試乗記レンジローバーイヴォーク これがランドローバーが考えるコンパクトカーなのね・・・

イヴォークはランドローバーのラインナップの中ではコンパクト、ということになるそうなんですが、全幅が1900㎜・・・これを許容できるかが分かれ目になりそうです。

そんなレンジローバーイヴォーク5ドアのHSEグレードに試乗しました。19インチアルミにレザーシートの上級仕様です。

レンジローバーという名前はランドローバーの最上級モデルを表すもの、大半がLサイズのSUVボディにV型8気筒(モデルによっては+過給機搭載)エンジンで価格は1000万円を超えるものが常識でした。

イヴォークのサイズは、旧型ランドローバーフリーランダーとほぼ同じ顔を変えて名前を変えてイメチェンした感じで、イヴォークに搭載されるエンジンは2リッター直列4気筒ターボ、レンジローバーの名前を名乗るのには大げさに思えなくもないです。

内装は高級な仕立てで、Lサイズのレンジローバーをダウンサイジングしたような雰囲気で、レンジローバーのイメージを売っているのだとわかります。

事実2011年の登場以来、一番の廉価グレードで500万を切るスターティングプライスを設定し、売れています。

実際のところ、フレームはランドローバーフリーランダーのもののキャリーオーバー、改良して使用していて、エンジンはダウンサイジングの2リッターターボ、クーペ風のデザインで、乗員の頭上空間を最小限に抑えスタイリッシュにまとめたもの。

イメージリーダーのモデルは20インチの大き目のアルミホイールを履いているなど、ネーミングとイメージ戦略で見事新しい車種として認知されています。

2014年モデルからは、エンジンは同じままに9速ATが採用され、燃費は6速ATの従来型は9km/Lから、9速ATの新型は10.6km/Lに向上しています。

2リッターターボは240ps・最大トルク:34.7kg・mを発揮し、パワフルな部類に入りますが、車重がかさむためか燃費はさほど良くはありません。

メルセデスのGLCの2リッターターボや、X3の2リッターディーゼルターボの燃費には遠く及びません・・・

高速道路では、9速で100km/hクルージングでのエンジン回転数は1500回転くらい、ほぼアイドリングプラスアルファで走ることになるので、静かな巡行が可能になっています。


全長 x 全幅 x 全高:4,355 x 1,900 x 1,635 (mm)で車重は約1.8トン、SUVでありながら、重心の高さを感じさせない走行安定性がり、ステアリングの反応は機敏な感じです。

アルミホイールがグレードによっては19インチ以上が当たり前、みたいな設定もあってか、良く曲がる代わりに、乗り心地も硬めな感じもあります。

素のグレードで17インチ、装備を少し良くすると自動的に18インチに、さらにグレードを上げると19インチ~ みたいな感じなので、上級グレードでも18インチや17インチの選択もあった方が乗り味を選べるようになっていいかと思いますが・・・上級グレードになるとドライビングモードセレクト的なものでサスの特性を電子制御でコントロールする機能がついて、力技で大きいアルミを履きこなしている感がなくもないです。

ランドローバーの同じくらいのサイズの車で同じ2リッターターボを積んだ新型ディスカバリースポーツがありますが、全長、全高の違いと、サスペンションの味付けからか、ディスカバリースポーツの方がおおらかでマイルドな乗り味、レンジローバーイヴォークは俊敏なイメージです。

ディスカバリースポーツはメルセデスのGLCやボルボのXCシリーズ寄り、イヴォークはBMWのXシリーズ寄りと言えるかもしれません。


前席は大き目のシートで、座り心地も快適、レザーシートは肌触りが良く滑らかです。

後席は足元も、ヘッドスペースも狭めで、大人4名乗車の際には若干の閉塞感を感じるかもしれません。

そのあたりは基本クーペがベースなのだと割り切りが必要かもしれません。

ベージュ、タン、ホワイト系の明るめのレザーシートは車内も明るく開放的になりますが、ジーンズのブルーの色が遷ることもあるようなので、注意が必要ですね・・・試乗車はフロントシートがこすれて少し青みがかっていたので・・・


パッと見のデザインで惹かれるものがありますが、実用面での使い勝手をよく考えて選ぶ必要のある車です。

オフロード性能はすさまじいものがあるそうですが、そういった性能の恩恵を受けることは滅多にないかもしれません。

パッと見のバランスはコンパクトカー風ですが、車幅1900㎜はランドローバーの兄弟車であるディスカバリースポーツよりも広く、運転に気を遣うことも多いと思います。

見た目優先で選ぶ、スタイリッシュなクーペ風のモデルだと言えます。金額がさほど変わらない新型のディスカバリースポーツの方が実用性は高いので、見比べて乗り比べてみて欲しいところです。


新車価格は最廉価グレードで 4,960,000円~
オートバイオグラフィーと呼ばれる最上級グレードで 8,070,000円~

エンジンは2リッターのターボで変わらず、その差は300万円と大きな開きがあります。アルミホイールのサイズ、サスペンションや内装などの違いによるものなので、廉価グレードの方がお得感があると思うので、どこまで必要かしっかり考えましょう。
ランドローバーディスカバリースポーツ の試乗記 も良かったら参考に。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ