GLC 試乗インプレ 前編 最新のメルセデスのSUVの見た目と走りはどうか?

生まれ変わったGLK → GLCへ

CクラスベースのSUVとして登場した新型GLC GL(SUV)カテゴリのCクラス相当と言うことになります。

増えすぎたラインナップの整理のためメルセデスはグレードとカテゴリの整理に取りかかったようです。

2015年もMLクラスだったものをシレッとGLEクラスにマイナーチェンジのタイミングで名前変更していたりします。TOPに君臨するGLクラスもGLSに変更に近々なるでしょう。

これでGLS>GLE>GLC>GLAという、Sクラス>Eクラス>Cクラス>Aクラス のレギュラーモデルと対となるSUVモデルラインが出来上がるということです。

新型ミドルサイズSUVであるGLCも以前までのGLKの後継モデルでバトンタッチとなりました。

GLK日本での失敗のワケ

設計上の都合ということで左ハンドルしか設定できないとされていたGLKは「セックスアンドザシティ」というアメリカンドラマと映画で使われるなど、彼の地ではそこそこのセールスを記録していたようですが、日本では左ハンドルが仇となり、全然売れていません。

トレンドのSUVというスタイルでありながら、大失敗したモデルとも言われています。Gクラスとか大人気で、それよりかもっと現実的なサイズのベンツのRV車が欲しい…という需要を見事に取りこぼしたみたいですね。

ボクシーでタフなデザインで、トルクフルなV6の3.5リッターで走りもしっかりしていて隠れた名車と言えそうですが、左ハンドルで×という不遇のモデルでした。今回のモデルチェンジで日本販売仕様でしっかり右ハンドル仕様です。

GLC試乗インプレッション

試乗車したのはGLC250スポーツ 19インチの足回りに若干スポーティなサスペンションだそうです。


GLCのサイズは全長4660㎜、全幅1890㎜、全高1645㎜、ベースとなるCクラスより80mmも幅広い1,890mm・・・

AMGっぽさを醸し出すアルミなどでデザインとしては若干ポルシェマカンっぽいとも言えなくもないです。

マカンの方がリアなどもっと鋭角に絞り込まれているのでGLCの方が実用性を取ったデザインであるとは思いますが、シャープなテールライトはスポーティにも見えます。

今後CクラスのようにGLCもエンジンラインナップが増えていくと思いますが、まずはガソリンの2.0L直噴ターボの250から導入。

年内にPHEV(プラグイン・ハイブリッド)が追加、クリーンディーゼルはおそらく2017年の導入になるとか。

車重のかさむSUVゆえに、本命のトルク豊かなディーゼルエンジン搭載モデルが楽しみではあります。

売れ筋は700万~の価格帯

そのGLC 今はエンジンで言えば250の2リッターターボ×4Maticと言われる4WDのみの組み合わせで、受注生産モデルのベースグレードは6,280,000~ 4matic sportsで6,780,000~ 4matic sports本革仕様で7,450,000~といったプライスで、Cクラスのステーションワゴンで同エンジンを積むグレード+20~30万円前後となっているので、選ぶとしたら悩ましいところですね。

同じエンジンのオーソドックスなワゴンか、4WD搭載の最新SUVか、というところです。

重さの割に軽く走り出す

肝心の走りは、2リッターのターボで思いのほか軽快に走ります。

211psでトルク35.7kg-mの性能を9速もあるATが有効に引き出しているイメージです。

旧世代の価値観で行くと3.5リッターのV6くらいが選ばれていたと思われるサイズと車重1830㎏~ですが、ドライビングモードのselectでスポーティにキビキビでも、エコでまったりでも、物足りない感じは無く走ります。

前後輪へのトルク配分が後ろ寄りのフルタイム4WDで、ハンドリングやコーナリングもFRっぽいハンドルの切り始めの応答の良さがスポーティさを演出しています。

ロールは少なめで、一回り大きな車のようにフラットライドを演出、細かなノイズや振動がシャットアウトされている印象で上質さすら感じます。

正直なところGLCの完成度としてはCクラス以上に快適であり、いいモノ感が前面にあります。

コンパクトで同じように2リッターのターボを積むGLAとは次元が違うと言った感じですね。

BMWのX3など比較するとSUVの足回りの硬さやタイヤの大きさからくる、揺すられ感が非常に少ないと言えます。

逆に言えばSUVの見た目だけど究極のシャープなコーナリングを求めるのならBMWのMスポーツシリーズとなるのでしょう。比較対象としても面白いと思います。

GLCの問題はサイズですかね・・・都市部で使うには大きいすぎる横幅が気になるところです。

見た目が一瞬スリムに見えて、幅はけっこう難儀する広さとも言えるので、印象に引っ張られると細い路地などで運転に苦労する可能性も有りそう。

実際のところライバルであるX3も、Q5も、マカンも、一応VolvoXC60とかも?みんな幅が1900㎜近くまで肥大化してきているので、しかたのないところですが・・・

次回 後編は
インテリア・装備などについてまとめました。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ