プチGクラスサイズな7人乗りベンツGLB(2020)試乗インプレ①

ブランニューモデルのGLB

メルセデスベンツ2020年の新型SUV・GLBの価格は、512万~696万円、ベンツにしては手ごろな価格と日本での取り回しに苦労しないギリギリのサイズ感、そしていざという時に役に立ちそうな7人乗りが標準、と売れる要素満載で登場しました。


GLBは、FFプラットフォームをベースにGクラスを彷彿とさせるスクエアで塊感のあるデザイン、トヨタの人気SUVであるRAV4に近いサイズで、全長4650mm×全幅1845mm×全高1700mmとなっています。(グレードにより若干・数センチ短く狭いバリエーションもある)

デザインイメージとしては胴が長く、ダックスフンドのようでもあります。


前後長を確保してウィンドウが起き気味で7人乗りの空間を作り出しているのがわかります。


GLAクラスの方がリアウィンドウが寝ていて空間よりもデザインのシャープさやパーソナルユースっぽさを演出しているクーペ風なのとはちょっと路線が違いますね。

GLCにはない7人乗りと言う付加価値


メルセデスの中では上位に当たるGLCにはない7名乗り、そしてリアシードのスライドなどによりCクラスやEクラスよりも広い足元、頭上空間など上位モデルを食っちゃうようなポテンシャルもあります。

2列目を倒した時には車中泊にも対応できそうですし、3列目を倒して大きめの荷室のステーションワゴン的にも使えます。

3列目を立てると荷室として確保できるスペースは狭め。



そして、3列目の足元空間はミニマム



結構狭くて乗り降りも大変な部類です。


2列目のスライドと組み合わせて乗員みんなでスペースを融通しあって乗り込むイメージです。


メーカーの設定では身長168センチ未満の人専用、と謳っているそうですが、正直なところ小学校低学年以下の子供専用といったところでしょうか。



ライバルとされるディスカバリースポーツとの比較では、GLBもSUVスタイルということで床が高い分足元空間で狭さを感じるかもしれません。ただディスカバリースポーツは幅や高さがある分多少アドバンテージがあるかなってくらいですかね。BMWグランツアラーやワーゲントゥーラン、シトロエンC4スペースツアラーなどの7人乗りミニバンスタイルよりかはやはり狭いかな~と感じるレベルだとも思います。


5名乗車状態で500Lほどのラゲッジ容量、フルフラット状態なら1680Lほどまで広がる荷室で、車中泊やアウトドアにも対応できます。



ベンツの中でも最新の安全運転支援機能である「レーダーセーフティパッケージ」を全車に標準装備しており、ちょっと前の上位モデルよりも高い安全装備が充実しております。

具体的にはステアリングアシスト機能まで含めた運転支援が盛り込まれており、メーカーとしては手放しによる自動運転とまでは言えませんが、前車追従・車線維持の自動運転に近いイメージでの利用が可能となっています。


デジタルスクリーン式メーターパネルと、「HI!メルセデス」で音声コマンドが可能な対話型インフォテイメントシステム「MBUX」も用意されるなど、最新が最良というメルセデスベンツのスタンスにのっとった装備の充実があり、買い得感があります。



ぱっと見では上位モデルとの差が分からないような仕上がりです。

実際展示車を見たEクラスなどのオーナーも、「おっ!」とうなるようではあります。


フロントのシートはかなり出来は良く、ハイウェイでの長時間クルーズやワインディングロードも適度なホールド感があって良いです。


ただ、すぐに他の上位クラスと乗り比べたりすると、安い理由としてシートのサイズ感などに若干の物足りなさを感じたり、パネルの質感などに若干のハリボテ感を感じたりはあるかもしれません。

ファーストメルセデスによいチョイスかも

そうは言っても単体で見れば十分以上にクオリティは高く、国産車とは明らかに違うレベルではあるので、初めてのメルセデスベンツユーザーでも満足感は十分以上に感じれるはずです。


売れ筋となるクリーンディーゼルモデルは登場当初は前輪駆動仕様となる「GLB 200d」512万円~


ガソリンモデルは、AMGラインによるスポーティなエクステリアと大径のアルミを備え、4WDシステムを備えた「GLB 250 4MATICスポーツ」696万円~


となっています。


駆動方式を基準に選ぶと、4WDが欲しい、と言うだけで200万円アップ・・とのことで登場当初から冷ややかな指摘がありましたが、2021年モデルからはディーゼルも4WDが設定されてFFが廃止との事で、日本のユーザーのニーズに応えるラインナップ整理がなされる予定です。


【スクープ】GLB ディーゼル4WD→2021年追加設定決定! の記事参照


燃費とパワーのバランスの良いクリーンディーゼルと4WDの組み合わせで価格の上昇は間違いないですが、日本でも歓迎されるモデルとなるのは間違いないでしょう。


500万円前後の輸入車選びの中では、ガソリンモデルを除けば候補に入る数少ないモデル。


5人乗りでややクーペ風なGLAとの価格差が10万円程度という事もあり、シート2席追加での差額を考慮すると割安感もあります。


ベンツの中ではかなり下位グレードにはなりますが、デザインのボクシーでスクエアな感じは好きな人にはツボでしょう。


荷室の容量の広さ、そして一番安い7人乗りのメルセデスということもあり、実用性は高いです。


ファーストメルセデスとしてもお勧めです。


ぜひ実車を確認して試乗してみましょう!


試乗インプレ②へと続きます。


Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ