スマートってベンツのブランドだって知ってた?異色を放つマイクロコンパクトカー!

016年に満を持して導入された新型スマート フォーフォー 試乗してきたのでインプレッションを。



メルセデスのサブブランドとして、シティコミューターに特化したスマート、その第2世代になるフォーフォーは、その名の通り4人乗りのRRレイアウトのコンパクトカーです。

フォーフォーの兄弟車はルノーの新型トゥインゴで、基本設計を共有するなどのコラボレーションを果たしています。

日本仕様のスマートは、1.0LのNAエンジンを搭載、欧州仕様には0.9Lターボもあるのえで、いずれ導入されることもあるかもしれません。

1.0LのNAで71PS、カタログ上の燃費的には22.3㎞/L、パンチがあるスペックではありませんが、軽量なボディとの組み合わせに不足はない印象。

「メルセデス生まれの、シティ・コンパクト」がテーマで、今回はメルセデスブランドを強調しつつ、テレビCMに「嵐」の相葉雅紀氏を起用するなど、広告イメージ戦略に力が入っているのがわかります。


フォーツーは199万円~、フォーフォーは209万円~


超小型ボディでも、トリディオンセーフティセルというサンドイッチフロアで剛性と衝突安全性を確保しつつ、エンジンはリア・リアタイヤを駆動、自由度の高いフロントセクションのつくりを実現しつつハンドルは超切り込んで、今どきの軽より圧倒的に小さい最小回転半径は世界最小クラスを実現しているそうです。


フロントにはメルセデス風の大き目のグリルが備わり、ヘッドライトも大きく個性と押し出しを表現しているそうです。



標準装備のオーディオは、Bluetooth/USBインターフェース付のラジオと4スピーカーという構成で、「??」と思う方もいるかと思いますが、CDがないんです。

音楽再生する方法がスマホしかない。ナビについても、スマホを(特にiphoneを)という考え方で、純正アクセサリーとしてインパネ上部にスマートフォンクレードル(1万7600円)が用意され、オーナーはスマート専用スマホアプリ(iPhone/Android対応)「スマート・クロス コネクト」をダウンロードして使ってくれということのようです。

一応純正オプション扱いで、7インチディスプレイのポータブルナビ(パナソニック:ゴリラ)も用意されている。

車に乗り込んだらスマホを接続して使うのがスマートでしょ?と言いたげなガジェット感というかアイテムとしてのシティコミューターみたいです。


乗り心地は良く、足は少し固めな印象ですが、ハンドリングもビシっとしていて、ツインクラッチ(デュアルクラッチ)6速DCTはキレもよく、ほどよくスポーティで街乗りにはなかなか良いと思います。

しかし、タコメーターがないわりにスピードメーター内の液晶だけは立派(Aクラス譲りのもの?)だったり、



クルーズコントロールは標準装備で、前者追従の最新のものではなく、衝突の可能性が生じた時に表示と音でドライバーに警告するだけで、自動ブレーキはなし。

なんとも割り切っているような、中途半端なような・・・世界の車の安全性をリードするベンツにしては安全装備を中途半端に仕上げていいのかな?と思ったりもします。

ハイト系の150万以上する軽自動車の方が室内スペースも広く、装備も充実しているといえばそれまでですが、ハンドリングと安全性にはアドバンテージがあると思います。

セカンドカーとしてであれば、見た目の雰囲気や世界観など、輸入車が好きな人には理想的な車かもしれません。


メルセデスの想定しているライバルはワーゲンのUP!だそうです。

あわ良くばスマートを見にきてAクラスに興味を持ってもらえれば、という裾野を広げる効果も狙っているとか。

Aクラスは300万円~しますが、ローンの組み方によっては月々大差なく購入できるプランなどを提案したりもするみたい。

実際女性でスマートを見に来る人が多いそうで、そういう車に個性や上質さを求める層には反響があったとのこと。

輸入車の5ナンバーのコンパクトでリーズナブルなもので、となると選択肢があまりなかったので、今後の熟成が楽しみな車ではあります。

ちなみに値引きはほぼゼロ、サンルーフとレザーがついたプライムグレードが売れ筋だそうです。



展示車を見たり、試乗して買い替えを考えるときは!こちらもチェック!
↓↓
新車購入や中古車に買い換え時の値引き分と下取り価格は、実はまとめられているから、実際の下取り額は不透明。
そういった時に買い取りに出すことも視野に入れると愛車の価値が解るので、査定サイトや出張査定は活用した方が良いでしょう。





90%くらいの確率で下取りよりも買い取りの方が高値が付きます。
ディーラー等、他メーカーの物は結局別に流すことになるため、中間マージンの2度手間3度手間がかかってしまいます。
買い取り店であれば、直販が多く、その後の再販価格に近い額で売ることが出来れば、納得も行くもの。
中国や東南アジア、ロシアなど海外に販路を持っていて、古くても過走行でも売れます。
売らなくても気まずくはならないし、1~2時間で数十万の差が出ることもあります。
ぜひ気軽に買い取り店を検討して見ましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。