メッシュジャケット 4月が買い時の理由とは?

春になって暖かくなってくると、眠っていたライダーたちが動き出して、街や峠にバイクが溢れて良いですね。バイクは五感を使って楽しむ乗り物として、ボケ防止にも良いらしいとか?

3月の寒さが終わり、この時期になるとバイク用品店にはSSモデル(スーパースポーツではない)スプリングサマーシリーズの春夏ライディングウェアが店頭に並び、気になる時期になりますね。ゴールデンウィークや夏休みにツーリングに出かける時にビシッと決めたいものです。

気温が上がってきた時や、日差しの強い時のオススメはメッシュジャケット。食わず嫌いで着たことない方、試着はしたことあるけど着てバイクで走ったことのない方、騙されたと思って着て走ってみて下さい。夏とか、その涼しさに感動すると思います。
41G9goPU-aL._SX425_.jpg
一見普通のライダー用のジャケット然とした形ですが、素材とその処理が違います。
空気を通す細かい穴が開いていて、ベンチレーション効果が半端じゃないんです。
recyclezoom-img600x450-1456391121ofqum64197.jpg
もちろんバイクで走ると走行風で涼しいのはみんな同じですが、メッシュジャケットであれば日差しが強い時とか着ている方が涼しいというすごい現象が起きます。実際のところメッシュジャケットでも走っていなければそこまで涼しくはないですが、バイク用と言うこともあり、プロテクターが入っているものが多くラインナップしていて、袖や見ごろを絞ってタイトにしたりして風でのバタつきを抑えたりといった調整できるので、長時間のライディングにも適していると思います。
上半身裸や、Tシャツ一枚でバイクで風を受けて走るのももちろん涼しいですが、日差しでの暑さや、熱の籠り、汗の蒸発などの条件で結構過酷な環境と言えます。Tシャツ一枚だと、汗の蒸発と熱交換の効率があまりよろしく無いですね。バタついて疲労感にもつながることもあるようです。

↓リンクはやや古いかもしれませんが、関連商品となります。


なんでこの時期にオススメしたいのか?というポイントですが、
ズバリ!サイズと色ですね。

4月になると気温が上がりはじめますが、これから7月8月の夏休みシーズンに向けてどんどん気温が上がっていきますよね。そうすると、欲しいデザイン、色、サイズがどんどん売れてなくなってしまいます。

予算の関係もあったりするので、売り切れてて高いモデルしか自分に合うサイズがない、とか、起こり得るんですね。直射日光で熱くなりにくい白系、シルバー系が売れ筋、サイズもジャストサイズを求める傾向にあってMとLから毎年無くなっていくそうです。

そうなると、今年はいいやってなっちゃって、夏場苦しく過ごし、バイクから遠ざかってしまう・・・という悲しい悪循環に。そうならないように便利アイテムは活用して、進化するバイクとライディングギアを駆使してエンジョイモーターライフで行って欲しいですね。

そこそこの需要もあってか、メッシュパンツというのもそこそこ出回っています。
パンツの方は明るめのトップスと合わせやすい黒系が多いようです。

ちなみに、メッシュジャケットで涼しすぎるケースもあるようで、メッシュジャケットと重ね着で組み合わせるインナーもセットで買う方が多いようです。簡易的な温度調節であれば雨用のカッパなどを上から羽織るのもアリだと思います。


バイク乗りはウェア選びはレイヤリングを意識していると思いますが、個人的に最強と思うベースのインナー、素肌に着るヤツですが、ウール素材がベストと思います。

繊維の優れた保温性と伸縮性と、汗の吸湿性が良く、吸い取った汗を緩やかに放出するので汗冷えしにくいというのがオススメポイントです。薄手のものから厚手のものまであり、バイクに乗る時に限らず活用できるアイテムだと思います。


ゴールデンウィークや夏のツーリングシーズン、各種快適グッズを揃えて安全で気持ちのイイ旅を楽しみましょう

Follow me!

その他バイク用品・カー用品の通販や音楽・動画配信サービスをオトクに!

特典満載のアマゾンプライム会員まとめページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。