世界最高峰の安全装備 アイサイトver.3 スバルのストロングポイントとは

カラーのステレオカメラで常にセンシングして、安全性を保つ、自動ブレーキ・車間距離維持、車線維持・ハンドル補正を協調して行うのがスバルのアイサイト ver3 です。2016年5月時点ではエクシーガクロスオーバーセブンとインプレッサハイブリッドシリーズのみ eye sight ver2 で、BRZのみアイサイト未搭載です。ver.2では作動速度や検知できる範囲などの違いでver.3より劣る部分がありますが、それでも国産の他社や先進的さを売りにする輸入車にも劣らないレベルの物です。BRZに関してはトヨタとの共同開発車両ゆえに、搭載できないという悲しい大人の事情もありますが、ほぼすべてのスバル車においてぶつからない車化が進んでいると言えます。
eyesight_img_box01_mainpict.jpg
Eye sight ver3 の優れた部分は性能もさることながら、ほぼラインナップされている全車に標準装備されているということ。CMのよる効果も大いにありますが、世界一のトヨタが二の足を踏んでいてなかなか普及に取り組んでいない安全装備を、小規模メーカーが普及の立役者となっているというのがスゴイですね。世界的に見ればボルボも自動ブレーキの先駆者でありますが、これまたメルセデスベンツやBMWなどの先進性をウリにしているメーカーに対して小規模メーカーが先を行った、というのはスバルと通じる部分があって興味深いところ。日本でも、世界でも、自動ブレーキ普及段階に入っていて、その中で200万円台前半のコンパクトカーからそういった安全装備をチョイスできるというのが素晴らしいです。他メーカーでは価格帯が上でもオプションで選ぶことすらできない車種が多いのが残念です。アイサイト分の金額アップはおよそ10万円前後、下取りや買い取りに出す時にも未搭載の車よりも有利になることや、事故のリスクを6割~8割低減してくれると思えば決して無駄でも高い物でもないと思います。2016年時点でアイサイト搭載車30万台達成とのことで、今後も普及に貢献していくことでしょう。
アイサイトの機能はversion 3 においてはステアリング操作のアシストや誤後進の抑制など、機能を拡充しています。カラーで認識するカメラによって先行車のブレーキランプの点灯を検知や、白線・ガードレールなどの検知性能が向上するなど、アダプティブクルーズコントロールとしての性能もアップしているとのことで、滑らかで自然な加減速や、急に割り込まれた時も自然な加減速をすることで、渋滞などでも快適に安全に余裕をもって過ごせます。
eyesight_img_box02_mainpict.jpg
アクティブレーンキープ機能もあり、自動運転への第一歩を感じます。輸入メーカーなどで半自動運転が可能に!とうたっている物も、性能的にはアイサイトバージョン3と同等のもの。65㎞/h以上で作動、ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識、ステアリング操作の補助をして、車線内中央付近の維持や車線逸脱抑制すると言うものです。現状では国土交通省の定める指針で、60㎞/h以上=自動車専用道路や有料道路≒路上駐車などなく、車線数も多く、人がいないであろう道路、市街地ではない、という条件に絞ることで安全性を担保しているとか。ハンドル操作も、ハンドルで手をかけていないと作動しない設定になっており、ハンドルに僅かな力がかかって保持していれば逆にハンドルから力が加わって車線を維持してくれます。高速道路のゆるいコーナーなら手を添えているだけで曲がっていきます。先行者も検知して追従したりするので、ほぼ自動運転を体感できます。ちなみにアウディやメルセデスベンツ、テスラなどの半自動運転を実現!と謳うものもほぼ同様の機能、性能、作動条件となっています。現状では各メーカー指針に従って作動条件や速度にリミッターをかけているそうなので、いろんなデータの蓄積やインフラの整備が進めば自動運転も普及していくかもしれませんね。
スバル的には自動運転という先進性の高さを打ち出していくよりも、安全性能で世界最高評価と言うのを狙っており、日本における予防安全性能アセスメント・安全性能評価試験で満点を取った!という安全=スバルという方に重きを置いているようです。自動運転については大規模メーカーでないと成し得ないということもあり、スバルとしてはそこを目指すよりも身近な安全性でリードを保つと言うのがテーマのようです。
今一番リーズナブルに一番先進的で安全な車が買えるであろうスバル、輸入車贔屓の方も一度チェックして見ても良いかも?
スバル車 レヴォーグ・レガシーの試乗インプレッションなども良かったら見て下さいね。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選びの年です。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ