売れ筋でもボルボ独自の世界観 XC60試乗インプレ②

売れ筋のカテゴリーで評価を得るか

エンジン性能ではBMWを超え、乗り心地ではメルセデスのようでありランドローバーのようであり・・デザイン的には少し控えめなちょっと前のアウディのようであるボルボXC60。


欧州勢の中では強力なライバルがいるので存在感を発揮するのは難しいものの、デザイン的には攻めた感じでポジションランプがギラッと光ったりしています。清楚な厳つさを目指しているとか?

エンジンのスペックも低くない

あまり注目はされませんがXC60のT5に採用される2リッターガソリンターボで254馬力というのは実は中々絞り出していて、ライバルと目されるBMW X3やアウディQ5、レンジローバーイヴォーク・ディスカバリースポーツなどよりか実は高性能だったりします。

ディーゼルモデルも同様でD4というグレードの190馬力と言うのもクラス内ではトップクラスのスポーツディーゼルと言えます。

ボルボにハイスペックなエンジンと言うイメージはありませんが、世界的に2リッター4気筒をベースに車両開発を進めるというテーマに沿ってしばらく使いまわしの効くそこそこ高性能なエンジンをこさえた、って感じです。

2リッターターボのガソリン/ディーゼルに力を集中したことによって達成したスペックとコストカットと言えそうです。現状ではかなり高評価しても良いコンセプトなのではないかと思います。


シートやインパネ周りなどはXC90と共通で乗り込んだ瞬間にモダンでセンスが良い、と感じる操作系と感じることと思います。

上位車種と共通、というのは高級感を共有と意味でも良いと思いますが、実際のところモデルごとにインテリアを作り分けるよりかコストカットになり性能や使い勝手も担保できるという狙いもあるようです。

ここら辺もXC90の開発に時間をかけてコストをかけた分、XC60にもそのデキの良さがフィードバックとして降りてきた、と前向きに捉えることが出来そうな、上質でハイテク、今どきであり他社と比べて見劣りせず、むしろアドバンテージがあるとさえ言えそうな部分です。

特にベージュ系のインテリアは映えるなぁと思います。

Inscriptionの内装

高級感のあるインスプリクション

今回試乗したのはT5インスクリプション(Inscription)と呼ばれる一応2リッターガソリンターボの上位モデルです。

外装にメッキの加飾が少々加わり、足回りが19インチになりレザーが標準でドリフトウッド(流木柄の木目)パネル、フロントシートベンチレーションとマッサージ機能や、リア左右も含めて4席シートヒーター装備など快適装備やヘッドアップディスプレイの追加とグレードアップしていて679万円のモデル。

ヘッドアップディスプレイは安全に寄与するから標準では?と思いましたが、なんでもメーター内の液晶に情報をかなり表示するからそこまでは標準にしていないとのことです。

アウディで言うところのヴァーチャルコックピットのようなものは標準だと言うことですね。

ディーゼルモデルであってもインスクリプションというグレードであれば679万円とこれまたガソリンモデルと全く同じプライス設定です。

廉価グレードにレザーをオプションで20万円で追加するよりも満足度は高いのではないかと、装備の充実という面で売れ筋としてはインスクリプションということではありました。

走りに関してはエアサス仕様もオプションで30万円で選べるようで、乗り心地をスポーティ、ダイナミック、コンフォートなど可変させるギミックが追加できるようです。

試乗者は標準サスで、乗り比べはかなっていませんが、恐らく予算とのバランスによるけどエアサスは不要なのではないかと思います。

よりソフトな乗り心地や高速走行時の車高ダウンによる安定性の向上と燃費の若干の向上、山道などで足回りを固めてロールを少なく、ちょっとした砂利道などのラフロードで車高を上げるなど、後はローダウンを望めば手に入るなどエアサスのメリットはあります。ただ、中古車になった際にエアサスはトラブルのリスクになるので、のちのち中古で探すのであればノーマルサスが狙い目かも(^_^;)

幅広い使い道が想定されればアリですが、そうでない一般的な使い方であれば欧州車的なコーナーでの踏ん張りと適度に絞まった乗り味、ドイツ車(特にアウディやBMW)みたいなハードな感じではないしなやかな乗り心地の良さは標準のコイルオーバーサスペンションで十分であり、その乗り味のフラット感に不満は出ないと思います。


ガソリンエンジンの馬力の良さには触れましたが、トルクについても立ち上がりがフラットで扱いやすく、ディーゼルのような厚みのある力感です。

8速もある日本製・アイシンAW製のオートマとの相性も良く、変速のタイミングがわからないほど滑らか、走っていて今何速なのか?まったくわからないままポンポンと変速し、スルスルと速度を上げていきます。

この辺のフィーリングは8速AT(ZF製)のBMWの変速フィーリングに近い感じで、アウディのようなダイレクト感はない反面、滑らかでこれはこれで効率よく快適性にも寄与していると感じでしょう。

燃費性能はディーゼル

ガソリン車の燃費に関してはカタログ上は12.6㎞/L、となっています。実質の街乗り的には8~9㎞/と、旧型モデルとあまり変わらず、普通~あまりよくないイメージです。

燃費性能としては2018年3月ごろに導入されるディーゼルを待たれよ、といったところです。

値段は同じゆえにサイクルコスト的にはそっちの方がお得かも・・と思いきや尿素SCRの補充があるので1年ごとの補充を考えるとお得感は減ってしまったかも・・

それでも年間に1万キロ前後走るのであればディーゼルが軽油の安さもあってお得、購入時のエコカー減税もあると思うので、使用頻度や状況によりますが、年間5万円前後は安くなるかもしません。

実際のところディーゼルモデルの燃費などは認可の関係で発表できる段階ではないそうですが、恐らく旧型を10%前後改善した18㎞/L~からの数値になる、とのこと。

街乗り的にも12~13㎞/Lくらい走る感じを想像しますが、その辺りは乗ってみないとわからない部分も在りますね。

ディーゼルのトルクの良さや出足のパンチは魅力ですが、チョイ乗りメインであればガソリンモデルの方が良いかもしれません。

逆に年間の走行距離は多くなくても週末に遠出で往復100㎞以上のドライブに出るなどの使い方をされる場合はディーゼルの方が良いかもしれません。

中古車になった時に短距離走が多いディーゼルはススがたまるトラブルの可能性もあるので、走行距離や経過年数で狙い目は微妙に変わってくるかもしれません。

ディーゼルモデルはエンジンの独特のガラガラ音があり、ガソリンモデルの方が澄み切った排気音で好みも解れる部分。まだ新型ディーゼルの試乗をしていませんが、クリアな音質でより高い車内の静粛性を求めるならガソリンモデルを選ぶのもアリ。


どちらにしても新車価格に差がないので、好みで選ぶ所ですね。


試乗インプレ③へと続きます


Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ