ミニ5ドア 価格対価値のベストバランスは? 試乗レポート④

「小さな高級車」というカテゴリの高い要求を満たすのは常に希少な存在である。
日本車でもコンパクトでプレミアムを狙って、トヨタオーリスやブレイド、日産で言えばティーダなど、チャレンジングなモデルはあるけども一過性のヒットは出ても中々どうして成功に至ったモデルとは言えません。
クルマにより快適性なり、品質を求めるとボディは大きく重くなり、モデルチェンジ毎にどんどん大きくなって魅力を失い名車としての誉や販売面で不信を招くと言う、矛盾を抱えているものです。
ミニにはサイズ上のライバルはいても、ファッション性と品質とのバランスを考えた時、ライバルは見当たらないモデルと言えます。その魅力の本質は小ささとのバランスに尽きます。3ナンバーになったと言っても、ミニ5ドアは良い車に間違いはありません。これからはクラブマンに大型化を譲り、これ以上大きくならないように祈りましょう。
image_6.jpg
そんなミニの5ドアですが、2014年のデビューで現行型が5ドアとしては初代に当たるため、5ナンバーの5ドアなんてものは絶対にないので、3ナンバーを許容するしかありませんが、全幅が1725㎜と5ナンバー基準から25㎜幅がオーバーしているだけ、ボディの片側で1.25㎝のオーバーでしかありません。マンションなどの機械式の立体駐車場で1750㎜が許容のところにもなんとか入るので、コンパクトといっても間違いはないでしょう。
●車両本体価格
ONE
¥ 2,550,000 (消費税込)
COOPER
¥ 2,980,000 (消費税込)
COOPER D
¥3,180,000 (消費税込)
COOPER S
¥ 3,620,000 (消費税込)
COOPER SD
¥3,820,000 (消費税込)
基本的には価格は3ドア+18万円となっています。これなら5ドアを選びたくなりますよね!
いいぞ!MINI JAPAN!(というかBMW JAPAN!)
SとSDのみナビ標準、ガソリンモデルが50万円刻みくらいでグレードごとに価格上昇、ディーゼルモデルは同じグレードのガソリンモデルに比べて20万円高になっていると言った感じです。
エコカー減税や燃費、軽油による燃料そのものの価格安、低速でのトルクの豊かさで行くと、クーパーD、オススメグレードになります。
ガソリンエンジンでの切れの良さ、回転上昇フィーリングの滑らかさを求めるならガソリンエンジンを選ぶのもありです。
特にクーパーの1.5リッターターボはクーパーS要らずと言えるくらい、力感や鼓動感が良く、パワーが物足りないと感じることは無いと思われます。
オプション単品としては
メタリックカラー 6万円~
フルレザー 32万円~
ハーフレザー 約15万円
image_5.jpg
その他の加飾パネルが 約3万円
ドアのアームレストの加飾が 約1.5万円
LED ヘッドライト+ LED フロント・フォグ・ランプ 103,000円
image_2.jpg
パーキング・アシスト・パッケージ (フロント&リア PDC含む) 123,000円
ナビゲーション 178,000円
などなど
その他にグレードによってペッパー ・ ミント などのスパイス由来のネーミングのパッケージオプションがあり、組み合わせて自分だけの一台を作り上げていくことが出来るのもミニの良いところ。
オプション着けて350~400万円以内に抑えるのが売れセン、とのこと。ワンのグレードにポータブルナビを自分で後付けして乗り出し300以内に抑えるのも通としてはアリかと思います。正直なところ上級グレードのSやSDはスポーティでパワフルなコンパクトカーが好きな人以外にはオススメとは言えず、ミニの世界観を存分に堪能するならクーパーにオプション、ミニの素材の良さをコスパを極めて味わうならワン、と言ったところです。輸入車はエントリーグレードが美味しい、という人もいるので、そういうのもアリです。
3ドアと比べてリアのダンピング特性変更があるそうですが、乗り心地が若干マイルドになっているのと、MINIっぽさというフィーリングを再現しているので、MINI初心者にもオススメできます。価格的には国産車だとミニバン買えちゃう価格帯にはなるので、家族の理解を得られるかは難しいかもですが、スタイリッシュな車として一押しできますね!

展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。