新型ヴェゼルのうち6%希少車ガソリンG試乗インプレ

G:2,279,200円(FF)/2,499,200円(4WD)

e:HEV X(FF)265万8700円 に対して37万9500円ほど安いエントリー最安グレード。

現状は販売の9割強をハイブリッドが占め、そしてZやPLAYなどの上位グレードが好調ではあります。

ですが、販売が落ち着いてきて、実用車としてコンパクトSUVの廉価モデルを検討する人の需要を取り込もうとすると、6%とも言われているベースグレードの完成度は重要だったりします。

まず、外観の大きな違いがあって、16インチの足回りがけっこう貧相に見えたりします。

装着されるタイヤはダンロップのエナセーブか、ハンコックの廉価タイヤか、と言われており、指定は不可。

215/60R16のサイズは良い意味では優しい感じに見えるし、維持費などのコストメリットも大きいです。16インチも黒とシルバーのバイカラーで意外とカッコいい?ハイブリッドのスタッドレス用に良いですかね。

ハイブリッドに比べて約100㎏は軽いし、基本となるボディは重量の重いハイブリッドを受けとめるべく剛性も高い。

先代のようにサスが異常に硬くて揺すられるなども少なくなっていて、バネレートが低くしなやかな乗り味を見せ、その恩恵が一番大きいのがガソリンの16インチと言えそうです。

ソフトな乗り味という意味では実はベストチョイス。ただ、総合的な走りの良さなどを踏まえると18インチのハイブリッドが良いとは思います。

実際のところ、綜合的な部分の評価としては、海外仕様から流用したガソリンエンジンは馬力118PS・トルク142N・m(14.5kg-m)に設定され、実は先代よりもパワーダウン。

優先したのはエンジン自体の静粛性向上で、必要充分な馬力と燃費のバランスを狙ったと言います。

ガソリンのGグレードの車重は、2WD車:1,250kg/4WD車:1,330kgとなっていて、スペック上はアンダーパワーではあります。

ただ、CVTとのマッチングの良さで意外にもスルスル速度を上げ、上り坂も多人数乗車でなければ必要以上に唸った感じなく乗り切れます。

高速走行時はホンダセンシングのアダプティブクルーズコントロールに任せれば、必要以上に速度を上げて走ることを抑止できるし、意外にもスムーズに走れます。

しかし、フロントガラスがヴェゼル唯一の遮音ガラスでは無い仕様で、徹底したコストダウン仕様と言うのが分かります。カタログの主要装備表で確認してね。遮音の合わせガラスは約4~5万円高と言われていますね。

なので、エンジンは静粛性を狙ったと言っていても、遮音は悪い。遮音ガラスの効果は2db~くらいのノイズ低減効果があるようなので、高速走行時など特にノイズが高まる状況下での快適性は妥協を強いられるようにも思います。

乗り比べればその差はわかるものだと思うので、同乗者の快適性にもある程度配慮するのであれば、やはりZかプレイあたりが良いように思います。安いグレードゆえにリアのエアコンの吹き出し口もなくなるので、そういった面での快適性も変わってきます。

インテリアに関してはメッキやツヤありのパネルがなくなり、逆にシックで落ち着きのあるインテリアに見なくもない。

ナビさえあれば、使い勝手に不満はないものと思われます。エントリータイプのナビであれば10万円程度で設定があり、コスパはまあまあなのでそれもアリ。コネクテッド系のナビも装着は20万円程度で可能なのでソコもよい。

シフトレバー周りもマットな質感で、それもアリっちゃありかも。

華やかさとは程遠いけど、基本的なデザインがそこまで攻めてないし安っぽくもなってないので、運転しやすい実用車としては良いと思います。

もし、コンパクトカーでフィットを検討中だとして、ボディサイズや駐車環境・予算など許すのであれば(乗り出し250~300万円くらいにはなりますが・・・)コンパクトSUVもありかもよ?と思わせてくれるクルマだとも思います。

基本的な安全性能はホンダセンシングで担保され、着座位置も高めで見晴らしよく、運転しやすいクルマなので、SUVデビューにも良い気がしますね。

新型ヴェゼルの純ガソリンモデルは試乗車が少なく、地域の販売店で数店舗に1台あるか無いか。

売りたいグレードとしてはハイブリッドのZかPLAY(乗り出し300万円台後半くらいを売りたいそうで・・・)なのはわかっていても、やはりベースグレードと言うのも気になるモノ。

一度ディーラーに試乗車・展示車あるか確認してからチェックしに行きましょう!

納期がかなりかかる(2021年発売開始6月時点)上位グレードも一応チェックしてみると良いかもしれませんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です