FFでもバリバリ走るシビックタイプR しかし一抹の不安も・・(同乗)試乗インプレ

とあるイベントでの助手席同乗サーキット試乗、いわゆるプロドライバーによるシビックTypeRのサーキットタクシー的なものでの印象と、街乗りハイウェイ峠道での自分の手でのテストドライブと、合わせてインプレをブログにてお届けしたいと思います。

FK8 CIVIC Type R


FK8 CIVIC タイプR 2リッターターボ2017年からの日本導入モデル。

ホンダイズムの宿る希少なハイパワーマニュアル車でコアな人気を誇ります


20インチの30扁平のタイヤがかっこいい!ブレンボのフロントビッグキャリパーも赤くて素敵♪



全長:4560mm・全幅:1875mm・全高:1435mm・重量:1390kg 幅はワイドですが、全長は短く、全高は高くない。

重量は大きさや快適装備や安全装備の割に軽めと言える数値でしょうか。


下馬評を覆すほどの初期受注と人気、その実力に迫りたいと思いますが・・話の出足からアレですが、サーキットを5~6台のタイプRが走ってましたが、まさかのミッショントラブルで走行不能になったのが1台。

サーキットで全開走行で負荷かかった時の信頼感は個人的にはガクっと落ちましたが、ミッションかクラッチが逝った模様でした。

ミッショントラブルとかあったけども…純粋に早い


ホンダとスバルはミッションが弱い・・とはよく言ったもの。

ただハイパワーなマニュアル車をコンスタントに売っているのがスバルとホンダくらいって気もするので、大目に見てもいいのかも。


サーキットのようなステージではものすごく早く、ものすごくブレーキが効き、そしてガンガンコーナーを曲がっていく、って印象です。

ストックの状態で完成度が高い、というのは身を以って体感しました。

スピードリミッター解除を施されていたようですが、早くて怖いとか、うるさくてしょうがないとかってのはなく、単純に早い、剛性高い、ノーマルのアシなのによく曲がるし揺り返しが少なくて路面に吸い付くようだなって思いました。

ブレーキとかの速度を殺す力も強い、そして車体の沈み込みやリアのブレーキの効きや荷重の乗り方もとてもFFモデルとは思えない感じです。4WDだよ、と言われればそんな気もするくらいトラクション性能やスタビリティが高い感じ。

もちろんドライバーの腕も良いのでしょうが、ポテンシャルを引き出して走るとすごい車なんだな、と。

ガンダムチックな個性的なエクステリア



デカいリアウイングは伊達じゃない!って感じ。


見た目的にはゴツゴツしているけども、空力的にしっかりと意味があると思う。


エクステイリアはガンダムみたいとか、ゴツゴツした線や突起が入っているとかあるけど、早く走る車としてかっこいいと評したいと思います。



マフラーも3本出しはフェラーリみたいだとポジティブに。スーパースポーツ的だというのも全開走行を味わったとだと納得できます。

正直ワンオフマフラーかスーパーカーでしかありえないものを、450万円の320馬力のFFニュル最速セダンなのに、3本出し!ってことで。

街乗りでの印象


街乗りで自分で運転してみた思ったのは・・運転してみると意外と普通だなってこと。

クラッチも重くないし、アイドリングは軽快で素人のクラッチさばきでエンストする感じもない。

MTのダウンシフトでは勝手に車のほうでブリッピングをしてくれたりとか、ヒールアンドトゥの見せ場を作らずともレブマッチしてくれるあたりが現代的なスポーツカーです。

フライホイールが軽いからなのか、エンジンの回転の鋭さがあり、アクセルを吹かした時の回転の上昇の鋭さは当たり前ですが、回転の下降のスピードもバイクみたいにタコメーターが躍る(笑)

ただ、それでもクラッチの軽さとかストロークの短くて軽い感じのシフトとか、ハンドルの軽さとか、ホントに普通の車って感じで乗れます。

普通のアシ車でないな~と思うのが、シートのバケット感。


乗り降り大変なレベルでモモの部分のサポートがせりあがっています。

乗り込むのがちょっとした儀式めいたものとも言えます。



サポートは最強レベルですが、乗り降りの頻度が高い方は、シートのヘリがすぐ傷むでしょう。

街乗りメインであれば、普通のハッチバックのシビックのほうがいろんな面で現実的なチョイスと言えます。

究極のスポーツカーの一つ

シビックタイプRはハイパワーで究極のホンダ車を求める人向けのスポーツセダンです。

究極のホンダのスポーツカーを求める人はNSXに行くべきですが、もう少し一般向けにスポーツマインドを宿した車として、タイプRの伝統を受け継ぐモデルはシビックタイプRです。

欲しいな、と思ったときに、即決で決めれる人向けの車。迷ったら止めた方が良い。

歴々のタイプRに乗ってきた人でも違和感を感じたら見送った方が良い。


過去のタイプRのような粗削りさは余り無く、完成度の高いアウディS3(600万超え2リッターターボで290馬力4WD)みたいなモデル。

コスパはそこそこで、現状納車は6か月以上の待ち。リセールバリューも高いようで、NSXほどではないにせよ、ちょっとしたプレミアも付きそうな感じですね。でもまぁ、リセールを期待して買う車でも無いですし、好きになって買うべきです。

新古車では新車価格の450万よりちょっと高い(+20万前後)価格で取引されていたりします。(時期によりけり)


値段、性能などなどライバルはスバルWRX・STIがガチンコでしょうか。


迷ったら負け。この車はとことん惚れ込んで買いましょう!


Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ