生産終了アドレス125復活前の2022年在庫最終型新車は狙い目か?弱点もあるから要チェック

終わると欲しくなる?

偉大な生産終了車両のようなもので、現行当時はあまり売れていないものの、絶版になってから人気が出るとか実用性が評価されるとか有ったりします。

そう、アドレスV125(Vがある小さい方)と、アドレス125(Vがない比較的新しい方)のことですね。

大きくなって旧型アドレスV、通称アドVのサイズ感が良かったのに・・・と惜しむ声があって、では大きくなったアドレスにアドバンテージがあるかと思いきや何も強みがなくってメットインも小さくてガッカリ125だったりしました。敷いて言えば22万円~という価格の易さだけは魅力的だったかも。

スウィッシュと共に2021年生産終了

微妙な不人気でスウィッシュとともに法規対応までの手直しをせずに2021年夏に生産終了・在庫販売のみになりました。そう、スウィッシュという125ccバイクはアドVが的なコンパクトさでありながら何故か高級志向になってしまって30万円程度、不人気で日本での販売は終了。採取モデルは25万円程度までは値引きしていて投げ売りしていたことも有ったような。

ABSやコンビブレーキの義務化の法規対応や、今後の排ガス規制の強化などへの対応にコストを掛けてまで不人気車を存続できないとのことで、125ccは共倒れしてしまったのです。

スグに法規対応して復活するかと思いきや、2022年になってもアドレスの新型は出ることはなく、今でも最終型の在庫車が新車・新古車で販売されています。

アドレス125の強み

廃盤になったものの、アドレス125は中古車サイトなどで新車・新古車・中古車が結構人気で相場は手堅い感じがあります。

新車価格は225,500円が基本で、売れ残りの割にそのまま定価でサイトに掲載されていることもあります。

安いし、足元にもスペースがあって荷物を置いたりもデキます。

そして、シートの長さも実は強みで、前後に少し大きめにサイズが取られていて、Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館などのフードデリバリーのリュックを背負って乗車した時にラクだし、安定します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達バイクにも活用しやすい低価格で積載性と直進安定性があるのが強みでメリットとお伝えしました。

出前館などのフードデリバリーメインであれば、メットインの狭さも特に気にならなくなるし、オススメしたのですよね。

キャリアも標準装備で純正リアボックスなども導入しやすいのもあります。

そういったエントリーモデルであって、125ccの割に安い価格設定も魅力でした。

販売から数年経って露呈した?アドレスの弱点とデメリットなどは以下の次ページ(2ページ目)でチェック!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です