BMW グランツアラーバイヤーズガイド②

BMW製の7人乗りミニバン 2シリーズグランツアラーの購入ガイド 続編です。


BMW グランツアラーバイヤーズガイド①


からの続きです。


Mスポーツとラグジュアリーの微妙な装備の相違点などを中心について記事にしていきます。

ラグジュアリーのハンドル・インパネ周り
 


パネルは濃い目のウッド 高級感があります。


明るい色の内装も選べます。広々したイメージでラグジュアリーなイメージに合います。

アイボリーのレザーや内装は汚れが目立ちそう・・・と言う方がいますが、そこそこ手入れをすれば意外と汚れても目立たない、というか、そもそも革はそんなに汚れが染み込みにくくて汚れにくいと思うので、アリだと思います。



レザーシート、シートヒーター、パワーシートなど上級装備が装着されます。


アンビエントライトという、インテリアトリムの縁取り部分を間接照明的に照らすものもついているはずです。

10万円くらいのオプションでMスポーツにも装着可能だっとかと思います。

オレンジの明かりと白系の明かりの色味を選べて光量も調節可能、夜のドライブのラグジュアリー感の演出に役に立つアイテムです。昼でも色味はわかる位明るさはあるので雰囲気を変えるのにも使えます。

Msportsのハンドル・インパネ周り


3本スポークのステアリングの形状がラグジュアリーに比べてちょっとシャープです。


写真のパネルの色はピアノブラック(オプション)標準だとシルバーのカーボン模様、スポーティな感じに。パネルの面積が広いので、結構スタイリッシュです。


レザーはオプション レザーにしても電動のパワーシートにはなりません。ランバーサポートのみ電動調整という謎の仕様になります。シートヒーターは付きます。


標準のMスポーツだとレザーとアルカンターラ的なものとのハーフシート、ワーゲントゥーランのハイラインと似た感じになります。
シートの座面、腿の裏の部分がスライド調整可能で、腿裏のサポート感も良くできます。シート全体のボリュームがラグジュアリーよりもあり、スポーツ走行の時はもちろん、長距離のクルージングも快適です。

218i スタンダード 368万円 ・ラグジュアリー 418万円 ・Mスポーツ 414万円
218d スタンダード 389万円 ・ラグジュアリー 439万円 ・Mスポーツ 435万円
220i スポーツ 434万円 ・ラグジュアリー 458万円 ・Mスポーツ 462万円
エコカー減税が9万~15万くらいあるので乗り出しの時は諸経費などまとめて多少は割安になるかもしれません。

2015年6月のデビュー当時より7~10万円値上がりしています・・・


年次改良や為替の影響で4月に金額改定しているはほかの車メーカーでもあるので仕方ないですが・・・

別途オプションで
メタリックカラー77,000 大概の色がコレ必要・・・


アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ 13万円 コレは安全のためにも強くオススメ!

レーン・ディパーチャー・ウォーニング、車線はみ出し警報とハンドルに振動が来るタイプ。全車速対応のアクティブクルーズコントロール、ほぼ渋滞でも高速道路でも、停止しても使用できるタイプ。アクリル板に照射されるタイプのヘッドアップディスプレイ装着される。


コンフォートパッケージ 13.3万円 便利な機能をグレードアップ


キーレスアクセス、持ってるだけでエンジンかけたりドアロックできたりするタイプ、テールゲートも足をかざすと開けられるタイプのオートマチックテールゲートオペレーションとかいうものに。

Mスポーツをレザーにする、パーフォレーテッド・ダコタ・レザー:ブラック/ブルー・ハイライト221,000 円
※レザーにはなるけど電動にはならない・・・電動パワーシートは別途10万円くらい。レザーが良ければラグジュアリーを選ぶことをお勧めします。Mスポのレザーは割高です。


パノラマサンルーフ 20.9万円
ルーフレール 10.7万円 2015年9月以降の追加オプション、ディーラーで後付けもできるらしいが、工賃を追加でかなり高めに取られるとか・・・
TVチューナー ディーラーによる 15~20万円
スモーク(プライバシーガラス) ディーラーによる 4万円~
アイドライブ(ナビやTV・DVD再生) 走行中に使用可能にするコーディング 3万円くらい?ディーラーによってはやってないかも。キャンセラーのアイテムを手渡されて、自分でやるように指示されることもあるようです。


※正確な車体価格、オプション価格、組み合わせでの価格などは販売店で正確に見積もりを取りましょう。時期によって金額が安くなったり高くなったり設定なくなったりしている可能性もあります。


オプション色々ありますが、私のオススメ一択、
パワーもかなりある2リッターターボディーゼル(8速AT)カタログ燃費22・2km/L の218d グラン ツアラーラグジュアリーにアドバンスドセーフティパッケージ装着が良いかと。Mスポほどルックスがいかつくなく、クラスを超えた走りと内装に高級感があり、2列目はかなり広く人数も乗れる。リアシートのアレンジによっては車中泊も可能。

500万以下で、輸入車に求められる価格以上の装備の充実ぶりと、内外装の豪華さが得られるように思います。

ホイールの細かなフィンもアルピナ的なヨーロッパ風の美しさに見えてきますね♪


値引きは10万円くらい、在庫抱えている車が見つかれば25万円前後は行けるかも。
細かくオプションオーダーは3か月待ち~を覚悟しましょう。
まずは試乗ですね!

試乗インプレ③ へと続きます。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。



90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に一括査定を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です