブリッド車ではなく、電気自動車だと日産は言い張っており、要は売り方・見せ方の勝利のようなものでしょうかね。マーケティングの勝利です。



キックスはノートe-POWER、セレナe-POWERと同じ手法で3匹目のドジョウをすくいに来た、と言っても過言ではありません。


イーパワー搭載の先兵たるノートについては2020年末にモデルチェンジを果たし、イーパワー専売者になって300万円近くに高価格化、それでもイーパワーのとりこになった方々は買っています。

100万円台の普通車欲しい方はマーチへ、もしくは軽に・・でもイーパワーはこちらだけどね!とかなり強気。

でもノートが売れているのは、やはりマーケティングの勝利かな。見せ方でライバル不在に見せている。


そんなこんなでキックスe-POWERに試乗して来たのでレポートしたいと思います。


キックスのサイズは


全長 4,290 mm x 全幅 1,760 mm x 全高 1,610 mm



新興国向け、日産の中で最低グレードのSUVには見えません。


デザインはC-HRのようにエッジが効いています。


日本国内で販売するには5ナンバーを超えていても大きすぎず手頃なサイズ感にまとめて来ています。

リアシートも結構広めでファミリーでも使えます。


キックスもノートと同様にイーパワー専用車となっており、日産の電動車推しは継続しており、リーフの評判がイマイチ、というか充電スタンドの利用契約がイマイチお得感が薄れていることもあってか、イーパワーに興味を示す人も増えてきているようです。


キックスの仕上がりに関しては可もなく不可もなく、シティ派コンパクトSUVとして、期待を裏切らないデザイン、乗り味、快適な居住性を備えております。


特に特筆すべきは従来のエンブレ的な回生ブレーキの立ち上がり強めの制御・前のめりになるくらい引っ掛かりを感じるほどのブレーキの立ち上がりがマイルドになり、初期はじわっと、奥でグッと効く、みたいな踏力の強さを気にかけてブレーキをかけたかのような、自然なブレーキングを再現しているのが好印象でした。


なんでもSUVボディ故にアクセルオンオフの前後の揺すられ感がノートよりもセレナよりも顕著に出やすいのを制御をマイルドにすることで普通の車っぽくしたとか。

それでいてブレーキが効き始めてから止まるまでは少し踏み込んだように停止するような人間が停止するときのフィーリングに寄せたそうです。ワンペダルドライブで停止時も保持するのですが、その前後の動きが滑らかで、多少雑にアクセルオンオフしても電子制御で繊細に変換してくれるという、機械のありがたさを最高に引き出したようにチューニングされているように感じました。



サスペンションも良いのもあってか、コーナリングでもかなり小回りが効く感じにインに切れ込むようなハンドリングで、アクセルオフ→交差点を曲がる、と言った流れの中でも車の傾きに違和感を感じさせず、滑らかに旋回するフィーリングがあり、なんだか走っていて楽しい、と感じる車です。

このパワーユニットと旋回性能で2シーターFRオープンなんてのがあったら面白い走りをするだろうな~なんて思ったりします。

キックスでも下りのワインディングは絶対に楽しいだろうな、と思わせてくれる完成度を感じます。


高速道路の走行でもパワー感には満足できますが、電動走行アルアルで、燃費が伸びないというのがあります。


高速走ったらガソリンの減りがあからさまに早くなりますので、なんだかモヤっとしますね。


静粛性や加速減速、プロパイロットのよる前車追従走行などは問題ないだけに、惜しい。高速巡行用のハイギア一段入れたりとか、改善策は無い物か考えたくなっちゃいます。


個人的にはイーパワーは仕組みや出力特性は好みで、以前にノートe-POWERに乗った時も、これはすごい!と思ったりしたものです。


キックスも期待通りの性能を発揮しており、多少価格が高めでも、売れるだろうなとは思います。


エンジンも発電用に搭載されています、存在を消すように遮音対策がされ、なるべく走行中に発電するような制御になり、信号待ちなどの停止時にはなるべくエンジンが始動しないようになっている感じです。

モーター駆動者はなるべくエアコンを使わない方が良いようで、冬場などはどうせ使うのならシートヒーターの方が電力消費が抑えられるのでエアコン弱め・シートヒーター強めで走った方がエンジンがかからない=燃費が良くなるという特性があるそうです。


現状キックスに4WDの用意はありませんが、ノートがモデルチェンジの流れで4WDを追加しており、今後キックスにも同様の4WDが追加設定されることも考えられます。

ただ、販売のてこ入れ的な面で1~2年後となる可能性も高く、そうすると2021年第3四半期と言われるエクストレイルのモデルチェンジとの兼ね合いもあったりで次のキックスのモデルチェンジまでは四駆の設定はされないという可能性も・・


さらに、キックスの問題はタイ生産という事。


生産国に対する偏見が古参の日産ファンにはあり、そしてタイからの輸入のスケジュールもかなり不安定になっており、納車の時期が曖昧。

そしてタイ生産のクオリティの低さはマーチなどの廉価車においてはかなり手抜きクルマみたいなデキになってしまい、チープすぎると悪評がたち一時は人気のあったマーチを絶望的に売れない車に叩き落したという過去もあります。

とはいう物の、そのマーチはノートの高級化、高価格化の煽りを受けて、販売台数的に少し持ち直しているようではありますが、それでも他に同クラスに魅力的な車はあるので、謎の特需は長くは続かないでしょう。

ポテンシャルは高いクルマだけに、先行きが微妙な中で、どう車として熟成し、ニーズに応えながら進化していくのか、先が楽しみなモデルです。


まずはテストドライブに繰り出してみましょう!


試乗インプレ②へと続きます。
以前のノートの試乗レポート
ガソリン式EV ノート e-POWER 試乗インプレ① 概要 編
なども参考になればと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です