KTM新型250デュークは日本市場からの要請で作られたのか?

昨今のクォータースポーツの人気に煽られて、KTM250、新しいDUKEに試乗しました。

日本のバイクの排気量や税金、車検のくくりでいくと、250㏄というのはおいしいところ、ということになりますね。

車検もなく、高速道路にも乗れて、パワー的にも不足がないレベルにまとまるのがクォータースポーツモデルのいいところですね。ちなみに1リッターの排気量に対して4分の1だからクオーターといいます。

KTMでは以前までは200DUKEというのがありましたが、それに代わる形で日本に導入されることになったそうです。

KTM日本法人からの強い要請で250の開発に至り、兄貴分のDUKE390をベースにスケールダウンしたものだということで、フレーム、足回りはがっちりしていてワンクラス上の剛性感を備えていて、2015年まで入ってきていた200は在庫処分となっています。

美しいトラスフレームのデザイン
フロント周りもスクリーンがスタイリッシュ
ヘッドライトのやや楕円形にラウンドしている感じや、フォークに対して取り付け位置のやや低めな感じは欧州製のネイキッドやモタードバイクのトレンドみたいですね。

ブレーキはラジアルマウントのフロントリアともにシングルディスク

キャリパーはバイブレというブレンボの系列ブランドです。

レバーストロークがそこそこあるけど奥の方まで効きを維持して総じてストッピングパワーはある感じ。

タンクのグラフィックやフレームのオレンジなど、すこしやんちゃな感じもありつつスタイリッシュだと思うレベルにまとまっていると思います。オフロードモデルに通じるエクストリーム的なグラフィックです。

アンダーカウルもかっこ良いし、空力やガードとしての実用性もありそう

エンジンは250㏄で31.3馬力と、なかなか絞り出している
掛け値なしにその出力を出していると、KTMのメカニックのかたも力説していました。
マフラーは車体真下、重心位置の最適化やデザインなどでもアクセントになっている感じはします

アグレッシブなデザインのわりに、クセはないハンドリングやエンジンフィーリング、クラッチやシフトの節度感なのは好感持てますね。

日本のバイクと乗り比べても、異常にクラッチが重いとか、ハンドルが遠いとかレバーの位置が変とかポジションがキツイとかはありません。

バイク乗りの間でいい意味でネタにできるポイントが多い車体の作りや性能で、目立つけどアクが強すぎない日常的な足がわりにつかえる実用性が良いです。

エンジンの回転上昇に伴い振動も増えますが、250のシングルだとこの程度は許容と言えるかな?

ツーリングとかで高速道路の巡航だと100キロでけっこうエンジンが唸るのと振動も増えるので対策が必要かも?その速度域だとステップからの振動も気になります。

その辺の速度域での巡行はツインなどのマルチシリンダーの250のほうが優位といえます。

絶対的な速さはソコソコなので、あとは普段の使い方やステージによっていいチョイスになるかもしれません。ワインディングだと相当痛快なファンライドできると思うのでオススメ!


ずっと3速でずぼらな運転というのもできなくはないですが、どちらかというと美味しい回転域を使う走りのほうがキビキビ走れる印象です。

速度域では50~80キロくらいでの走行がストレスなく、再加速や減速のエンブレなども楽しめます。

高速域で100キロほどであれば結構回転数回している感じで若干ノイジー、振動などもそれなりです。

ギヤリングから推測する最高速は120~140キロ前後で、結構いっぱいいっぱいでハイウェイを走ることになりそうですね。正直高速道路の巡行はしんどそう。

250ccの単気筒モデルで比較検討に上がりそうなのが、扱いやすさではCBR250RとCB250F、軽量でシャープさがあるニンジャ250SLで、使い勝手やスポーツ性、その両方を欲張るなら、このデュークは有力候補になりそうです。

遠くから見てもわかる車体フォルムの美しさもKTMの魅力と言えます。

ワインディングや市街地では軽量な車体でひらりひらりと倒しこみと加速感をエンジョイできます

ハンドルの振動はバーエンドや、ハンドル内に棒を突っ込むタイプのもので共振を抑える対策が取れますが、高いエンジン回転で高速走行し続けるのは結構しんどいと思います。KTMパフォーマンスパーツや社外製のトップケースやパニアケースなども設定されてなくもないですが、軽量で小柄な車体のメリットが若干削がれ、見た目のシャープな美しさも損なわれそうです。ハイウェイで100~200キロ走るといった、そういった使い方の人にはもっと排気量の大きなバイクのほうがオススメになりそうです。

車両本体は550,000、値引き・オプションサービスは50,000前後を交渉しましょう!外車ゆえに国産バイクよりトラブルが多い可能性もあるので、任意保険の付帯やその他レッカーサービスもあったほうが良いでしょう。

200DUKEは在庫があれば大幅な値引きが期待できるようですが、廃版になる中途半端な排気量のバイクを選ぶより、新しく日本市場に適合した250のほうがオススメですね。ぜひ実車を見るか、試乗してほしいものですね!

KTM390 スモールDUKEの長男に試乗!

8年ぶり400㏄復活!ドゥカティは日本市場をそんなに重要視してくれている!?

もよかったら参考にどうぞ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です