レヴォーグのオススメグレードは?全部アリ! 試乗インプレ④ 装備など

2016年6月発売ののマイナーチェンジモデル(恒例の年次改良)と夏ごろのSTIバージョンの追加が予定されています。

試乗インプレ③からの続きです

たゆまぬ進化と年次改良

C型モデルと呼ばれる2016年6月以降のレヴォーグではGT-S系で、新たにブライトパール内装というシルバー系のレザーシートをメーカーオプションとして新設定しています。

改良ポイントは多岐にわたり、衝突安全系の後席左右のシートベルトプリテンショナー(前面衝突時に瞬時にシートベルトを巻き取って衝突による衝撃を緩和する機能)とリアシートクッションの内部構造の改良で安全性を高めていたり、フロントドア内部にバーを追加、側面衝突への対応も強化しているとのこと。

快適性のレベルも、リアクオーターガラスの板厚アップやカーゴルームの吸音材の追加、カーゴフロアボードのウレタン高密度化による遮音力強化、フロントドアガラスの室内側ショルダー部ウェザーストリップの2枚化などにより、特にリア周りからの音侵入をブロック、遮音性を高めているとのことです。

グレード構成も小変更

その変わり以前のカタログから無くなったのがアイボリー系の内装のチョイスと、2.0GTのグレード。

2リッターモデルはGT-Sに統合され、その上にSTiモデルを用意するということのようですね。

実際の売れ筋は8割が1.6リッターモデル、2リッターはモデルはどちらかというとWRX-S4に譲るってイメージでしょうか?

STIヴァージョンもカタログモデルに定着するか、限定車風になってしまうのか?楽しみなところです。

ラリーの撤退からEJ20に進化は止まっているような気がするので、ここで奮起して良いモデルを出してほしいものですね。

出来ることならメルセデスベンツAMGの2リッターターボで達成した381PS・2リッターエンジン世界最強の座を奪う位してほしいものです。

レヴォーグの主力は1.6リッターであり、その車両価格は
1.6GT Eye sight 277万円~
1.6GT S-Style が 290万円~
1.6GT-Sが 305万円~


となっていますね。Sスタイルは18インチのアルミなどが装着されますがビルシュタインのダンパーは装着されないなど、丁度中間ぐらいの見た目・装備となっているイメージです。

GT-Sはカッチリした足回りによる中々のドライビングプレジャーを楽しませてくれることは間違いありませんが、じっさいどのグレードでも走りの性能は高い次元のものであると個人的には思います。

ビルシュタインじゃなかったから後悔・・・ということも、ワインディングをたくさん走る人でないとあまりないかも?と思います。

あとから社外の足回りに換えてしまっても良いと思えば素のグレードでも問題はありません。燃費性能との両立をはかった新世代エンジンをスマートに楽しみましょう。


2.0GT-Sは
356万円~ と金額が跳ね上がります。

1.6GT-S比で+51万、エンジンがプラス400㏄なのと、レザーが標準などの差別化はされていますが、ほとんどがエンジンの差額だと思いましょう。

そして、2リッターターボを選ぶということはポテンシャルの半端じゃないスポーツカーを選ぶ、ということを念頭に置きましょう。

逆にそれくらいの気概がないと選んではいけないかも。

300PSのエンジンの車に乗れると思えば安い物だ!くらいに思える人向けです。

実際バーゲン価格かもしれず、ワーゲンやアウディの2リッターターボのスポーツエンジンも馬力やトルク特性は似たようなもの、価格は500~700万円します。

安全装備でもレヴォーグは優位、デザインとか内装の質感で劣る部分があり、輸入車との価格差もありますが、スバルは手に入れやすいハイスペックであると言えます。

こう言うと、質感やなんやかや違うとか、目指している方向性がうんぬんかんぬん、輸入車オーナーに言われたり叩かれたりしますが、レヴォーグ2.0GT-SはゴルフGTIよりもアウディS3よりもバリューがあると思います。

より強力なSTIヴァージョンにも期待したいところです。

アイサイトは世界最高峰だと思う



装備品については世界的にも評価が高いEye sight(アイサイトver.3)が全車標準装備されており、予防安全性能はピカイチです。

アイサイト搭載車は非搭載車に対し、約6割事故減、などのデータもあるそうです。

レーダーセーフティ的な物で言えば、強いてライバルに上げるとしたらメルセデスベンツやボルボくらい、ベンツがオプション扱いの物未だにあったりするので、実質はボルボくらいでしょうか。

自動ブレーキ普及の立役者、パイオニアと言えばスバルとボルボですね。

オプションで20万円ほどでアドバンスドセーフティパッケージが用意されているので、個人的にはオススメしたいところです。

後側方からの車両や、後方の死角となっているところなどの接近警告をするもの。

ここ最近の車では標準で装備されているものも増えてきているので、そこはスバルも頑張ってほしいところです。ちょっと高いし。

ナビは全グレード別で、ディーラーオプションとなっていて、16万円~30万円くらい、8インチのナビくらいまでは装着可能なようです。

正直、可もなく不可もなく、少し節約するならカーショップ量販店などで取り付けお願いできると思います。お好みで、といったところですね。

その他装備に関してはムリに装着しなくても良い物ばかりな印象です。木目調のパネルなども用意されているようですが、選ぶ人はほとんどいないそうです。

どちらかというと、ブルー系のイルミネーション、LEDのルームライト、STIパーツのエアロなど、スポーティさを強調するアイテムが人気だとか。



社外パーツでもラインナップされいるものが多いので、無理にオプションで選ばなくても良いかも。

値引きに関しては、2016年6月以降の年次改良後のC型モデルだと10万円~くらい


B型の在庫の車両であれば、22~30万円前後といったところでしょうか。


納期に関しては1か月前後で待ちなどは無いようです。


安全装備に関してはどちらのモデルも遜色はなく、装備などで比較して購入候補を絞っていけばよいかと思います。

Follow me!

さてさて、2022年は納期遅延が慢性化している中での難しいクルマ選び・乗り換えの年ですね。

新車/中古車の購入を考え始めた方は、試乗や見積りなどで実際にディーラーに行く前でも・ディーラーに行ってカタログを貰って来た後でも、ネットで愛車の無料下取り査定を活用するのを忘れずに覚えておきましょう。

タイミングとしては、ディーラーの下取り査定前でも後でもOK!仮に下取り査定をしてもらっても、その場で急かされて契約しちゃダメよ(笑)

良くあるパターンとして、「今日契約してくれたらこのお値引きを上司に上げます!」とか「今日逃すと納期が○ヶ月後に‥!」とか、すんごい圧でもって、下取り価格⇔値引きの吟味をする前に判断能力を失って思わずハンコを…なんて。そんなことにならないようにね!

買取店で出た査定額を持ってディーラーに行くと、値引き+下取りで価格交渉が進められるので、良い条件が引き出しやすくなります。

販社・ディーラーによっては値引きを良く見せているものの、下取り額が悪いこともあったり、ケースバイケースで買取店に売却すれば数十万円変わることも。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』

逆に、ディーラーで先に下取りの金額を出してもらっている場合は、買取業者さんにディーラーでの下取り額を伝えると、意地でもその金額を超えようと頑張った価格で買い取りが成立することも多いんですよね。

納期の見通しが分からなかったり、とりあえず展示車を見てきただけ~などで売却時期がハッキリしていない方は、「現在の愛車の価値が知りたい」と伝えましょう。

ディーラーから提示される下取り額が相場に対して適正かどうか、愛車の価値を知っておくのは大事ですね。

一括査定サイト、利用したことある方ならご存知かもしれませんが、けっこうジャンジャン電話が来ます。

メールやショートメール:SMSでも買取価格の概算など送られて来るので、とりあえず複数の買取店を同じ時間にアポイントを入れましょう。

「同じ時間帯はちょっと会社的にNGなんです」と言われても、時間帯の指定は一か所・一時間だけにしましょうね。ずらして一日対応する必要はナシ

買取業者さん達が集まったら、写真を撮って本部に送るなど査定のツメ作業が始まります。

そこで

「入札制でよろしくお願いいたします。名刺の裏に最高値を書いた業者さんに売ります」と、要するに一発競りにしましょう。

過去の一発競りでの事例はコチラ


この 入札制 というのが重要で、業者さんたちは一斉に本部に電話して先ほどの撮影タイムで送った写真について詳細に状態が良いことをアピールしてくれます(笑) そして、各社の威信を掛けた一発勝負が火ぶたを落とします。

オプション追加できるくらい、買取額に差が出ることもあるので、チャレンジする価値はあります。

一方で「電話がたくさん鳴るのは嫌だ!」とか「価格交渉するのは面倒」気まずいじゃん…と言う人も多いです。

そういう方には新たな選択肢でしょうか

査定連絡は1社だけ、その査定をベースに全国5000社が参加するオークションに代理出品するイメージで、たくさんの買い取り業者を相手にする必要が無いのがメリットです。こちらが希望した額になるまで価格交渉も代行してくれるため、ラクチン・簡単です。

このオークションで納得出来る価格(残債を精算する価格とか)まで行かなかったら、最終のオークション最高価格をベースにして、また改めてネットの一括査定をすれば、最低限その価格は超えてくるはずです。

ここまでやれば、万事尽くしたと言えるかもしれません(笑)

ほんの数分の入力、問い合わせで選べる車種やグレードも変わるかもしれませんよ(笑)カーライフにおける数万円の差は大きいですよね

ナビクル車査定

ぜひネット一括査定を利用して最高額で愛車を売却、次のクルマとの快適なカーライフを!

一発入札&競りオークションの事例はコチラ