アリアは394馬力のコーナリングモンスターSUV?

ようやくアリアを発表、そしていきなり日本専用特別限定車「アリア limited」と言うローンチエディション的なファーストエディション。アリア limitedの価格は660万円~790万200円で、日産初のネット販売車種とのこと。


B6リミテッド:660万円

B9リミテッド:740万0800円

B6 e-4ORCEリミテッド:720万600円

B9 e-4ORCEリミテッド:790万200円

アリア limitedは、66kWhバッテリーのB6と91kWhの大きいバッテリーのB9の2つのバッテリー容量でグレード分け。2WDと4WD「e-4ORCE」の2種類の駆動方式を組み合わされます。

アリアのサイズは全長4595mm×全幅1850mm×全高1655mm、ホイールベースは2775mm、重量はB6のFFが1900~B9の4WDで2200kg

馬力があるのはB9の4駆で394馬力

最も航続距離があるのがB9のFFで610km程度

235/55R19が標準ですが、おそらくトップグレードのB9 e-4orceでは255/45R20というワイドタイヤになるようです。

B6グレードに関しては実用上は問題ないのでしょうが、バッテリー容量という根本的な見劣り感はあります。


2021年中に遅れて登場するアリア標準車(スタンダードグレード)については、省庁や各自治体からの補助金を差し引いた実質購入価格が500万円前後となる予定だそうで、EVのハードルを低く、普及を目指すとの事。

アリア Limited


先進運転支援技術「プロパイロット 2.0」や「プロパイロット リモート パーキング」など、最先端のコネクテッド系運転支援技術を標準装備して先進性を強く打ち出す予定です。


リミテッドの内装は「パノラミックガラスルーフ(電動チルト&スライド、電動格納式シェード付、リモート機能付)」、ナッパレザーシートを装備、アリア専用のサウンドシステムとして「BOSE Premium Sound System&10スピーカー」を装備。

エアロデザインのlimited専用色19インチアルミホイールカバー、スタイリッシュなキッキングプレート(ARIYAロゴ付LED)をフロントとリアドアに設定。日産らしい日本の伝統美と先進性を融合したインテリアにふさわしい枯山水をモチーフとしたlimited専用色フロアカーペットもあります。

ノートのトラックパッドみたいなシフト

ARIYA limited 浮かび上がる操作系

ブルーグレーのレザー

自動運転レベル2相当のプロパイロット 2.0

ベンツなどにもあるリモートパーキング

パノラミックガラスルーフ(電動チルト&スライド、電動格納式シェード付、リモート機能付)

ナッパレザー(ブルーグレー)

19インチアルミホイールカバー、カバーよこれ

イルミネイテッドスカッフプレート (フロントドア、リアドア)

日本庭園風フロアカーペット

バーガンディー/ミッドナイトブラック 2トーン

シェルブロンド/ミッドナイトブラック 2トーン

サンライズカッパー/ミッドナイトブラック 2トーン (特別塗装色)

プリズムホワイト/ミッドナイトブラック 2トーン (特別塗装色)

ミッドナイトブラック(特別塗装色)

アリアのポテンシャル

日産アリア B6は54:46 、日産アリア B6 e-4ORCEは51:49という理想的な前後重量配分と低重心を実現し、各輪のトルクコントロールで俊敏なコーナリングが可能と言います。

重量配分の良さ、4WDのトラクションを活かし100km/hまで5秒くらいとの事です。

フルEVで394馬力、4WDのトルクベクタリングとなれば、重量はあるものの、ある種ラリーカーのようでもありますよね。

そのスポーティな走りにも期待したいところです。

コネクテッド系の装備としてはナビ連携のアレクサオートを標準で内蔵し、ナビシステムなどをオンラインアップデート可能にするなど、BMWの電動車シリーズになんとか着いて行けるよう努力しているのを感じます。

BMWのiXは1000万超え、アリアは日本というホームということもあり安さでは大きなアドバンテージがあります。

充電インフラが着いて来ればEV普及は秒読みとも言えます。

現状はリーフが多少普及したことでいくつかの問題点が話題になることも増えました。

日産のディーラーの充電スタンドをいつも誰かが使ってるとか、夜とかの使い勝手も良くないとか、営業マンが車置きっぱでどこか行っちゃって次の人が使えないとか、パーキングエリアの充電ステーションが少ないとか、占領しっぱなしで時間が経っても戻ってこないとかマナー的なものも含めて問題山積です。

充電用カードの料金プランも改悪があったりなど、EVに乗ることのコストリットが強調されなくなると、あとは価格と性能、使い勝手でガソリン車やハイブリッドを凌駕出来るかにかかって来ます。

今後もブラッシュアップしつつ、選択肢が増えていくといいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です