BMW グランツアラーバイヤーズガイド③ 装備紹介続編? おまけ

あまり紹介されない2シリーズグランツアラーの装備品をピックアップ!


上級グレードを食っちゃう装備?の数々を紹介していきたいと思います。


輸入車が高価な理由を知れば、購入する動機になるかもしれません。2シリーズに限らず、ウェブにあまり載ってない情報とか、カタログを見ただけではわからないものもあると思うので、補足になれば。


ヘッドアップディスプレイ


アドバンスドセーフティパッケージでセットでついてくるもの。


スピードの表示、ナビの案内、クルーズコントロールの作動状況、情報やCDなどによっては音楽の曲名情報などが視線移動少なく見れます。



慣れは必要ですが、ハンドルのスイッチやジョグダイヤル風のもので操作可能。


左がクルーズコントロール系のコントロール、右がオーディオの音量や曲送りや電話の着信受けるとか出来たような・・・


グランツアラーに標準のナビ、操作はタッチパネルではありません。


センターにスイッチ類があってシフトレバーの脇に末型のダイヤルコマンダーとメニューボタンで操作。


ナビの画面の周りにたくさんボタンが並ぶ煩雑なタイプではない。



idrive コントローラー 2000年初頭位の7シリーズからスタートしたと思われるロータリーダイヤルでのナビ操作コマンド。おそらくBMWが使い物になるこのシステムを先駆的に取り入れて、他のメーカーも後を追ったもののハシリです。熟成されて来ているので、慣れれば有用なアイテムかもしれません。



回したり傾けたり、押したりして使用。上部の面がタッチパッドになってて指先で文字や数字の入力が可能になっています。試してみましたが、書きにくい、読み取り精度悪い、確定して変換するなどの操作がやりにくい等で走行中とか絶対に無理だと思います。普通の文字入力のロジックも51音画面に出てダイヤル回して文字を選ぶとか結構操作に慣れが必要なものです。使いこなせたらスマートでかっこいいかと思います。もしデートでいきなりこの機能を使おうとすると手間取ってカッコ悪いかも。あらかじめデートコースは登録して使えばハイテクガジェット感は女子ウケ良いかもしれません。


すごくさりげない上級装備



LEDヘッドライト オートライト機能もついていたと思います。


コーナリングの先を照らしてくれたりはしなかったと思いますが、光量はかなりあるとか。


自動防眩ルームミラー ETC一体型



自動防眩サイドミラー 自動では畳まれません。キーレスのクローズボタン長押しで閉じるようです。



ルームミラーだけでなく、サイドミラーも後続車のまぶしいヘッドライトなどの光を自動で緩和してくれるようです。高級車かっ!って突っ込みを入れたくなりますね。

熱線入りで曇ったり水滴がついたりもしにくいようです。ヘッドライトと合わせて視界の確保は重要ですね。


キーレスの機能
コンフォートパッケージを選ぶと、持っているだけでエンジンの始動ができるいわゆるキーレスアクセス、キーレスゴー!になります。



コンフォートパッケージであればオートマチックテールゲートオペレーション機能でリモコンでの開閉や足をリアバンパー下にかざしての開閉も可能とのこと。

開閉の角度は前述のidriveのナビの機能で調節するそうです。バンパーの50㎝以内にキーがあって、バンパー下のセンサーで反応、ピーピー警告音なりながら開け閉めを電動でしてくれるとのこと。



使用頻度が高いか疑問ですが、上級車種のセダンやワゴンで採用されているものが普及してきているようです。

頻繁にラゲージを使うならあってもいいかも。


キーレスの開錠ボタンを押し続けると4つの窓を開けられます。リアドアの窓も下まで結構全開に出来ます。


夏場の乗り込む前に車内の熱気を出すのに有効かもしれません。


キーレスの施錠ボタン(BMWのマーク)を押し続けると窓の全閉ができます。

閉め忘れた窓があった時にはそれで閉めることが出来ますね。押し続けるとサイドミラーも畳まれます。


あまり車選びの中で重要な情報というわけではないものを列挙しました。

2シリーズグランツアラー選びの参考に、というよりかは2シリーズ位のランクの輸入車でも装備など充実していると思えば、やや割高な車体価格も納得がいくのかな?とも思います。

ライバルとなるのワーゲンの7人乗り


新型トゥーラン 試乗インプレ も良ければ参考にしてください。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。