コスパ重視でキャンプグッズを!チョイスはどうなる?

キャンプ用品を揃えるとき、どの程度のランクのものをどこまで揃えるか悩んだら・・まずは最安値中心のグッズで探してみる!なんていうルールを設定して見るのはいかがでしょう?
やすい物は初心者向き、とは思いません。むしろ安い物で揃えすぎると不便だったりすることもあったりします。でも、最初から最高のグッズで揃えようとすると予算に際限がなくなり、物が溢れてしまって使いこなせなかったりするかも。良い物でも出番が少ないと活用できなくて勿体ない思いをすることもあるかもしれません。
そんな時の最安値ルールでのチョイス!
71MERuGCVsL._SX425_.jpg
はい!
来ました!!
キャプテンスタッグの寝袋1,000円チョイ!!

コスパ最強ですね。
キャプテンスタッグの製品はアウトドアショップやホームセンターなど、幅広く取り扱いがあったりしますが、店頭での実売価格は2,000円~3,000円くらい。定価なんてものはあってないようなものなのかもしれませんが、通販であれば1000円台で購入が可能です。
こういったアイテムであれば買っても後悔はないでしょう。
そして使い道としては掛け布団的に使うこともできたり、セカンドシュラフとして活用したり、お泊りの時の寝具としても活用出来たりもします。
続いてキャプテンスタッグ キャンプマット
こちらは地面のデコぼこを緩和する下敷きマット。イメージとしては敷布団的な感じです。

アウトドア用品ですが、家でも活用の道はあり。
雑魚寝のお供に使うこともできます。折りたたみ具合によっては枕のように端を盛り上げて使うこともできて便利です。
安いテント。これで宿代がゼロ円になるという優れもの。
快適性が欲しければグレードアップしていけばいいものですが、まずは最低限の装備をそろえるだけで初期投資10,000円以下で宿代ゼロ円ツーリングが可能になってきます。まぁ、キャンプ場ではサイト使用料でいくらか徴収されることもあると思うので完全にタダというわけには行きませんが、かなり安く抑えることが出来るようになると。

数回使用すれば元が取れる4000円台と言うのお値段、チャレンジしてみても良い金額かと。
ロゴスなどのブランドのものだと同じようなサイズ感で7,500円前後。コンディションの悪い天気の時の快適性は上がります。

コンパクトなローテーブルはあると便利というか、ないと不便かも?
ちょっとした荷物置き、食事のテーブルとして重宝します。1500円弱で手に入るのでおすすめ。

多分、イスよりもこっちの方が優先順位が高いと個人的には思います。
アウトドアやキャンピングだけでなく、ツーリングやロングドライブのお供にこういったアイテムたちは役に立ちます。寝袋一つでアウトドアに目覚める人もいたりしますので、まずはアイテムを手に取ってみる、転倒で見てみる、そして激安アイテムでも道具を揃え始めてみるというのも面白いでしょう。
Try it!

コスパ重視でのチョイスとまた違った角度からアイテムにスポットを当てた記事など、良かったら参考にしていただければと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です