試乗記 コンパクト7シーターSUV ランドローバーディスカバリースポーツ 

違いはイヴォークのロング版という程度なのか?レンジローバー イヴォークと紛らわしいイメージのディスカバリースポーツ。
ディスカバリースポーツのライバルとなるのは、身内だとレンジローバー イヴォーク、メルセデスGLC、BMW X3やアウディQ5、ボルボXC60などのプレミアムミドルサイズSUVたちだ。全幅1900㎜前後と幅は広いが全長はさほど長くなく、日本で、特に市街地などでも持て余さないギリギリのサイズの車種でしょうか。
s_20160209_151031.jpg
このサイズと言うか、このカテゴリで唯一と言える3列7人乗りシートが選べるのが特徴です。
デザイン優先のクーペ感溢れるイヴォークに比べるとサイドウィンドウは広く、斜め後方視界が良いことによる運転のしやすさと、スポーティ過ぎないフォーマルな雰囲気があります。
全長x全幅x全高:4610x1895x1725mmで2トン前後の車体、2リッターターボは240ps・最大トルク:34.7kg・m、トランスミッションは最新で先進の多段オートマの9速ATで燃費:10.3km/Lと、期待ほどよくはないです。街乗りで7㎞/Lとなるくらいなので旧世代のコンパクトSUVみたいなスペックです。パワー感に関して申し分ないので、もう一回り燃費が伸びると選ぶ理由になりそうです。メルセデスやBMWには無い、謎のオフロード性能が燃費の足を引っ張っているような気がしなくもないですね・・・
5名乗車を基本形に、オプションで3列7人乗りシートが選べる(5+2シートパック/33万7000円)3列目は狭いですが、短時間であれば多人数で移動できるというメリットがあります。3列目は子供用サイズと狭いですが、ミニバンのように使えなくもないです。3列目を畳んだ時の荷室の使い勝手も良く、ワゴンと同等以上の実用性を備えています。3列目を畳むと社内の静粛性も上がるような気がします。畳んだシートが防音材の効果を発揮しているのかもしれません。2列目シートのスライド量は大きく、2列目を最後端に合わせればかなり広々と使うことも出来るます。3列目の設定と2列目の広さ感がライバルたちへのアドバンテージになりそうです。
s_20160209_151022.jpg
最近のレンジローバースポーツやイヴォークなどと共通するデザインで見た感じはモダンで、ネーミングからもディスカバリーの弟に当たりますが、どう見てもレンジローバースポーツのスケールサイズダウン版です。いい意味でですよ。電子制御4輪駆動システム「テレインレスポンス」もランドローバー共通のオンロード・オフロードの切り替えが可能で、オンロードをスポーティに走るダイナミックモードというのもあったりします。更にはディスカバリースポーツはドアミラー内部のセンサーによって現在の水深と水深の変化をセンシングし、水深600ミリまでの川を渡ることができる性能も持っているとか。台風や大雨で冠水した道路を横切らざるを得ないようなシチュエーションでは有効かもしれませんが、過剰なオフロード装備のように思えなくもないですね。こういうスペックは男心をくすぐったりしますが、その分値段が上がっているのと、燃費性能がスポイルされているのは悩ましいところですね。
オンロードでの走りはハンドリングはそこそこダイレクトで、フラットライドだと思います。個人的にはGLCのテイストが近いと思います。コーナーリングのロールも抑えられていて、足の粘りはかなりいい印象です。グレードによりますが、最安のエントリーグレード以外は19インチ以上という大径ホイールを履くこともあってか、細かな振動や大き目な段差の時のショックはそれなりにあり、3列目は揺すられて辛いかもしれません。個人的には17インチか18インチの設定がベストだと思います。
自動緊急ブレーキや、レーンディパーチャーウォーニング、オートマチックハイビームアシストなど安全装備の充実など、ドライバーアシストプラスパック(13万8000円)は必着、現代の車として必要なものは着けましょう。細かなオプションもありますが、安全装備と、シート素材、その他装飾や便利装備をどの程度着けるかで価格がかなり変わります。
標準となるSEグレード500万円~、革シート+19インチアルミなどなどHSE590万円~、てんこ盛りHSEラグジュアリー700万円~
価格的にはエントリーグレードでVolvoXC60、上位グレードでメルセデスGLCと同じくらいになってきます。ファブリックシートの素材感は悪くないので、無理に革シートにせず、エントリーグレードがお得かと思います。ディーラーの売りたいのはHSEのようですが、実際に見てみて判断するのが良いかと思います。
この車を選ぶのなら7人乗り仕様(5+2シートパック/33万7000円)は着けるのが良いかと思います。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ