ムーヴ キャンバス inspired by ワーゲンバス?

似てるよね?

ワーゲンバスと見紛うような、狙いなのかこれは、といった車、出来るバス CAN BUS と言ったキャッチで登場 ダイハツ ムーブ キャンバス


価格はFF車が118万8000円~154万4400円、4WD車が131万2200円~166万8600円 となっていて、プラスオプションと乗り出し費用です。


この色使い、色味、完全に・・・



ワーゲンバスからのインスパイア受けたってのはありますね。


あえてなのか、わざとなのか、ワーゲンバスを知らない人にもなんとなく人気出そうなところですが、過去のヒットモデルのデザインやカラーリングを持ってきているのは良いような悪いような。


個人的には軽のワンボックスをワーゲンバス風に仕上げると言うのは嫌いじゃないですね。


キャンパーやオシャレピーポーの中ではワーゲンバスのファンは多いですが、その車としての信頼性の低さ、古さに抵抗を持っている人には新しい軽でそれっぽい物があればありがたいのは間違いないでしょう。

現代的なパッケージング


両側スライドドアの採用と、ムーブとタントの間の絶妙なサイズ感、カタログ燃費だけは優秀でFF車でJC08モード燃費28.6km/L、4WD車で同27.4km/Lの低燃費を達成している風なのもポイントは高いと思います。


カメラとレーザーレーダー、ソナーセンサーの組み合わせにより、衝突回避支援ブレーキ、衝突警報(対車・対人)、車線逸脱警報、誤発進抑制制御(前方・後方)、先行車発進お知らせの5つの機能を備えたスマートアシストⅡを設定しているのも良いですね。

クルージング的な装備面も充実していればなおよいですが、そこまでではないようです。


全長×全幅×全高=3395mm×1475mm×1655mm、各種安全装備や快適装備を装着して概ね150~170万くらい、安い部類ではないでしょうが、こういう選択肢もありでしょう。


ただ、一発屋で終わることなく、キャンバスを手に入れてからの生活を彩るコンテンツをたくさん用意して欲しいところ。

車中泊キットなんてのもあったり、サイドオーニングなどの設定もあってもいいかな。

リアのハッチでの着替えやテーブルセットなんてのもラインナップして、ワーゲンバスを超えるようなファッショナブルさと実用性をかなえてほしいですね!


試乗してきたのでインプレも追加しました。


ダイハツキャンバス試乗 期待と物足りなさの消化不良かも


2016年11月には5ナンバーの両側スライドドアのトールプチバンが登場予定とのこと。
こちらも参考になるかも。


【スクープ】5ナンバーのタント登場か!?ダイハツ新型トール プチバンデビューへ!


展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。

90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です