ジャガーEペース試乗 日本を走るにはやや大きい

ジャガーのSUVはデカい。それは兄弟車たるレンジローバーイヴォークとほぼ同じ幅が1900㎜と言うのがあります。


※当サイト内アフィリエイト広告等が表示されます


ジャガーE-paceのスリーサイズは 全長 4,410 mm x 全幅 1,900 mm x 全高 1,650 mm となっていて、やはり特筆すべきは全幅ですね。

デザインも車幅を活かしたフェンダーの盛り上がりがあり、安定感はあります。

ただ、フロント周りやヘッドライト周りはワイドさが活かされておらず、どちらかと言うとファニーフェイスでカエル顔な気もします。

なんとかコンパクトSUVにしようと全長を抑えたら、寸詰まり感も出てしまっているように思います。Fペースのような伸びやかさはないかな?ところどころの曲線に美しさはありますが、全体としてはアンバランスに感じる人もいそうです。

ワールドプレミアで公開された時も、縦横比シュリンクしている?とかズングリムックリしてないか?との声もあったような。

デザインはかなり好みによるところも多いのですが、同じプラットフォームを採用する兄弟車のイヴォークが直線基調でシャープでエッジが効いたデザインと、フリーランダーからの改名でヒットしたのに対して、Eペースは曲線美とグラマラスなテイストを狙い、しかし、すこし外しているかなと。Fペースの方がより優雅で抑揚が効いてて美しいように思います。シャープなヘッドライトが全体を引き締めているのかな。

F-PACEは幅1935㎜

ライバルをどの車に据えるか、によりますが、一番近いサイズは兄弟社のイヴォークで、全長×全幅×全高:4380×1905×1650mm、次点でボルボのXC40=全長 4,425 mm x 全幅 1,875 mm x 全高 1,660 mmでしょうか。

イヴォークも一応ランドローバーのコンパクトSUVという扱い

正直日本でコンパクトSUVとして売り出すには大きすぎます。富裕層が奥様に買ってあげる小さい車、にしてはでかいでしょう。

ジャガー的にはコンパクトSUVと謳っている中で、ライバルとされるGLA:幅1835㎜やX1:幅1820㎜と比べても幅広なのがわかります。

さて、ジャガーにしては500万以下という安い価格設定から始まるEペースですが、装備を普通に整えていくと、600万円くらいからが実質のスタートのようになっています。好きにサイトのコンフィグレーターでいじれますが、好き勝手理想を追うと価格的には700万位は行くでしょう。500万以下に釣られた・・とそっとサイトを閉じるでしょう。ちなみに吊るしで装備充実のGLAやX1なら500~600万円で好みのスタイルを選べる選択肢が多いでしょう。

ボディの抑揚の強さに対して、最安グレードの貧弱な17インチアルミホイールは似合わず、19インチくらいは欲しくなります。ちなみに最大で21インチまでは純正オプションがあります。

エンジンは200馬力・250馬力のガソリンと、204馬力のディーゼルが選ぶことが出来ます。どれも2リッターターボのモジュラーエンジン、特性やチューニング、予算で選ぶ感じです。初期にあった300馬力使用はラインナップから落ちて、P200/P250/D200のエンジンに、ノーマル・Rダイナミックの外装の子のみで枝分かれし、内装でノーマル・S・SE・HSEにグレード分けしているようなイメージのグレード展開。更にはオプションが細かく設定されていて、チョイスが楽しい反面、分かり難い面もあります。

個人的にはディーゼルが好きで期待して試乗したんですが、E-paceに関してはわりとガソリンを推しておこうかな。車のキャラクター的に、と言うのもありますが、ディーゼルが割と騒がしいので、ガソリンを推しておこうかなと。力感においてもディーゼルであれば、トルクの強さがウリのはずなんですが、正直そこまでスペックほどのパワーを感じず、むしろ他のメーカーのディーゼルよりも出足が悪いのでは?と感じることもあります。

比較的重い車体をややハイパワーにチューニングしたガソリンとディーゼル、4WDということもあってか、燃費もイマイチ。BMWのX1にもX3にも遠く及ばない燃費性能なような気がします。

シュンシュン回るガソリンの方がディーゼルよりも軽やかな音だろうし、スポーティに走るならP250当りが良いかもしれません。

美点としては、乗り心地とハンドリングのバランスの良さと言うのがあり、BMWほど硬くなく、それでいてコーナリングはメルセデスより機敏で直進安定性も悪くない。ランドローバーイヴォークとの棲み分けでスポーティに振っているのだけれども、足さばきの落としどころは絶妙かもしれません。

インテリアに関してはどこがどうジャガーらしいのか、あまりPRすると事が無い感じです。ダッシュボード部分のレザーパネルは黒ではなく少し華やかな色を添えた方が似合いそうです。ちなみにナビは視認性の評判が白飛びしやすくイマイチ、シルバーの加飾部分は無駄にギラギラ反射してまぶしい、と良い見どころが薄いのですのよね。

ジャガーEペイスのシフト周り
新型ホンダヴェゼルのシフト

シフト周りのデザインは新型ホンダヴェゼルにパクられたような気がしなくもないですね。

室内空間や荷室については、外観よりも中の方が少し広く感じるくらいはあります。リアシートも十分使い物になるので、イヴォークよりも快適性や荷室容量にパラメーター配分しているかもしれません。

ジャガーが醸し出す色気を感じにくく、そして日本で走るには道を選びそうなワイドボディ。

正直ジャガーやランドローバーは故障も多いと聞きます。信頼性は日本製やドイツ製に劣るという事も踏まえて、チョイスとしては他ブランドとしっかり比較してからにしましょ、と言っておきたい。

オプション細切れでオーダーメイド風ゆえに納期は長めで3~6カ月程度。5カ月くらいと言うのが多いらしい。

値引きに関してはかなり渋く、端数の数万程度が多いと聞きます。ただ、在庫車などでMY=モデルイヤーの変わり目などは35万程度は行けることもあるようです。特に例年何月とかは決まって内容で、ラインナップやグレード変更、装備や設定の見直しで切り替わるタイミングが値引きの狙い目でしょう。

故障のリスクは上がりますが、値落ち幅の大きい中古もねらい目かもしれません。サイズが許容できるなら、F-PACEなども登場から5年経ち中古で出回っているので、ジャガーの中に兄貴分の車を味わってみるのも良いでしょう。

ジャガーは人とかぶらない、と言う個性が強いクルマが好きって方へも良いかもしれません。

試乗記レンジローバーイヴォーク これがランドローバーが考えるコンパクトカーなのね・・・

でかい…ジャガーF-PACE 試乗インプレ①

Follow me!

まずはお気軽にネットから♪ 楽天Car試乗

さてさて、2023年も引き続き納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年となっていますね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢が増えてきています。

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

その他にも、『一括査定は電話なりやまねーぞ!』 でおなじみの? やりとりするのは高額査定の3社(最大)のみといった2度目に選ばれるサービスだぞ!とPRするところももあります。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

ここまでの選択肢を検討し尽くせば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ