レクサスのこだわりインテリア 良し悪しあるのね NX試乗インプレ②

レクサスブランドの立ち上がりから、ようやくヒット作となったと言えるモデル、NXシリーズ。今一つヒット作に恵まれませんでしたが、NXは2014年の発表当時は7か月の納車待ちが出るほどのヒットモデルでした。

2~3世代前のハリアー(米国ではRX)が日米で大ヒットしたにも関わらず、モデルチェンジの度に大型化するRX、レクサスジャパンで売れ筋のSUVを欠いていた中、満を持してと言うべきか、旧レクサスRX(ハリアー)に変わってプレミアムコンパクトSUVと呼ばれるものがNXですね。サイズもコンパクトと言うには大きいディメンションですが、旧世代のハリアーくらいのサイズで使い易いサイズに。トヨタにおいてもハリアーサイズのSUVを求める声が多く、ハリアー復活となったりもしましたね。
img_f_interior_01.jpg
NXのインテリアもエクステリアのダイナミックさと共通のテイストで、アグレッシブさが見て取れます。レクサスの他のモデルと同じフィロソフィーに沿ったインテリアの仕立てではありますが、より立体的なデザインをもって、NX独自の世界観を作っていると思います。
img_interior_01.jpg
Fスポーツだとブラック基調のインテリアパネルになりますが、Version LやI packageなどでは4色のレザーに数パターンのパネルやダッシュボードのレザーカラーなど選ぶことも出来、色遣いやレザーに、覆う面の使い方でかなり目を引くものがあるかと思います。加飾のパネル、木目などはオプションで選んだとしてもあまり面積が大きくなので見栄えの変化は少ない感じです。純正の物や、おすすめの組み合わせで十分でしょう。レザー(一部合皮のグレードも)の色選びで、赤系や茶系のものを積極的に選びたくなるデザインの濃さを感じます。アイボリーや黒だと、既存のトヨタ車(レクサスでなく)っぽくなっちゃいそうな感じもありますね。ナビは標準装備、操作は手元のタッチパッドで行うタイプとなります。
img_remote_touch.jpg
解り易く難点を上げるとしたら、タッチパッド式となったリモートタッチコントローラーの使いにくさ。おそらく大半の人の利き腕ではない左手の指先での操作はかなりの慣れを必要とするような気がします。さらに言えばスイッチ数が異常に多く、ごちゃごちゃし過ぎ。日本車の割に使いにくくて操作し辛いという気の利かなさにビックリする人もいるでしょう。使う人の器用さや慣れにもよりますが、インターフェイスはできるだけドライバーの注意をそらすべきではなく、メルセデスベンツのコマンドシステムなどのダイヤル式の真似をするべきだとも思います。レクサス車全般に言えますがスイッチ多すぎで、以前のモデルなんか漢字でスイッチに文字振ってあって幻滅ものでしたからそこからはマシになっていますが。
img_interior_design_02.jpg
センターのLEXUS文字入りのアナログ時計も目障りなのでは良いしした方が良いでしょう。メーター内、ナビにデジタルウォッチあるし何個目よ・・・と思います。ベンツSクラスのIWCの時計をはめ込んでいるのとか、クラシックブリティッシュカーの真似しても痛々しいのよね。
img_flush_comfortable_space_02.jpg
室内空間はそこそこ広めです。ですが、エクステリアのデザインのダイナミックさと引き換えに、リアシートのガラス面が狭く、広々とは感じられないのが残念です。
img_exterior_carousel_03.jpg
後席にはあまり人が乗らない前提の、パーソナルでコンパクトなSUVということです。ライバルとされるレンジローバーイヴォークやポルシェマカンなどよりはリアスペースは実用面では劣ったりはしません。それらのモデルよりは広々感はなくとも、全般的に快適性や居住性では勝っていると思います。BMW X1は意外とリアシートは広め(荷室は狭め)などメーカーにより割り振りがことなるので、実際に乗り比べてみるのが良いかと思います。日本車的な限られた中でのスペースの作り出し方であり、バランスよくリアシートとラゲッジスペースに振り分けられていると思います。
乗り心地、座り心地に関して、前席に関してはかなりハイレベルだと思います。ハンドリングの良さと、高速走行時のフラット感、安定感の高さは欧州製のスポーティなSUVに遜色ないレベルと言っても良いかもしれません。ライバルと想定されるモデルは600~800万円くらいの価格帯が多かったりするので、NXの500万円前後のプライスと言うのはけっこう魅力的な設定なのかもしれません。
さらに続きます。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です