割と直線番長?AMG C63 試乗インプレ②

大排気量V8にツインターボを着ければそりゃフロントは重くなりますよね・・AMG C63ステーションワゴン試乗しての印象。ボディもまぁそれなりに大きく、軽量化技術が進んでいるとは言え4ドアモデルで重量配分的にはフロントヘビーな感じも仕方がないでしょう。

今回も走りの荒々しい部分をご紹介していきます。
b07.jpg
回頭性が悪い、とか、コーナリングがしんどいとかは全くあるわけではありません。むしろタイヤのグリップを感じて車体の傾きを感じてガッシリしたハンドルの手ごたえなど、スポーツモデルしていますが、エンジンのパワーが勝ち過ぎってな感じで、コーナリング中にアクセルを踏み込むのを躊躇するタイプ。もちろんトラクションコントロールがあるので踏み込んだってスピンしてしまうようなことはありませんが、ラフに扱うと一瞬ですがホイールスピンしたりはします。ギャッ、ギャギャ、とリアの方から音がして警告のランプがちょいちょいついたりします。交差点での立ち上がりやタイトターンの立ち上がりなどでも踏み込みによっては少しの空転を許すなど、電子制御でコントロールしているとは言え、結構危険な香りのする車かもしれません。
b02.jpg
シートのホールド性が高めに設定されているのでコーナリング中のドライバーの姿勢変化は少なく抑えられ、運転がちょっと上達したくらいに感じさせるのもアクセルを踏み込みたくなる要因となっているのかも。マシーンが安定感高いとそういった気持ちになるというパターンですが、ラフな運転にならないように注意が必要なのかもしれません。
高速道路などの直線でもアクセル全開にすると結構なスピードで走っていても、シフトダウンからの一瞬ですがリアのホイールスピンを許容して加速します。これは危ないタイプのマシーンです。ヘタな人や老人や、60歳超えた会社社長で自分で運転する人にはあまり運転して欲しくない車と言っても過言ではないでしょう。自動ブレーキやトラコン、アダプティブクルーズコントロール的なものも装着されていますが、過信は禁物。むしろ4秒で100㎞/hに到達するスーパーカーのような性能をちょっと大き目のアルミを履いたワゴンのような佇まいで成立させているので、いろんな面での配慮が必要なクルマでしょう。
そう、タイトルにも書きましたが、コーナリング中のアクセル操作に敏感な感じで、正直なところこのサイズの車としては直線番長なキャラクターになっているように感じます。全長が4770㎜あるのでコンパクトとは言えず、全幅1830㎜とのバランスを考えるとやはりボディは縦長でワゴンなんだよなぁって感じです。
直線番長と言っても決してネガティブに言っているわけではなく、ハイウェイをクルージングする車としては至極快適なチョイスです。アイドリングプラスアルファの回転数で100㎞/h巡行をこなすことが出来、基本的には足の親指に少し力を込めるくらいの踏力で、スルスルと加速します。V8もマフラーサウンドとしては聴かせる部類ですが、クルージング時には静かでエンジン回りからの不快なノイズやバイブスもなく、むしろ滑らかな回転感を味わえるくらいの物。ジキルとハイドではないですが、狂気と知性が同居しているような感じとでも言いましょうかね。
燃費性能がよろしくないのがネックで、カタログで9.7㎞/L くらい。
街乗りでの実燃費は6前後、高速道路を走ると9~10前後といったところです。
従前の6.3リッターに比べて排気量をかなりダウンサイジングしたとは言え、環境性能的にはあまりよろしくはなく、お供荒々しいのもあって、若干の反社会性を感じなくもないです。
でも、やはりこの車にはロマンがある。っていうか、むしろ魔力とでも言いましょうか。
アクセルを踏みたくなる車の反応が、運転好き、車好きの感性に火をつけるのかも。
CクラスのAMGに否定的な意見を述べる方もいくらかはいらっしゃるようですが、恐らく自分の周りの身近な人が乗っていたら、乗らせてもらったりしたら、ほとんどの人の意見は変わるでしょう。
他人から見た印象と、自分がドライバーズシートに座た後の印象と、大きく変わる車だと思います。
言い方によっては人の価値観(だいぶ車寄りなものに限定されるかもしれませんが)に影響を与える、もしくは衝撃を与える、1000万円ちょいの身近なモデルとして、AMG C63 一度ハンドルを握ってみることをお勧めします。
試乗記③ インテリアや値引き情報に続きます。


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車のホントの価値が解るので、査定サイトや無料出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で買い取ってもらえれば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ