スタッドレスや夏タイヤの保管方法のベストは?

タイヤの保管

結論から言うと、


タイヤ単品で保管するなら縦積み


ホイール付きのまま保管するなら横積み

積み方の理由


なぜかというと


タイヤ単体の場合、横にして4本積み上げると下のタイヤが重さで変形する可能性が、


逆にホイール付きを縦積みにすると、今度はホイールの重みでタイヤが変形してしまう恐れがある、

ホイール付きの場合は、空気圧を抜けるところまで抜くこと、タイヤのテンションを下げることで、ストレスがかかりにくくできるそうですよ。

人間もテンションあげっぱなしだと疲れてストレスとなるように、車も力を抜いてあげましょう。

夏タイヤ、スタッドレスと、履き替えることで路面に合わせた安心感と、両方のタイヤの寿命をバランスよく維持している人も多いかと思いますが、寿命を伸ばす保管術として、
タイヤを保管する前には中性洗剤などでざっと洗いましょう。

夏場は海辺の近くにドライブにいって潮(塩)風を受けたり、冬場は凍結防止剤の撒かれた路面で塩カルを受けたり、そういうスポットに行ってなくても排ガスやブレーキダストを浴びていたりと、ダメージの元となりそうなものは洗い流してから保管が良いでしょう。

保管用のカバー

タイヤ1個1個にカバーするとベストです。

横積みならこういったカバーを


タイヤ預かりサービスといものも利用してみると良いかも。


昔はディーラーでサービスで(無料で)預かったりしてくれていたような気がしますが、イロイロな不公平感やトラブルなどあって最近は有料になってきています。

月額でいくら、とか、季節でいくらとか、問い合わせてみても良いかも。


タイヤ交換のわずらわしさから解放されるオールシーズンタイヤという選択肢もアリ。

スタッドレス要らず!? オールシーズンタイヤのススメ!

の記事も参考に。

ダンロップルマン4を推す理由 パクられるってことはやはり・・・

各種タイヤ記事もよかったらどうぞ。

アマゾンで買ったカー用品が取り付けできるって知ってた?オートバックスとかで!

ネット通販と近所のカ―ショップ、両方うまく活用して快適なカーライフを。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です