ついに来た! ミラーの無い車の時代!

カメラとモニターで後方視認する「ミラーレス車」が6月18日、日本が世界に先がけての許認可に!
20160618-10246721-carview-000-2-view.jpg
国際的な車両型式認証の相互承認制度(IWVTA)の象徴ともいうべき「ミラーレス」車の生産が解禁へ!ミラーレスといってもデジタル一眼レフではありません(;´・ω・)
ドアミラー(一部はフェンダーミラー)による後方確認する機能が求められてきたが、その機能をカメラとモニターを使って代替することが許可されていくというのが世界的な流れ。日本は意外にもその先駆けとなって保安基準が改正されました。
保安基準では、バックミラーのことを「後写鏡」と堅苦しく呼びますが、新たに解禁される電気的なシステムは「カメラモニタリングシステム(CMS)」といきなりハイカラに(笑)
改正された保安基準では、現在の後写鏡と同等の視界や表示時間、倍率、取り付け位置などを求めていて、実際のところ電気的なシステムということで、鏡に比べて解像度が不足することやモニターの表示遅延、チラツキなどネガティブな要素も思いつかないわけではない。ですが、現代の自動車用のアイテムの技術水準では問題なくクリアできることは間違いありません。コストはかかるでしょうが・・・
ネガティブに考えれば、液晶モニターで見ることが眼の疲労につながるとか、車内に液晶の光がまぶしいとか、不慣れなデバイスは事故の元になるとか、そのせいで値上げになら今まで通りで良い、とかいくらでも上げ足は取れそう(笑)
メリットとして、ドアミラーをぶつけることもなくなり、空気抵抗では有利に、鏡よりもカバーできる視界が広がり各種センサーや警告も可能になるのではないか?というところです。ドアミラー内などにコーションを出す機能は広まっていることもあり、その発展型の登場もありそうです。自動運転のセンサーのひとつとして活用できるなど、可能性の扉を開けてくれると思います。
20160618-10246721-carview-002-2-view.jpg
20160618-10246721-carview-004-2-view.jpg
カメラモニタリングシステム:CMSはコスト高になるでしょう。変化を嫌う保守的なユーザーも一定数は見込まれます。そんな中で、ブランドが最新技術を競う高級車への装着は増えて、デザインや空力にこだわった高級スポーツカーへの採用も出てきて、そこからまたフィードバックで普及していく流れでしょうか?
86やロードスターとか、スポーティでそこまで高くない車で広がってくれると面白いんですけどねぇ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。