パッと見1000万級のインテリア?XC60試乗インプレ③

ボルボ初の1000万超えとなるXC90と基本コンポーネンツを共有するだけあって、インテリア、特にドライバーズシートからの眺めはある意味1000万円クラスの感じ、新型XC60インスクリプションの試乗インプレ③となります。
売れ筋でもボルボ独自の世界観 XC60試乗インプレ② からの続きです。
20171127_141413.jpg
インテリアのハイライトとしてはセンターの縦型モニター。
テスラに続く2例目かな?となるタブレット風のモニターに操作系の機能を集約したタイプのもので、これも高価格帯で先進的なイメージを演出するのに一役買っており、これに続きたのはプリウスPHVや、レンジローバーヴェラールくらいのものです。プリウスPHVはベースモデルよりもかなり高めの設定で有り、ヴェラールは2017年に登場した新型で、センターを上下に分割したモニターでそこに操作系を集約した感じです。ワーゲンやアウディなどもセンターへの大型縦型モニター配置をコンセプトカーで示唆していますが現状はまだ実装されていない感じです。
20171127_141421.jpg
600万円台でここまでの先進性を備えた操作系はないゆえに、このフロントのインテリアだけで現行では選ぶ価値のある車と言えるかも。テスラやXC90とのバランスを考慮しても1000万クラスと言ってもいいでしょう。
20171127_141419.jpg
エアコンの吹き出し口の造形やセンタートンネル周りのスイッチなどに統一感があり、そして高級感を演出しています。素材に関しては最上級の物をちりばめているという訳ではないけれども上質感はあります。共通の意匠でもパーツの大きさや配置のメリハリがあり、北欧風の演出と言われれば何故か納得してしまう感じです。実際の素材は触ってみると部分部分安い素材を使って要るっぽいのはわかると思いますが、全体で次元の高いバランス感を保っている感じです。
20171127_141513.jpg
センタのアームレストは大き目で高さがあり、幅はあるのにドリンクホルダーは縦に配置するタイプ。見た目はスッキリしていても、正直この辺りはあまり使い勝手的には良くはないかも。欧州車は国産車に比べてドリンクホルダーなどの使い勝手がイマイチ・・とはよく言われたりしますが、国産5ナンバーのミニバンや軽自動車などの見た目を全く気にせず使い勝手を極めた物とは違います。国産だって高級セダンやラージサイズSUVであれば使い勝手はそこそこでデザインに振っていると思うので、欧州車だけが使い勝手が悪いわけでは無いのを覚えておいて欲しいところです。
リアシート用にエアコンの操作系もセンタートンネルにあり、タッチパネルっぽい感じで使い勝手は良好。
20171127_141428.jpg
リアシート用の吹き出し口はセンターとピラーにもあり快適性は良い。インスクリプショングレード以上であればリアシートヒーターも付いてくるので乗員のもてなしとしては十分以上に高級であると言えるでしょう。
20171127_143704.jpg
リアシートは旧型XC60よりも背もたれが若干傾斜して直立に座らせられる感じは薄らいだと言えます。総じてちょっと広くなって快適性が上がったなってのを感じるところ。ライバルと称されるドイツ製のSUVなどと近い居住性です。
20171127_143626.jpg
リアラゲッジスペースも数値的な拡大はほぼほぼ変わらないとのことですが、バッテリーの搭載位置をラゲッジ下に移動、カーゴスペースの横幅を均一に整えてゴルフバッグを4つ横積みできるようにしてあるとのことです。数値的な拡大よりも実質的な使い易さを改善したとのことです。
シートの大きさがたっぷりとあり、大人4人でも快適なドライブが楽しめる車に仕上がっているというのが印象に残ります。車の使い方としては長距離ドライブをするのであればディーゼル、チョイノリが多いのであればガソリンと言うのを定説通りに勧めたいところです。乗り方に関しては毎日乗るけどちょい乗りが多いならガソリン、週末しか乗らなくても高速を使って距離を1日でまとめて走る、というのであればディーゼルを推しときます。ディーゼルで毎日チョイノリだとエンジン内部やマフラー周りなどに煤(スス)がたまりやすくトラブルを発生する確率が高い、というのがありそうです。
年間の走行距離的に10000キロを超えるか超えないかでハイオクと軽油での価格差が・・とあったりしますが、正直なところ最終的にはエンジンのフィーリングで選べばいいのではないかと思います。
納期に関しては日本に於いてはさほどの台数を計画していないと言うのもあってか、3か月前後の待ちがあるそうです。そして3か月待つのであればオーダー仕様・インディビジュアル仕様のオーダーへの切り替えも無償でやっているとかなんとか。エクステリアから―、インテリアカラーやインテリアパネルなどのメーカー推奨以外の組合せなども自由にオーダーすることが出来るプログラムを上位グレードなどのバリエーションとしてレザーの素材が同じなら同価格で用意があるとのこと。
どうせ待つなら特別な一台を、ということで推奨でない独自のセンスでカラーオーダーもやっているとのことで、ちょっと面白いなと思いました。
ディーゼルに関しては2018年の3月発表、以降に発売予定とのことで、すでにバックオーダーを含めて6か月待ちくらいになっているそう。
車検の時期が過ぎてしまう・・というオーナーの為に、ディーラーによっては6カ月程度の短期リースプランというのも用意しているそうです。リース車両は旧型XC60の最終型で、契約金や車両返却時違約金などは無く1カ月5万円~6万円という金額で保険などもセットで納車まで貸し出すとのことです。
待たせるお客様をなんとかつなぎ止めようと必死というか、XC60の販売のバックアップとして力を入れているというか、企業としての努力姿勢を感じます。
この辺りは販売店やエリアによってもサービスや金額に違いがあると思うので、近隣エリアにてお問い合わせくださいませ。
ちなみに新型登場時の現状値引きは5~10万円くらいとのことでした。出たばかりで大きくは引けないよ、とのこと。
それと、ボルボは高級路線にシフトして中古車価格を高く維持するためにも新車価格で大幅値引きはできない、と営業マンは要っていたりしますが、アレ、完全に嘘ですよ。10年以上前から同じセリフをボルボの営業マンから聞いていますが、正直値引きの大きなメーカーだと私は思います。多分、ワーゲンとボルボは輸入車の中ではかなり値引きに柔軟なメーカーだと感じます。もちろん販売の時期や値引きできるモデルと言うのも限りがあるとは思いますが、出たばかりのモデルチェンジした新型車でなければだいたい10%はイケると思います。決算などで調子良いと点灯発表やDMなどで100万近く引けるモデルもあったりして、営業マンの言葉はなんだったのか、と思うこともしばしば。よって中古価格もメルセデスベンツなどに比べると低め、買い取りに出すときも、どうせ大幅値引きで買ったであろうと勘繰られ高値はつき難い、という感じなのでそこそこキモに銘じておきましょう。いずれはXC60も50万円引きくらいイケるようになるでしょう。
長々とネガティブな値引き・買い取り話を書きましたが、新型XC60は600万円~と高価格帯の車に入り、それに見合った価値観を見出せるか?という疑問に対しては、先進的でありながらもコスパ高くて実はスペックも高い、と答えても良いかと思います。CX-5に似てるとか、割高だとか言われていたりしますが、日本カーオブザイヤーを取るなど、その性能なども評価しても良いでしょう。
買うかどうかは置いといて、批判的な方でも一度実車を見てみればその価値の片りんに触れることが出来るはずです。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です