アフリカツイン派生?NCの追加?ホンダ 「X-ADV」謎のクロスオーバーに期待!

謎のクロスオーバー

ホンダの新型デュアルクラッチ搭載クロスオーバーハイパワーモデル、コンセプトはシティ・アドベンチャー(City Adventure)。


X-ADV(エックス エーディーブイ)と名付けられたスーク―ターともビッグオフともモタードとも取れる新しいアーバンクロスオーバーモデル。

期待できそうです。


クロスオーバーモデルとしてはホンダNC750Xが有ったりしますが、それよりもよりワイルドでボディ剛性も高そう、ハイパワーでオフ走行も行けそうなイメージです。


デュアルクラッチ搭載のモデルですが、フロントがダブルディスクのスペック高めのブレーキを奢っていて、マフラーの意匠もCRF1000L・アフリカツインの物に酷似しているのがわかります。


フラットダートをテールスライド気味で駆け抜けているイメージ。

オフロードサイズのインチではない


デザイン的にはドゥカティのハイパーモタードなどのモタードルックのようでもあり、前後17インチのホイールなどの足回りに、X-ADVはオフロードイメージのブロック風のタイヤを装着しているようでもあります。


Ducati のハイモタ


洗練さを強調した細目で鋭い眼光を放つヘッドライトはなんとなくドゥカティムルティストラーダのようでもあります。

そしてX-ADVのADVはBMW R1200GS-ADV(アドベンチャー)と同じカテゴリーであり、Xはやはりクロス=クロスオーバーということになり、コンセプトのシティと合わせて色んな価値観や性能を兼ね備えたハイスペックなモデルとなることが予測できます。

DCT兄弟たち

ホンダで現状デュアルクラッチ搭載モデルで組み合わされるエンジンは、
V4 1200㏄
並列2気筒 1000㏄ / 750㏄
V4 800㏄
NC750X・VFR800Xクロスランナー・CRF1000Lアフリカツイン、VFR1200Xクロスツアラー などの大排気量の廉価モデルからフラッグシップと言えるようなモデルまで幅広くクロスオーバーモデルがあります。

実際のところはパラツインのNC750シリーズの発展系、排気量拡大と足回りの上級化などでのエヴォリューションモデル風で成り立たせるのが既定路線ではあると思います。ですが、アフリカツインのエンジンを組み合わせて最強のオンオフスクーターにしてほしいのが個人的な願望です。


ホンダならマニアックなことをやってくれそうではありますが、2017年の発表、デビュー、発売が待ち遠しいですね。


追記:デビューしたので試乗に!


謎のバイクXADV いったいどこを目指すのか?試乗記①


オプションやカスタムパーツも発売と同時に少なからずラインナップ、アマゾンでも出回り始めております。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です