台風にはゴム長 そしてゴム長には○○

雨の激しい時にゴム長靴は重宝します。
511159000_.jpg
バイクでも、買い物でも、雨の中のどうしても自転車を使うときでも、徒歩でもなんでもひざ下までカバーするタイプは大活躍。

パッカブルなタイプだと畳んでカバンやリュック、自転車のカゴやバイクのメットインなどにしまえてさらに便利
薄手の生地の物は素材も原価も安く、販売価格もかなり安い。
履きつぶしても良いお値段ですが・・
この手のレインブーツを長持ちさせるために必須のアイテム・・
インソール

ゴム長系のアイテムはシームレスで完全防水な反面、蒸れやすい。
気温とのバランスが良ければさほど汗や湿気がこもらないかもしれませんが、湿度の逃げる余地がないので、蒸れます。
そして、お手入れ的にもその後放置され気味なので、においが付いて履くのがイヤになってゴミになる・・
そういうのを防ぐためにもインソールは必須。
長靴は使用頻度が高くないこともあり、ソールが減って買い替えまで使い切るというか、におい原因でオシャカになること多い。
いくら原価安いからといって、資源や原料の無駄、コストの無駄というのはいただけないですよね。

日本野鳥の会オリジナル バードウォッチング用なんて変わり種のセットもあったりします。
ネットショッピングゆえに見つかるお楽しみアイテムみたいなものでしょうか。
ちなみに夏フェス用にパッカブルな物を用意する方も増えてきているようです。
荒天時、都市部の雪の時、雨のツーリングの時など活躍する場も多いレインブーツ、活用して、長持ちさせて、快適ローコスト、ローエミッションなライフを送りましょう!!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です