インフル予防にイオニアカードは効くのか??検証してもわからない・!?

身につける空気清浄器として、鳴り物入りでデビューを果たしたイオニアカード(ion“e”air)
クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて1200万円以上の資金を調達したと言われる話題のアイテムです。
インフルエンザなどを筆頭に、アレルギー性鼻炎や花粉症、ぜんそくなど、空気にまつわるトラブルというのは結構ありますよね。プラスチックカードサイズで持ち運びに便利で、一部医療機関などでも導入されています。
効能としては・・
カードの周囲1.5〜2m程度でイオンが発生
1.空気中の水分と反応することで、イオンを常時発生
2.電源は不要
3.イオンがアレル物質などを包み込んで落とす
4.イオニアカードによって発生するイオン数は、森林と同程度のイオン数を再現しており癒し効果も
カードホルダーと組み合わせて常時装着であったりとかがお勧めのようです。
UFOuH3qSVu9._UX970_TTW__.jpg

カードホルダに入れた状態での使用を想定して作られているそうで、ケースに入れてもイオンは発生するとのこと。
金属類のケースや、分厚い皮のケースで覆われるとイオン数は減少するみたいなので、なるべく薄い素材にする方がベター。
医療関係従事者だとネームプレートとかといっしょに挟み込んだり忍ばせたりしていることもあるみたいです。
私も新しもの好きゆえに愛用しています。
テレカ、というかクレジットカードサイズの大きさで厚みであります。

PC作業の時のお供であったり、寝る時の枕元に置いておいたり、そして、もちろん車の運転の際にも愛用しておりますよ!
20191225_222641.jpg

裏面には赤十字マークがあってタイアップ的な表示があり、売り上げの一部は日本赤十字社の活動資金として寄付もされているそうです。

20191225_222648.jpg

風に吹かれまくるバイクでの装着は意味あるんだかないんだかわかりませんが、それ以外のシチュエーションであれば、花粉や鼻炎などに一定の効果があるように感じます。
インフルエンザなどのウイルス性の流行感冒などの予防効果を検証しようにも、かからないもんだからわからない! というオチです。

正直日ごろの手洗いうがいや予防のためのマスクなど、そこそこ対策をしていなくもないのでかからないのかもしれませんが・・・
そういう習慣の部分も大事ですよね。

お守りのようなものかもしれませんが、のどや鼻にお悩みを抱えている方は首元にぶら下げてトライしてみると良いかもしれませんね。

イオンの効果はどれくらいの期間持続するのか?と言うのは発売が2019年3月のようなので、年単位で持つのかどうなのかわからない部分もありますが・・・
アマゾンの商品ページのQ&Aなどには公式からの返答として、
『製造から2年経過してもイオン数の減衰はほぼ見られない』
とあるのでメーカーの検証データを信じるしかないところもあります。

健康で健やかなモーターライフを!!

年末年始やそれぞれの立場での繁忙期などに体調を崩さないように頑張りましょう!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です