攻めのディーゼルNEW XC60 2017年新型試乗インプレ① 乗ったのはガソリンだけどね・・

安全なボルボの最新モデル

中国資本、日本の電装品に駆動系、北欧から世界の自動車の安全基準を決めるようなブランド、ボルボ。

スウェーデンの自動車造りの基本は安全かどうか、ってことで安全性に関してはベンツなどを差し置き世界一のレベルを実現していると言ってもいいでしょう。

国産だスバルくらいしか対抗馬はいない感じです。

安全性で超一級品、というか新型であれば先進的な安全装備はすべて標準、というのがあります。

オプションリストに安全系の追加するものがないくらいです。

数年前からそういう仕様が当たり前になっていて、新車車体価格に追加の自動ブレーキ代などはかからないし、更にはハンドルへの介入支援系の装備までグレード分けで安全性に差がない。仕様に関しては好みで選ぶだけ、となっています。ナビはXC60に関しては全グレード標準。

スキが少なく、中古車になっても価値を維持し始めていて、ある種狙い目な車種として育ってきています。

どこが攻めている?

今回の2017年にモデルチェンジした新型のXC60はどこが攻めているか・・!?



価格です。

というか、ディーゼルの価格です。車両本体価格:¥5,990,000というのがガソリンとディーゼルで同一の価格
なんとディーゼル仕様の価格がガソリン仕様と全く同じ。これは中々あり得ないところです。

例えばBMWであれば同一グレードや装備でディーゼル仕様はガソリン仕様のプラス20万、というのが相場で決まっています。

一種の社内ルールみたいなものですが、メルセデスに関しても、最近ディーゼル仕様を推しているプジョー・シトロエンにしても、ディーゼル仕様の方が高いと決まっています。

装備品に差を付けて価格差をやや大きくするなどの手法もまかり通っているくらいです。

基本的にはディーゼルエンジンは開発や製造に余計にコストがかかると言うのが決まり文句のようなものであって、その定説を覆しちゃうようなボルボの攻めた価格設定と言ったところです。ちなみにXC60のディーゼルモデルから排ガス浄化機構としてアドブルー=尿素SCRというシステムを採用し始めたとのことで、これも導入コストがかかっていそうなところ。

しかし排ガスがきれいになるのと引き換えに残念ながら維持にかかるランニングコストもアドブルーの補充で年間1万円前後上乗ってしまいそう・・保証などのサービスパッケージでコミコミの時もあるかもしれませんが、長期保有時のコストとして頭の片隅に覚えておきましょう。

inscriptionとmomentumとR

ボディサイズとしては
全長:4,690mm / 全幅:1,900mm / 全高:1,660mm

2016年に登場したXC90のショート版の5人乗りアレンジのような感じです。

XC90との比較では約30㎝短くなって2人分のイスを取っ払い、ざっくり200万円安くなったイメージです。

デザインの妙か旧型のXC60と比較するとかなり立派な体躯になったかと思いきやサイズはホトンド変わっていません。

最上位モデルの90シリーズとの最大の差別化としてはXC90にはディーゼルの設定がいまのところない、ということもあります。

XC90に関してはラグジュアリーな世界観の維持のためにガラガラと音のするディーゼルは日本仕様ではまだ導入しないことになった、とのこと。

残念ではありますが、ガソリンターボの澄み切った回転感の方がフラッグシップの相応しい、というのと、ディーゼルモデルを導入するのにかなりのコストがかかり、それでいて大して台数の稼げないフラッグシップゆえに割り切った、という懐事情もあるようです。

モデル導入の事情は違いますがマツダのCX-5→からのロングボディ7人乗りのCX-8を追加したのと逆の手順での登場となりました。2000年頃は同じフォード傘下で共通する部分の多かったマツダとボルボですが、今は全く関係はないようです。ノウハウや車体づくりは似通っている部分はもしかしたらあるかもしれませんがね。

NEW XC90 超速レポート① ボルボ史上初の1000万越えのデキとは?まずはアウトラインを

599万円のモデルでミッドサイズSUVの4WDディーゼルモデルが選べる、ということで、ボルボXC60、注目であり狙い目です。

グレードの違いと価格

モメンタムとインスクリプションとグレード分けされているものの、違いがなんとなくわかりにくいというのもあるかもしれません。

ボルボ的には中間グレードがモメンタム、XC60だと599万円~でインスプリクションではレザーの質感の上質化や装備品のゴージャスさ・質感や見栄えの良さをグレードアップしています。

インスプリクションはキラキラしているかも

安全装備の差別化はなく、パワユニットも同一、あとは内外装の質感を選ぶというものです。


ちなみに旧型XC60 に関してはディーゼルモデルでは4WDを選ぶことが出来ずFFとディーゼルの組合せでガソリンと4WDの組合せでした。新型は現状では4WDしか設定がないとのことで、逆にFFは選べない感じです。

BMWやメルセデスベンツ、変わり種としてはジャガーのF-PACEなどと比較するとプライス的にはボルボは安い感じです。

新型でハンドルへの操作支援など安全装備充実で価格的には激安と言ってもいいでしょう。

まぁ、それでも599万円は一般的には高価ですが・・


試乗インプレ②へと続きます。


ディーゼルモデルではなく、ガソリンモデルの試乗インプレッションとなります。


ディーゼルモデルであるD4は2018年の3月ごろに上陸予定だそうです。


Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ