【コラム】ディーゼルモデルの維持費ってどうなの?

マツダCX-5のヒットで一気に普及となった感のあるclean diesel 、クリーンディーゼルという言葉がセットになった感があります。

ディーゼルラインナップ増えてきたけども

日本での積極的なディーゼル導入はBMWでたくさんラインナップがあるというイメージもありますが、

タイミング的に早かったのはメルセデスベンツで、Eクラスでした。

環境にも、お財布にも優しいと言うのがキーワードとしてありますが、実際のところどうなのか?

ディーゼルで多い排気量と燃費性能



同排気量(1.5リッター~2リッターモデル)で、カタログ燃費がガソリン車は18km/L前後、ディーゼル車が 22km/L前後とのデータが多いようです。

ディーゼルであれば約8割の燃費、ガソリンだとディーゼルより120%くらい燃費的にかかる計算になりますね。


燃料そのものの価格は、ハイオクが約130円/L、レギュラーガソリンが約120円/L、軽油は約100円/L位で、10円 → 20円で刻んでくることがほとんどかと思います。

こちらもディーゼルであれば約8割くらいの燃料の価格でのお得になります。輸入車に多いハイオク仕様との差であれば、7割くらい燃料代でオトクでしょう。



トータルで見ると燃料コストを6~7割程度に抑えることが出来る、と言うのが昨今のディーゼル人気を後押ししています。

乗り方にもよりますが、年間10万円ガソリン代にかかっていた方が、ディーゼルであれば6~7万円で済むようになるということ。

その差額3~4万円  これを多いとみるか、少ないとみるか。


車両本体価格でいうと、約20~30万円高になっているパターンが多いでしょうか。

ディーゼルの燃費の良さとパワー感と


エンジンの特性やパワーやフィーリングも違うので、一概にどっちが優れているかは言えませんが、ディーゼルの方がトルクがモリモリあり、出足の力強さは感じやすいです。

ガソリンモデルは回転の上昇がスムーズでスポーティで滑らかで回転上昇感と速度の高い域でのフィーリングが良い傾向が多いかな?


そして、燃費で差額を取り戻せるのか?どれくらい距離を乗ればオトクさが増していくのか?


その答えは・・・


概ね5年、距離にして5~6万キロ乗ったらお得♪ って感じでしょうか?

では、長く乗り続ければ、その後オトクが続くのか、その分ガソリン車よりもずっと維持費が安く済むのか、と思うと、意外とそうでもないことも・・・

ディーゼルは10年で税金UP?

10年経過の落とし穴、日本の自動車税制の、古くて環境負荷の大きい車は税金面の負担が重くなる、というルールがあって、ガソリン車は13年経過、ディーゼル車は10年経過で自動車税アップ、平成27年4月以降、自動車税の割り増しが10%から15%へと引き上げられたというのがあります・・・

同じ排気量でも税金が15%上がっていしまうとなると年間で6,000~10,000円税金を余計に払うことにもなり、10年~13年経過までの間であればガソリンモデルよりも損になるケースも考えられます。


車種によっては触媒に特殊な尿素=アドブルーなるものを使用するケースもあり、そういったディーゼル特有の排ガス浄化装置の維持に10000万キロ当たり数千円上乗ることもあります。(カーショップで安価で応じてくれるところもあります)

いろいろと注意点もありますが、現状でディーゼルの販売台数は右肩上がり。

黎明期にメルセデスベンツが積極導入した(流行のはしりとしては2006年のEクラスで320CDIを売り始めた)こともありプレミアムなイメージがあったり、2012年あたりからCX-5 普及車種の拡大となり、マツダのスカイアクティブエンジンのPRとなって躍進のきっかけとなったりし、今ではトヨタを除くかなりのメーカーがディーゼルの採用に前向きになっています。

特に輸入車においては選択肢の一つとしてメジャーになっていることもあり、ディーゼル車に乗りたいがためにメルセデスやBMWを選ぶと言ったことが起きたりもしているようです。

車種によって数値や価格設定は違ったりしますが、各種データや情報が参考になれば幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です