レクサスのこだわりインテリア 良し悪しあるのね NX試乗インプレ②

NXで復活の狼煙

レクサスブランドの立ち上がりから、ようやくヒット作となったと言えるモデル、NXシリーズ。

レクサスの日本展開は今一つヒット作に恵まれませんでしたが、NXは2014年の発表当時は7か月の納車待ちが出るほどのヒットモデルでした。

2~3世代前のハリアー(米国ではRX)が日米で大ヒットしたにも関わらず、モデルチェンジの度に大型化するRX、レクサスジャパンで売れ筋のSUVを欠いていた中、満を持してと言うべきか、旧レクサスRX(ハリアー)に変わってプレミアムコンパクトSUVと呼ばれるものがNXですね。

サイズもコンパクトと言うには大きいディメンションですが、旧世代のハリアーくらいのサイズで使い易いサイズに。

トヨタにおいてもハリアーサイズのSUVを求める声が多く、ハリアー復活となったりもしましたね。

インテリアの凝った造詣



NXのインテリアもエクステリアのダイナミックさと共通のテイストで、アグレッシブさが見て取れます。

レクサスの他のモデルと同じフィロソフィーに沿ったインテリアの仕立てではありますが、より立体的なデザインをもって、NX独自の世界観を作っていると思います。



Fスポーツだとブラック基調のインテリアパネルになりますが、Version LやI packageなどでは4色のレザーに数パターンのパネルやダッシュボードのレザーカラーなど選ぶことも出来、色遣いやレザーに、覆う面の使い方でかなり目を引くものがあるかと思います。

加飾のパネル、木目などはオプションで選んだとしてもあまり面積が大きくなので見栄えの変化は少ない感じです。

純正の物や、おすすめの組み合わせで十分でしょう。

レザー(一部合皮のグレードも)の色選びで、赤系や茶系のものを積極的に選びたくなるデザインの濃さを感じます。

アイボリーや黒だと、既存のトヨタ車(レクサスでなく)っぽくなっちゃいそうな感じもありますね。

タッチパッドでのナビ操作は△

ナビは標準装備、操作は手元のタッチパッドで行うタイプとなり、慣れを要するちょっと独特な操作系かもしれない。

やはり、解り易く難点を上げるとしたら、タッチパッド式となったリモートタッチコントローラーの使いにくさ。

おそらく大半の人の利き腕ではない左手の指先での操作はかなりの慣れを必要とするような気がします。

さらに言えばスイッチ数が異常に多く、ごちゃごちゃし過ぎ。日本車の割に使いにくくて操作し辛いという気の利かなさにビックリする人もいるでしょう。

使う人の器用さや慣れにもよりますが、インターフェイスはできるだけドライバーの注意をそらすべきではなく、メルセデスベンツのコマンドシステムなどのダイヤル式の真似をするべきだとも思います。

レクサス車全般に言えますがスイッチ多すぎで、以前のモデルなんか漢字でスイッチに文字振ってあって幻滅ものでしたからそこからはマシになっていますが。

上っ面の高級感はやめておけばいいのに…



センターのLEXUS文字入りのアナログ時計も目障りかもしれず、無視した方が良いでしょう。

メーター内、ナビにデジタルウォッチあるし何個目よ・・・と思います。ベンツSクラスのIWCの時計をはめ込んでいるのとか、クラシックカーの真似しても痛々しいのよね。知らない人からすればコレはコレで高級に見えるのでしょうが、そういう人をなんとなく目先の高級感で気を引いてる感じがして、ちょっと姑息な感じがイヤだわ。

リアシートはそこそこ


室内空間はそこそこ広めです。ですが、エクステリアのデザインのダイナミックさと引き換えに、リアシートのガラス面が狭く、広々とは感じられないのが残念です。

後席にはあまり人が乗らない前提の、パーソナルでコンパクトなSUVということです。

ライバルとされるレンジローバーイヴォークやポルシェマカンなどよりはリアスペースは実用面では劣ったりはしません。

それらのモデルよりは広々感はなくとも、全般的に快適性や居住性では勝っていると思います。

BMW X1は意外とリアシートは広めなどメーカーにより割り振りが異なるので、実際に乗り比べてみるのが良いかと思います。

日本車的な限られた中でのスペースの作り出し方であり、NXはバランスよくリアシートとラゲッジスペースに振り分けられていると思います。

運転席が特等席

乗り心地、座り心地に関して、前席に関してはかなりハイレベルだと思います。

ハンドリングの良さと、高速走行時のフラット感、安定感の高さは欧州製のスポーティなSUVに遜色ないレベルと言っても良いかもしれません。

ライバルと想定されるモデルは600~800万円くらいの価格帯が多かったりするので、NXの500万円前後のプライスと言うのはけっこう魅力的な設定なのかもしれません。
さらに続きます。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ