リバイバル記事再掲・ワーゲンe-up!試乗インプレ・ID4へと続方向性

6〜7年前の試乗インプレッションを大幅に加筆修正して再掲載。


※当サイト内アフィリエイト広告等が表示されます


VWのID.4に試乗してきているので、e-up!についても紹介しておきます。

ID.4の試乗インプレについては後日UPします。

導入されなかったe-UP!

フォルクスワーゲンの黒歴史。

ディーゼル不正、そしてEV導入の遅れ。

特にディーゼルの不正はひどく、世界的なニュースになり、ワーゲンのディーラーでは一時開店休業状態になっていたこともありました。

ディーゼルの不正問題はワーゲンの悪質な企業としての体質を浮き彫りにした、2015年のニュースですね。

との当時のワーゲン車の下取りや買取、悲惨な額であったと言い、DSGの信頼性の低さと相まってワーゲン・アウディの買取は厳しい状況は今でもあまり上向いていません。

輸入車を購入するならメルセデスベンツかBMWにしておこう、とそうなりますよね。(イタフラ車も結構悲惨です)

ワーゲンのディーゼル不正に巻き込まれる形で、欧州はディーゼル車のトレンドを捨て、無理くりEV:電気自動車へと方向転換。

マルチにパワーユニットを展開するワーゲンではそれで息を吹き返そうとしていましたが、日本ではまさかのe-up!の導入見送りという大事故を起こしていたりしましたwww

2014年10月に電気自動車(EV)『e-up!』の導入を発表したものの、急速充電システムが国内の急速充電器のすべてに対応していないことが判明し、それを建前に2016年にデリバリーを断念していました。

国内向けのカタログまで配布して、試乗車も配備していたのに、です。

EV版UP!

フォルクスワーゲンのup!(アップ)EVでないガソリンモデルは日本向けには廃盤になっています。2019年には日本国内販売終了していますね。

EV版は大々的にニュースを発しておきながら、販売すらされませんでした。

世界的にはe-UP!は人気で継続販売しているようで、一時期は納期が1年を超えるなどもあったものの、要するに日本市場ではオワコンにされたってことです。

ブランドイメージや信頼感など、日本人が一番シビアなのかな?

EV版のup!

up!の価格は200万円を下回っていて、なんなら当時は高価格路線になりつつあった軽自動車よりも乗り出しが安いなどの強さもあった。

ところがEV版になった時の価格設定は360万円程度と、ベースモデルの倍近くになってしまった。

そして航続可能距離に関しては当時のカタログ値は180km程度、だがしかし、セールストーク的には実測100km行くかどうか…というかなり絶望的な数値に。

2022年に登場した新型SAKURA(サクラ)やekXEVって、実は安くて高性能なのでは??と気づかせてくれるモデルなのかも、と今となってはe-up!は旧世代の噛ませ犬だったようにも見えてくる(笑)

e-UP!のサイズやスペック

試乗したe-up!のボディサイズは全長3545×全幅1650×全高1495mm。

5ナンバーのコンパクトハッチバックで、コストカットの割り切り仕様が顕著なモデルでした。

シンプルで価格の低さを狙ったモデルであり、リアウィンドウが開閉しないとかの割り切りもすごかったupがベースでした。

e-UP!は82馬力で最高速は130km/h程度とされ、軽自動車よりかは幾分かハイスペック。

ただし、車重は重く、ベースモデルよりも200kg以上もヘビィになっています。

加速感や減速感はEVっぽさを感じさせない感じで、ハンドリングも同様。

DモードとBモード、エコモードや回生ブレーキレベルを4段階から選べるなど、EVっぽさを感じさせない運転フィールと、EVっぽくワンペダルで走行出来るような強い回生ブレーキとをセッティングしている感じです。

こういった制御の方向性は急速なEVへのシフトの中での過渡期としてのもので、EV慣れてしていない多くのユーザーへの対応を思われます。

今後EVの操作・走り、制御のスタンダードな方向性が定まっていけば変わっていくものでしょう。

まとめ

当時のe-UP!でも違和感のない制御を目指していて、2022年に日本にやっとこさ上陸したEV・ID.4もそっち系ということになりますね。

当時も乗りやすさ、扱いやすさを打ち出していたものの、実走行航続距離のレベルの低さに価格は高くなり過ぎていたけれども、ID4では真っ当な価格に着地しています。

ID.4でようやくスタートラインという感じですので、検討される方ようやくって感じですね。

善き車選びを!

Follow me!

まずはお気軽にネットから♪ 楽天Car試乗

さてさて、2023年も引き続き納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年となっていますね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢が増えてきています。

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

その他にも、『一括査定は電話なりやまねーぞ!』 でおなじみの? やりとりするのは高額査定の3社(最大)のみといった2度目に選ばれるサービスだぞ!とPRするところももあります。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

ここまでの選択肢を検討し尽くせば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ