プチアフリカツイン?CRF250ラリーに跨ってきた!(試乗はまだよ)

シングル版のアフリカツイン?

単気筒でアフリカツインに似せたバイク造ったらこうなるか・・そしてBMのGSのようなヘッドライトだな、と言うのが第一印象。


CRF250 RALLYの試乗がまだできなかったのでとりあえず跨っただけですが、ブログにしたいと思います。


CRF450 RALLYというダカールラリーを戦うホンダのモトクロッサーを彷彿とさせるフローティングウィンドスクリーンと、フレームマウントされた左右異形の二眼の高輝度LEDヘッドライトはBMWのGSシリーズを模した物なのか?というくらいにそっくりであります。アドヴェンチャーイメージってそういうところからもインスパイアされている感じです。



画像はR1150GS この世代から異形2灯ヘッドライトを採用していりアドベンチャーツアラーの頂点ともいえるシリーズ。



ツーリングバイク最高峰R1200GSはなぜ最強と言われるのか? の記事にまとめていますが、現行のBMWでは1200Cの水冷水平対向モデルに進化していたりします。


とまぁ、デザインの話からCRF250RALLYを読み解くと、アクセントとなる部分と機能的な部分でやや形も似てくると言うのは必然なのかもしれません。CRF1000L アフリカツインにも、もちろんデザイン的には共通項があるように思います。

気になる足付きは



車体の前後長は250なりの物で、共通部品を多くするCRF250Lと同じようなディメンション、シート高は895㎜となっていてかなり高め、LD仕様では65㎜ローダウンされるとシートは830㎜まで下がるそうです。

ローダウン仕様であればヤマハのセローくらいの感じになるとか。

跨るとかなりサスストロークが大きく車体は沈み込み、足つきは厳しいなりにどうにかなるとは思いますが、短足泣かせではありそうです。


不安な方はローダウン仕様をチョイスすると良いかもしれませんが、リンクとシートとサスの突き出し等々で大きくダウンの65㎜、足回りの特性的にもちょっと変わってしまっている・・とは店員談。

乗り比べることが出来ればベストですが、ローダウン仕様ではない方が、本来の豊かなサスストロークと運動性能を堪能できるとのことでした。

装備のグレードアップと価格上昇


タンクの容量をアップするなどでベースモデルのCRF250Lよりも10%ほど重量増となったようで、その分ディスクローター系をちょっと大きくして対応しているらしい。



ハンドル、メーター周りは250㏄クラスとは思えない高機能の物があるように感じます。


ここだけ見ればアフリカツインとかのステアリング周りに見えなくもない。



お値段はABSの有る無しで変わります。


ABSなしのモデルで648,000円 ローダウン仕様も値段は一緒です。


ABS付きで702,000円となっていて、TYPE LDでも同じ価格。


ベースとなったCRF250Lよりもだいたい15万円くらい価格上昇していると思いますが、ツーリング特性を高めた別個のブランニューモデルとすれば納得の良く値段と言えそうではあります。

エンジンのチューニングも少し変わっていて馬力もトルクも環境性能も若干ではありますが向上しています。


オプションも豊富にあり、自分仕様にカスタムも可能でしょう。社外パーツなども汎用部品も含めてアマゾンで安く出回っています。



林道ツーリングなどをからめたキャンプなどに繰り出すのが楽しくなりそうでありますね。


CRF250RALLYの値引き的には5万円前後と言ったところで、納期は1~2か月かかるかも?とのことでした。

少し長めに見てもらっているとのこと。

ちなみに試乗車が無かったのは3月に登録すると税金かかっちゃっても勿体ないとのことでしたが、4月以降に試乗車を用意して販売促進、ゴールデンウィークころまで盛り上げたい、みたいな感じだそうです。


さらに決算の時期でCRF250Lの新車が40万円を切る価格で売られていた・・新車価格47万くらい、約20%オフとなかなか安い値段がついてましたが、250ラリーの影に霞んで在庫になっているのかも。


まだ跨って弄くり回しただけではありますが、期待の一台ですね。

アフリカツインよりもオフ車!CRF250RALLY仕様インプレ①

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です