AMG C63 試乗 荒々しいCクラスってどうなの? インプレッション①

実用車の小さなボディに大出力の大きなエンジン、ロマンというか、お馬鹿ななのかと紙一重なところがございますが・・ドイツ車に限らず国産車でもこういった設定の羊の皮を被った狼ような車種がたまにあって、車好きにはたまらないところです。逆に、大きなボディを小さなエンジンで引っ張るというのもあったりするからより楽しくなっちゃいます。でもまぁ、ドイツのカーメーカーの方が旧型Cクラスに6.3リッターぶち込んだり、アウディQ7という2.5トンくらいの車を2リッターで動かしたりと、結構派手に極端な事をやっているので面白い。
今回試乗したのはCクラスのAMGモデル現行型。2015年に登場したW205・S205と言われる世代のもの。C63というネーミングでは2世代目と言うことになります。先代のC63、6.3リッターエンジンを積んだ常軌を逸したつくりゆえにスゴイ人気になり、6.3という数字は意地でも使い続けることになったようです。そのステーションワゴンに試乗しました。
b04.jpg
見た目はまんまCクラスのイメージ。
先代AMG同様にボンネットに2つのパワードームと言う盛り上がりを設定するのはスポーツモデルのアイコンとなっていたりします。先代のCクラスのAMG以降、メルセデスのモデルではボンネットのボリューム感の演出は定番になりつつあります。
ボディは片側15mmワイドなフェンダーが与えられトレッドがワイド化、サスのジオメトリーには若干のネガティブキャンバーが与えられ、低く身構えた感じが生まれており、それが迫力を醸し出していると思います。
エンジン搭載スペース確保のため、補器類が前に押し出された分のボンネット内、フロントバンパー形状の変更、空力性能とマフラーとのマッチングを重視したリアのバンパー形状で標準モデルのW205に比べ65mm全長を延長したボディも、伸びやかなシルエットで低く構えた感じ一役買っています。
Cクラスワゴン 全長×全幅×全高:4705×1810×1460mm
CクラスAMG63  全長×全幅×全高:4770×1840×1445mm
と言ったスリーサイズになっています。
amg_c.jpg
4リッターV8ターボの最高出力は476ps・トルクは650Nm。現行モデルのAMG63シリーズの4リッターV8ツインターボはAMG-GT由来のユニットで、先代の6.3リッターV8NAはAMG-SLSに由来していたもので、スーパースポーツモデルに採用されるユニットとのつながりで付加価値を上げている感じです。このV8ターボスペックは、先代の6.2リッターV8を凌ぐものとなっている。
高性能版の「C63 S」も設定され最高出力が510ps、最大トルクは700Nmを発生するレベルにまでスープアップされています。
021.jpg
組み合わされるミッションはAMGのスピードシフト7速DCT(メルセデス的にはMCT)を採用しており、これを「C63」が機械式、「C63 S」では電子制御式LSD(リミテッド・スリップ・デフ)を介してリアの2輪にパワーを伝えるFRモデル。デフを組み込むなんて走り屋かっ!とツッコミを入れたくなりますね。
0-100km/h加速性能は「C63」が4.1秒、「C63 S」では4.0秒くらいとなっていて、FRですがパワーを効率よく伝えているようです。「AMG ダイナミック・セレクト」のスイッチで「スポーツ+」モードを選ぶと、マフラー内の3枚の切り替え式フラップが開いて直管のようになり、荒々しいサウンドをさらに増長させるもの。加速してからアクセルを戻した時のサウンドはバックファイヤー的なボンボンと炸裂するような激しい音がします。
C63の足回りは フロント245/40×18 / リア265/40×18 18インチ
C63S もしくはオプションでフロント245/35×19 / リア265/35×19 19インチ
b05.jpg
とワイドな設定ではありますが、実は18インチ、19インチでタイヤの幅は変わっていないので、実用性やスペック的にも18インチでも十分である、というか、乗り心地的にもグリップ的にも18インチがベストかもしれません。
ベースのCクラスは最安値で
4600,000円
C63ステーションワゴンは
1,301,000円
C63S エボリューションモデルで500馬力超えで
1,423,000円
普段使いできるというモデルで500馬力を超え、1300万円と言うのは価格的に実はコストパフォーマンスが高いのかも。タイヤ代は消耗がそれなりに早いそうなのでかかるそうですが、メンテナンスサイクルも旧世代のスーパーカーのように神経質ではありません。
旧型C63に比べればエンジン音は室内ではかなり静かになっています。元のCクラスの静粛性が上がっているそうなので、その遮音性の高さが反映されていると言えますが、車外で聴くエグゾーストサウンドは割と爆音。アイドリング時の音は6.3リッターモデルに比べれば少し大人しくなってアメ車のV8感は緩和されていますが、かなり低音のパンチの効いた音であり、加速音は響きます。住環境をかなり注意しないといけませんね。
試乗記続編 ② に続きます。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ